デビルサバイバー2 ブレイクレコード トリアングルム編 感想

  • 2017.01.14 Saturday
  • 21:09
デビルサバイバー2 ブレイクレコード


トリアングルム編をクリアしました。

SFでもファンタジーでも共通しておりますが、超常的なものを題材にするときは、
「出来ること」「出来ないこと」のルール付けが重要となります。

この設定されたルールは厳格でなければならず、なんらかの方法で
事態を打開するにしても、ルールに沿った、相応の説得力を持たせなければなりません。

ましてや設定に矛盾が出るとなんでもありになるので最悪です。
正直言って興ざめでした。そのため白けた気持ちでプレイする羽目になってしまった。

トリアングルム編は、一生懸命に理屈をつけようとしたのは理解できますが、
キャラクターに無駄な行動が目立つ上に、ところどころご都合主義が際立ちます。
エンディングの大団円に目をつぶったとしても、他のところにも見えるのにげんなりしました。
選択の重要性を謳うゲームであるところが更に残念です。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

Lifeline... 感想

  • 2017.01.13 Friday
  • 20:46




サバイバルテキストアドベンチャーゲーム。
主人公は見知らぬ惑星に墜落した宇宙船の生き残り、タイラー。
メッセージのやり取りでタイラーと共に生き残る道を模索します。

こちらもかなり有名な作品。
シリーズがたくさん出てるのでそのうちそちらもプレイする予定。

このゲームの特性は、なんといってもリアルタイムでのやり取りにあります。
タイラーの次の通信を待つ間のドキドキ感、そしてシナリオのハラハラ感が
臨場感を味わわせて、物語を大いに盛り上げてくれました。
「間」をゲームに取り入れる発想がよく生きていたと思います。

プレイ中、しばらく通信が途切れると「タイラーは大丈夫だろうか……」と
気づけば彼の身を案じてしまう体験が出来るのも良い。

また、タイラーもユーモアがあって悲壮感ばかりというわけでもないので、
緊張感との緩急があって飽きさせません。
惜しむらくは、エンディングにそう幅がないところ。
もしかしたらこの後に出た作品はもっとバリエーションに富んでいるのかも。
後続作については、ネタバレを避けたいので詳しく調べてません。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

Reigns 感想

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 21:01




現代に生きながら中世の君主となり、一国を治めよ!
慈悲深い裁量も、冷酷な決断も、左右に揺れる指先ひとつで思いのまま。


王国運営アドベンチャーゲーム。
もとはPC版からアプリ対応されたものですが、こちらのゲームはスマホとの親和性が非常に高いので
スマホでのプレイをおすすめします。

プレイ内容は王になって王国を治めること。
操作方法は単純明快。相手の要望に はい/いいえ のどちらかで答えましょう。
この選択の積み重ねによって王の行く末が定まります。
上に表示されている4つの勢力ゲージのバランスを取り続けることで
王として王国を長く運営していくことが可能です。

国の核をなす4つの勢力ゲージは左から教会、人民、軍、国庫。
どの勢力が弱くなっても国は荒れ、いずれかの勢力が
強くなりすぎても玉座を追われることになります。
死に方もお決まりのクーデターから腹上死までかなり多彩なので
王の死に様を眺めるのもなかなか乙なものです。

冷酷無比な治世を敷くも良し、人情味あふれる治世を目指すも良し。
問題は、善意による決断が必ずしも良い結果を生み出さないことだといえます。

テキストはシンプルで読みやすい。
ごちゃごちゃ難しい説明はないものの、王国の発展や衰退が如実に感じられて
想像力をかきたてられます。また、その節々で達成目標が提示されるので
やることがなくなることもありません。
妙に愛嬌のあるグラフィックも可愛くてお気に入り。

このゲームの大きな目標の一つが、「悪魔の呪いを解く」こと。
操作方法は簡単ですがすべての実績を解除するのは意外に難しく、難易度は程良いです。
最初のうちは攻略やネタバレは一切見ずにプレイすると楽しい。

妙な中毒性があり、気づけば延々とプレイしてしまいます。
もう6周ぐらいしてるのでどれを選択すればいいのかも分かってるのですが、
そう長く集中力が続かないもので、なかなか骨があります。
スマホだと左右のスワイプだけで選択できる手軽さも良い。

考えてみれば王の仕事というのは選択の連続でもあって、
それをここまでシンプルなゲームに落とし込んだのは
作者さんのセンスを感じさせました。

まだすべての実績は解除できてないのですが、悪魔の呪いを解いて
エクスカリバーもゲットしたので攻略完了とします。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

デビルサバイバー2 ブレイクレコード セプテントリオン編 感想

  • 2016.12.30 Friday
  • 03:07
デビルサバイバー2 ブレイクレコード


数ヶ月前にクリアしました。
トリアングルム編をクリアしてから感想を書こうと思ったのですが、
セプテントリオン編をクリアした段階で飽きてしまったので先に感想を書きます。
トリアングルム編のプレイはこれからです。

デビルサバイバー1をプレイしたのが相当前なので、
ラスボスあたりをうっすら覚えているかどうかというレベルで
どのようなストーリーだったのかすっかり忘れてしまいました。

……が、覚えていないながらも感想や印象というものは
ふんわり覚えてるのですが……率直に言ってしまうと、
デビサバ1のほうが面白かった気がします。

しばらく時間を置けば感想も変わるかと思ったのですが、
どうにもならなかったのでこのまま書きます。

栗木ロナウド氏と峰津院大和氏が特別好きな方はご遠慮ください。
ダメそうな方はまた別の感想で。

アニメは一切見ておりません。
自分でも引くほど長いです。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

Papers, Please 感想

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 02:59


おめでとう。

10月度勤労抽選により貴方を入国審査官に命ずる。
即座配属のため、至急グレスティン国境検問所の入国管理省に赴くように。
貴方とその家族には、東グレスティンの8等級の住居が割り当てられる。


アルストツカに栄光あれ。


ここは、共産主義国アルストツカ。
隣国コレチアとの6年間の戦争がついに終わり、国境の町グレスティンの半分を正当に取り戻し、
晴れて国交を再開することに。
あなたの仕事は入国審査官としてアルストツカへの入国者を審査することです。
仕事を探している移民や観光客の中に潜む密輸業者、スパイ、テロリストたちを見極める必要があります。
入国希望者のパスポートをはじめとする数々の書類をもとに、
入国を認めるか、拒否するかを判断しなければなりません。

===

入国審査官体験アドベンチャーゲーム。
結構前から気になっていたのですがようやくプレイできました。
インディーズゲームでも有名な作品で、数々の賞を総なめにしているのでご存知の方も多いかと。
日本語版があり、翻訳も違和感はそれほどありません。
現在9ヶ国語に翻訳されているだけあり、シンプルでありながら奥深く、
必要最小限のテキストで繰り広げられるドラマがあります。
また、作業自体にも中毒性があり、気づけば延々とプレイしてしまう。

舞台は架空の共産国家アルストツカ。
主人公は入国審査官として国境に配属されます。

ゲーム内容は、簡単に言うと間違い探しです。
入国希望者の用意してきた書類を審査し、問題があるかどうか調べて判子を押します。

やることは八割がたこれだけなのですが、この判子ひとつに多くのドラマがあるのが醍醐味。
そして、主人公の給料は歩合制で、悲しくなるぐらい薄給です。もちろん残業代なんて出ません。
その中で主人公は家族(妻、息子、義母、叔父)を養っていかなければなりません。
最初の一周目〜三周目ぐらいは攻略を見ずに最後までプレイすることを断然おすすめ。

自分はSteamでPC版を購入しましたが、PLAYISMやiPad版もある様子。
紹介記事もたくさんあるので気になる方はぐぐってみるといい感じ。

興味がある方は、最初はネタバレも攻略も一切見ずにプレイされることを強く推奨します。

エンディングは全部で20種類。
期間中に主人公が取った行動によって分岐します。

オープニングテーマが癖になるくらい好きで延々と聞いてられる。
ゲームの雰囲気は共産国家らしさがとても出ており、どことなく緊張感があります。
共産国家なので当然ですが、人権などという上等なものはありません。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

囚われのパルマ アオイ編 クリア感想

  • 2016.12.14 Wednesday
  • 22:57




だいぶ前にクリアしました。
すぐに秋担当の人が出るのかと思いきや、そうでもなかった。

一周目を攻略後に閲覧推奨。
今更感はありますが、一応攻略っぽいことも書いていますので参考になれば。

全体的なシナリオの雰囲気は公式で言われている通りで、
ハルト編の「ゆっくりと時間をかけて育まれる恋」に対し、
アオイ編はまさに「ジェットコースターのような恋」です。

ハルト編のネタバレも含まれます。
以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

囚われのパルマ ハルト編 クリア感想

  • 2016.10.11 Tuesday
  • 00:11




まだ一周してない人は見ないほうがよいですよ!
一応攻略っぽいことも書いていますので参考になれば。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

Room No.9 感想

  • 2016.10.03 Monday
  • 19:16
Room No.9


ずっと友達でいたかった。

成人向け密室監禁BLアドベンチャーゲーム。
名作「NO,THANK YOU!!!」を出したparadeさん期待の二作目。
ミドルプライスながら手を抜いたところは一切なかったのに驚きました。
確かにノーサンに比べれば短いのかもしれませんが、内容は非常に濃いです。

このまま新作が出ないのではないかと心配してたので、
継続していく意志があるらしいことにはほっとしました。

シナリオが前作を担当された雨宮さんではないため
クォリティが心配だったのですが、杞憂でした。
このクォリティを保てるのであればシナリオは他の方でも
一向に構わないので、今後に期待しております。

しかしそれにしてもスチルの凝り具合はすさまじいです。
差分を入れて2000枚ってどういうこと……
もうちょっと手を抜いていいんだよ……と思いますが、
恐らくそうした妥協ができないからこそ、
こうした丁寧な仕上がりになるのでしょうね。

相変わらずシステムは非常に親切で、プレイスタイルを細かく設定できます。
攻略は簡単で、総当りしていけばそのうちフルコンプできる。
シーン鑑賞ではチャートもありますし、イージーモードもついています。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

囚われのパルマ ハルト編 Ep3までのプレイ感想

  • 2016.09.28 Wednesday
  • 21:35




話題になってる囚われのパルマをep3までプレイしました。
ep4は現在プレイ中。
無課金プレイヤーは門前払いというなかなかロックなアプリ。
実際にプレイするとそこかしこに課金の誘惑しかないので、
課金に抵抗感のないプレイヤーだけを厳選している模様。

全体的に静かで落ち着いた雰囲気の作品です。糖度は微糖。
Ep3以降は真相にも近づき、ハルトさんともだいぶ距離が縮まりますが、
スロースターターで、シナリオ展開に起伏はあまりありません。
集中して遊ぶより、疲れたときにハルトさんとLINEするような感覚で
雑談を交わしながらゆったり進める、ぐらいの楽しみ方が良いかと。

このアプリはメインキャラクターであるハルトとの交流がすべて。
プレイヤーは記憶喪失の青年ハルトの相談員となり、
共に失った記憶を探るというのが主な流れ。

基本はLINE的なメッセージアプリで連絡を取り合い、
たまにある面会で交流を深めていきます。
ちゃんとシナリオもありますが、基本はハルトとの雑談です。
また、テレフォンイベント(もちろんすべて課金)など、
ドラマCD的な楽しみ方もできます。
そういえばひと昔前にお金を払って女の子と電話できるサービスが
ありましたね。今もあるのかな。

グラフィックが非常に美しいです。メインキャラクターのハルトはもちろん、
モブキャラクターや背景も同一のトーンが保たれていて美しい世界観を築いています。
音楽もしっとりとしたピアノ曲です。

課金要素は延長面会やメモリアル面会、スペシャル面会など
いろいろありますが、プレイしなくても問題ありません。
それらの誘惑をすべてはねのけられれば本編だけでも充分に楽しめます。
とはいえハルトさんもだんだん主人公の引き止めスキルに
磨きがかかってくるので、ハルトさんのさみしげな眼差しを
振りきって面会を打ち切る必要はありますが、断っても
好感度が下がるわけでも、恨みがましいことを言われるわけでもありません。

ハルトの性格は素直クール。
話題はハルトの記憶にまつわるものもありますが、
ほとんどが犬派か猫派か、コーヒー派か紅茶派か、
島での出来事など他愛のないものがほとんど。
そしてハルトさんは基本、こちらの好みは全肯定してくれます。
犬派か猫派かでモメるようなことはありません。
ちなみに犬も猫も好き、犬も猫も嫌い、という回答もできます。
いきなり「さみしい……」「疲れた……」などと呟くこともできますが、
ハルトさんは菩薩かな?というレベルで優しいので「寝れば?」「だから?」などと
突き放されることはない安心仕様です。既読スルーもありません。

以下ネタバレ?感想。
話の内容のネタバレはありませんが、スキンシップ内容の
ネタバレがありますのでご注意をば。
続きを読む >>

ヴェスタリアサーガ1 クリア感想

  • 2016.09.27 Tuesday
  • 02:28


クリアしました!!

面白かった!
幸運系のアイテムは特攻する必要のあるユニットに
持たせるとすごく役に立つので助かる。

確認したらルビナの幸運がアイテム補強なしで22あって、
全ユニット中で最も幸運なユニットとなりました。

エンディングまでのネタバレがありますのでご注意ください。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!

無現堂


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM