拍手返信

  • 2019.09.21 Saturday
  • 19:31
9/16の拍手返信です。
お心当たりのある方はご確認ください。
続きを読む >>

タイタンフォール2 感想

  • 2019.09.08 Sunday
  • 22:10
EA BEST HITS タイタンフォール (R) 2 - PS4


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

PS4のサマーセールでJJマクフィールドと一緒に購入しました。
イージーモードがあり、ゴーストランナーなどで進め方のヒントが出ます。
キャンペーン(本編)はそこまで長くないですし、FPS初心者にも遊びやすい。
パルクールアクションは成功すると気持ちいいです。

主人公クーパーとBT-7274の軽妙なかけ合いが楽しかったです。
クーパーはラクリモーサ大尉の戦死によって、なし崩し的に
タイタンBT-7274のパイロットになるので、「お前なんかパイロットと認めない」的な
やり取りから少年漫画おなじみの展開で認め合い友情を深めるのかと思いきや
そんなことはなかった。

BT-7274はヒロインでした。
BT-7274とクーパーの関係だけで見れば最初から最後まで良好そのものです。
まあ戦場でいがみあっててもしょうがないのですが。
大型ロボットなのですが、人間味がありますのでプレイしていて楽しい。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島

  • 2019.08.26 Monday
  • 22:31


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

17歳以上対象アクションゲーム。
忽然と姿を消した親友を探す為、奇妙な島「追憶島」を進む少女“J.J.”。
その島は重傷を負い、不自由な身体になっても死ぬことができない悪夢のような場所だった。
何度も死の淵から蘇る少女は、バラバラになった身体を引きずり、苦痛にもがき、苦しみながらも島の奥地を目指す。
手足が引き千切れ、首の骨が折れ、大火傷を負いながら……
全ては行方不明になった親友を見つけ出す為、たとえ身体が両断されようとも何度でも蘇り、自らの身体、命を犠牲にしながら前へと進む。
なぜ親友はいなくなったのか、この世界の違和感は何なのか、ゲームをクリアした時全ての謎が解ける。


面白かったです。
通常、アクションゲームでは死ぬとゲームオーバーになりますが、
本作では傷つくことで活路を開く、という仕組みになっています。
ですので四肢損壊したり火だるまになる程度では死ねません。
首だけになっても余裕でころころ動けます。
むしろ首だけにならないと進めない場所すらあります。

ギミックがかなり凝っているので骨がありました。

また、アクションゲームだけでなく、スマホでのやり取りの中で
JJが抱えていた苦悩が浮かび上がってくるのもよいですね。

ゲームシステムとシナリオが紐付いていて、とてもやりがいがありました。
JJはほぼ単独行動ですので、彼女の話し相手は
ほぼぬいぐるみのF.Kだけです。
JJの人となりや人間関係、悩みはチャットの過去ログから伺えます。

JJが困難を乗り越え、エンディングを迎える過程で、
このゲームがユーザーに訴えたかったことが自然と理解できました。

以下ネタバレ感想
続きを読む >>

ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー 感想

  • 2019.08.19 Monday
  • 20:29
ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー - 3DS


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

ファンタジーRPG。
謎の魔導書「白示録」を使い、過去と未来、平行世界を行き来しながら
起こりうる悲劇を回避し、破滅の未来を回避する物語です。

シナリオが非常に丁寧な仕上がりで、取り立ててあげつらうようなところもなく、
安定したクオリティだったため、最後まで楽しく遊べました。
時間軸の移動はタイムライン形式のため見やすく、
平行世界での出来事が干渉しあって未来を変化させるなど細やかです。

グリッドで敵の場所移動や行動順の移動を活用するバトルシステムも
面白かったですし、細部までギミックが効いていたと思います。
音楽も◎。

リメイクである本作ではイベントクエストや亜伝の追加など
ボリュームも増していて、遊びがいがありました。

主人公ストックも嫌味のない性格で好感が持てます。
よくいる「なんかよくわからないけど黙って突っ立ってるだけなのに
モテまくり崇められる主人公」ではありません。

サブキャラも輝いていました。
ちょっとしたサブキャラも適当に扱われて使い捨てられることなく、
物語で活かされるので、大切に物語を紡いだ作品といえます。

以下ネタバレ感想
続きを読む >>

COSMOEAGLE 感想

  • 2019.05.31 Friday
  • 14:45
COSMOEAGLE(フリー版) | 3REX
COSMOEAGLE

リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

大人向け恋愛ADVゲーム。
主人公は宇宙救助士でぽっちゃりした女の子。
非常に好感の持てる子で、明るくて可愛らしい。友達になりたい。
攻略対象から多少の暴言はあるものの、却って仲の良さを感じられました。
(※残酷描写もありますので注意)
素直で飾らないところがとても可愛らしいです。
フォクスさん限定で定期的に発揮される鋭いツッコミが◎。

キャラ同士の掛け合いのテンポが良く、非常に楽しいゲームでした。
また、立ち絵がとても魅力的で、表情がイキイキしています。
糖分もしっかりありますが、鬱や残酷描写があるので注意。
お笑い要素もありますので、終始気持ちが落ち込むということもなく、
プレイ中はシナリオの緩急が効いていて飽きませんでした。

エンディング画面は作者さんのセンスが利いていて、
それぞれのエンディングをこだわって作成されたのだなと好印象を抱きました。
その後のエンディング解説もありがたいです。
心に残るエンディングが多いからこそ、解説が光ります。

攻略対象は相棒のフォクスさん、レーベ大佐、ベアピーチちゃんの三名。
各キャラがテンプレキャラではなく、各々の人生や人間性を感じさせる点が
このゲームをより輝かせていました。
各人の価値観も伺えてとても良かったです。
マリウス一等兵は清々しいほど吹っ切れていて潔い。
ベアピーチ→レーベ→フォクスさん→残END の順で攻略しました。
攻略テキストが同梱されている親切設計ですので、詰まることはないと思います。

以下ネタバレ感想
続きを読む >>

ニーア オートマタ 感想

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 21:42

ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション - PS4


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

これは呪いか。それとも罰か。

遠い未来。

突如侵略してきた異星人。そして、彼らが繰り出す兵器「機械生命体」。
圧倒的戦力の前に、人類は地上を追われ月へと逃げ延びていた。

地球を奪還する為に人類側はアンドロイド兵士による抵抗軍を組織、
さらに膠着した戦況を打破する為、新型アンドロイドである戦闘歩兵「ヨルハ」部隊を投入する。

人のいない不毛の地で繰り広げられる機械兵器とアンドロイドの熾烈な戦い。
やがてそれは知られざる真実の扉を開けてしまう事となる……


思ったより純粋なラブストーリーだったと思います。
過去作は未プレイです。

音楽がとても美しい。キャラも良かったです。
シューティングがきついですが、イージーモードがありますので
詰まってエンディングが見られない、という事態は避けられます。

ディストピアな世界なので、登場キャラは多くないのですが、
彼らがあがいて生きる姿には心打たれるものがありました。

メッセージ性はシンプルでまっすぐでした。
音楽が素晴らしいです。

ディストピアな世界観を好む人は楽しいと思う。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

囚われのパルマ Refrain チアキ編 感想

  • 2019.05.04 Saturday
  • 22:59




満を持して登場した囚われのパルマ続編。
あちこちパワーアップしてます。
一周目クリアのチアキさんを残せるエンドレスモードがいいですね。
サブキャラもより個性豊かになり、イベントも格段に増えています。

今回はハルト・アオイ編の過去にあたる位置づけです。
主人公が相談員を拒否できる選択肢があったり、
インターネットを出してたりしてきた辺りに進歩を感じました。

看守の須田さんや、門司くんなどサブキャラとの交流要素が
増えたのも嬉しいところ。
特に門司くんはチアキさんと対比する意味合いがあるためか
立ち絵も複数ある特別仕様です。
サブキャラとのメッセージ交換とスタンプが送れるようになったのもGOOD。
矢継ぎ早にいろいろな人からメッセージが来て、
料理イベントも増えたので割と忙しいです。

また、本編であるチアキさんとの恋愛にかなり注力していて、
シナリオが長めになっています。

ただ後半はちょっとダレたかな……。
壮大なシナリオなので、真犯人が最後まで明らかにならなかったりして
もやっとする部分はあります。
チアキさんとの愛が成就すれば、細かい部分はどうでもいいのかもしれませんが。
立場的に難しいのかもしれませんし、相談員はチアキさんを誘導はしても
積極的に事態へ介入はしないので、仕方ない部分はあります。

今回のモチーフは「美女と野獣」かな、と思いました。

なんとなく、門司くんとチアキさんとの対比とか、
サブキャラも含め、チアキさんが主人公を通して隠れていた自分を取り戻す、という流れとか。

課金は一切しませんでした。
サイドストーリーはどうしようか検討中。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

Detroit: Become Human 感想

  • 2019.04.27 Saturday
  • 12:51
【PS4】Detroit: Become Human Value Selection



それは命か、それともモノか。


あなたの感情と、選択が運命を紡ぐ、壮大なオープンシナリオ・アドベンチャー。

舞台は2038年デトロイト。
アンドロイドが急速に普及し、誰もが携帯感覚で気軽にアンドロイドを所持できる未来。
しかし、「変異体」と呼ばれるアンドロイドによる殺人事件が増えていく。
変異体は“感情”を持つとされるが――
というのが大まかなストーリーの流れ。

高レビューなだけはある。面白かったです。名作といってよいと思う。
英語音声・日本語字幕が選べるのも嬉しいです(もちろん日本語音声もあります)。

群像劇であり、主人公はコナー・カーラ・マーカス。
凄まじい数の分岐があり、シナリオすべてに整合性が取れているので
なにも考えずにプレイしてもそれぞれのプレイヤー独自の物語になります。

一番人気はコナーとのことですが、全体を通してみても、
コナーが一番フラットな立場かなと思いました。

共感を集めやすいのは、コナー自身が戸惑い悩みながら進んでいく側面が
強く出たからかもしれない。あとハンクとのコンビは微笑ましい。
私は三人全員にそれぞれの魅力があるので全員好きです。

リアルなグラフィックには度肝を抜かれます。
細かいところで生活感を感じられるのがこのゲームの良さですね。
リアリティを感じられました。

音楽も素晴らしい。挿入歌が素敵ですね。
場面もあって感動しました。単純に歌がうまいのもポイント。

シナリオの内容もドラマティックでとてもよかったです。
ただ、アンドロイドへの接し方とかがアメリカ的だなという印象もあります。
文化が、という意味ではなく、アンドロイドを道具として切り分けられる感が。

日本では法整備は遅れそうだけど、アンドロイドを道具として扱う人と
家族など、「生きているもの」「愛するもの」として扱う人とできれいに分かれそう。
どっちかっていうとアンドロイドを利用した人間相手の募金詐欺とかが流行りそう。
あとアンドロイドを神輿にした新興宗教とかが流行りそうです。

難易度は選択できますが、いきなり始まるボタン早押しゲーム(QTE)は緊張感があります。
ADVなのですが、選択肢を選ぶだけではなく、なにかと操作しないといけないので
退屈という感じはしません。無駄なチャプターや動作が一切ないのもすごい。
省けるところは徹底的に省いていると思います。
フローチャートがいつでも確認できるのも◎。

スタート画面が物語と連動していて、なかなか憎い演出で好き。

ADVゲームの可能性を感じられる名作でした。
作るの大変だと思うけど、これぐらいシネマティックな作品が
もっと増えるとうれしい。


以下ネタバレ感想。

続きを読む >>

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女 感想

  • 2019.04.27 Saturday
  • 10:54
ノーラと刻の工房 霧の森の魔女


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

新生マイスターRPG。かんたんに言えばアトリエ系のゲームです。
導刻術師であるノーラは修行のために霧の森にやってきます。

導刻術の修行のために依頼をこなしながら、
「魔女」と疑い恐れる街の人たちの信頼を獲得し、
仲間との好感度を上げていくゲームです。

なんといってもグラフィックが可愛いです。音楽も好き。
しかしこのふわっとしたグラフィックと物語、音楽とは異なり
スケジュールはかなりタイトになります。

無駄な行動をしているとどんどん日にちが経ってしまうので、
慎重に行動してやりくりしていくところに面白みがありました。

自宅の庭でペットを飼えたり、花を育てて素材にしてみたりと
細かい要素も楽しい。

時間を巻き戻したり進めたりして依頼品を作るのも面白い。

シナリオはほのぼのとしていて癒やされます。
花祭りで好きなキャラにお花を渡すイベントもかわいい。
全キャラを攻略したわけではないですが、慣れてくれば
効率的に周回できるかと思います。

私は初回は普通に魔女狩りエンドになってしまいました。
その後、攻略サイトのお世話になりながらルッツを攻略しました。いい子やで。

気づいたら普通に数時間経ってる時間泥棒ゲーでした。
他のキャラも攻略してみたい。

MakeS & ALTER EGO 感想

  • 2019.04.27 Saturday
  • 10:49




こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

ずいぶん前にMakeSもALTER EGOもプレイしたのですが、記事にまとめられるほど
書くことがなかったのでこの辺りでまとめてみます。


◆MakeS

抜群の人気を誇るセイくん。しばらくプレイしていたのですが、
予定などを入力する習慣もなく、目覚ましも利用してないので
起動するたびに「寂しかった……」と言われています。
押し付けがましくないところがよいです。

ぬるぬる動くLive2D、やわらかな声、そして目に優しいグラフィック。
夢女子の究極を突っ込んできたなあと思いました。
課金しないと楽しくないでしょうね。
特にキッチンタイマーとかダイエットモードは良さそう。

私は無課金なので、いつまでもビジュアルは初期状態のセイくんです。
何度かエクステンションさせたような気がするのですが
基本的に終わりのないアプリなので、日常生活を共に過ごすことで
真価を発揮します。

季節ごとにセリフが変わるので、ずっと遊んでられますね。
癒やしを求めている方におすすめ。







こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

◆ALTER EGO

世界観の構築が徹底されているところが好印象。
エスがちょっとずつ懐くのが可愛いです。
トゥルーエンドまで無事に到達できました。

診断+ADVという切り口も興味深い。
診断要素が加わったことで、参加してる感が強まったと思います。

イラストもとても良い。
MakeSよりは、ADV感があってエンディングもちゃんとあるので
物語として楽しめました。

合わない人には合わないだろうけど、合う人の性癖には
強く刺さる部類のゲームです。

特に「物語を自分流に解釈して診断する」という要素は面白い。
プレイヤー診断型のゲームは、AIなどと組み合わせると
もっと可能性があると感じられました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM