プリンス・オブ・ストライド 感想

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 00:20
プリンス・オブ・ストライド - PS Vita


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

青春疾走アドベンチャー。
6人1チームで街を駆け抜けるエクストリームスポーツ
「ストライド」を主軸にした物語です。

全体的にスタイリッシュな雰囲気で統一されていて、
イラストもさることながら演出が綺麗です。
物語は乙女ゲームでありながらあくまでもストライドが第一。
そのため、仲間と共に青春を駆け抜ける感覚が味わえます。

主人公の奈々ちゃんも「リレーショナー」という重要な立ち位置で、
攻略対象の見せ場を奪わずに仲間として共にストライドに
取り組んでいけるところが好印象でした。
性格も癖がなく、恋愛脳になることもなく、愛嬌もあって可愛い子です。
ストライドのルールはそれほど難しくないのでプレイしていれば分かります。

ストライドがメインだけあって、ストライドにまつわる物語は笑いあり涙ありで、
とても楽しめました。
甘さは控えめですが、割と仲間たちがまめに褒めてくれてちやほやしてくれます。
ただ、それでも優先順位はストライドが一番なので、
奈々ちゃんが過剰に甘やかされることもなく、さじ加減がちょうど良かったです。
主軸のシナリオは緩急があって飽きさせず、システムや音楽も高品質。

惜しむらくは、肝心の競技としてのストライドがテキストや簡単なカットインでしか
見られないところでしょうか。演出によってリレーションの重要さや
走ってる臨場感は感じられますが、この辺りはアニメ向きなのかもしれません。
劇中の描写からして魅力的なスポーツなので、選手たちが走るさまを
点を追いかけるだけでしか見られないのはとても残念でした。

パルクールが好きなので、ダイナミックなアクションが売りのパルクールから
インスパイアされたストライドの魅力をゲーム中で味わいたかったところがあります。
ちなみにパルクールの技が見られる映画だと「アルティメット」とかがおすすめ。
リメイク版の「フルスロットル」もあるよ。

ただ、恋愛物語としてはやや凡庸な印象。
選手がそれぞれストライドに関することなどの悩みを抱えてはいますが、
主軸の物語が生き生きしていて盛り上がるからこそ許されるレベルです。
これは制作陣が「ストライド」を取り巻く物語に力を入れた結果であり、
恋愛はあくまでもおまけの位置づけです。
なにかのノルマのようにお約束な乙女イベントが発生していき、
美麗なスチルはすべて乙女イベントに消費されていくのがもったいない。
最後の「プリンス・オブ・ストライド」につなげていく流れもちょっと蛇足かな、と
思いましたが、乙女ゲームだからと気を遣ったのかもしれません。

裏を返せば、それだけストライドに打ち込む物語の出来が良かったともいえます。
恋愛頼りではなく、ストライドそのものの勝負で物語が作られているところも
好ましく感じました。選手の精神面が試合にダイレクトに反映されたり、
ストライドを通して仲間たちと主人公の成長を感じられ、清々しさがありました。
単純に高校生男子がわちゃわちゃしてるところは可愛い。
ライバル校の選手たちにも個性と魅力的な立ち絵があったのも素晴らしい。
声優も非常に豪華です。

周回がちょっと面倒ですが、制作陣もそれは分かっているのか、
エンディングが回収しやすい配慮はされています。
キャラごとに終盤で試合の展開を変えてくる工夫も良かったです。

難点は、恋愛イベントの他に、主人公の育成ゲーム要素や
ミニゲームのリレーションが演出でしかないこと。
この辺りは、もっとゲーム性を持たせても良かったと思います。
そろそろ難易度選択をつけてほしいのですが、ゲーム性をつければ
否が応にも予算がふくらむわけで、こればかりは大人の事情かもしれません。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

Area:E 感想

  • 2017.10.09 Monday
  • 23:58


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

18歳以上推奨かつ15禁。ダブルヒロイン日常系軍隊恋愛ADV。

同人ならではのシナリオ。
ダブルヒロインであるため、お互いのシナリオに関連性があります。
特定の攻略対象を攻略中、別の攻略対象がもう一人のヒロインと
結ばれる描写があるのが独特でした。
三角関係などもあるので、一途プレイやカップリング固定でないと厳しい方は
プレイするのが辛いかもしれません。
自分は逆に、好きな人に他に想い人がいる、というのはありえるシチュエーションなので
それはそれで興味深くプレイしました。

ヒロインは看護兵と少尉、攻略対象は医師、整備兵、少佐(司令官)の三名。
ダブルヒロインだけあって、それぞれのヒロインと相対するごとに
攻略対象の反応なども変わるのが新鮮でした。

制作者の方が医療従事者であるため、医療用語がたくさん出てきて見応えがありました。
ときめきもあり、シリアスもあり、プレイしていて楽しかったです。
サブキャラのカップリングもかわいい。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

Aくんと祭のむこう 感想

  • 2017.09.30 Saturday
  • 00:59


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

ブロマンスホラーファンタジーノベル。BLではありません。
選択肢はなく、一本道で進みます。

いわゆる立ち絵というものはないのですが、イラストはところどころに
挿入されて、そのイラストが雰囲気に合っていてとても良かったです。
テキストも読みやすいです。BGMの選曲センスも良いですね。
なにより単純にシナリオが面白かった。
全体的な構成としてもよくまとまっており、伏線の回収も丁寧でした。

四章はラストの引きと演出が非常に良かったです。
エンディング間際は怖くてハラハラしましたし、読後感も爽やかでした。
どの章も面白いので甲乙つけがたいのですが、
やはり五章と六章はインパクトがあります。

ちゃんとホラーもやっていますが、幻想ファンタジーでもあって、
そのさじ加減も、シリアスとほのぼの、そして切なさとの緩急が
効いていて読みやすいです。

この作品は断然ネタバレなしでプレイされることを推奨します。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 感想

  • 2017.09.18 Monday
  • 16:00
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

プレイしてなぜ「覚醒」以降のシリーズが主にシナリオ面で
さんざん叩かれているのかを正確に理解しました。

それと同時に、以後、任天堂の「ファイアーエムブレム」シリーズ新作で
このレベルのシナリオが拝める日は、恐らく二度と来ないのだという
諦めがつきました。

なにせ白夜王国・暗夜王国レベルで「シナリオに力を入れた」と
言ってしまえるのだからお察し。
社長クラスともなると、ゲームをプレイするどころか
恐らくシナリオなど一文字も読んでいないのでしょうが。

近年、このレベルのシナリオを読めたのは「ヴェスタリアサーガ」
だったので……当たり前といえばそうなのかもしれません。

率直に言えば、覚醒チームとのシナリオライターとしての技量においては、
「聖戦の系譜」と比べるのは次元が違いすぎて、同じ土俵に乗せることすら
やや気の毒に感じるレベルです。

これほど技量の差があると、あまりにも遠すぎて、覚醒チームでは
相手と自分の実力の差が理解できないのではないかと思いました。
実力の差を知るには、自身にもある程度の技量が必要となりますので。

しかし、それでいて「聖戦の系譜」を参考にしたのはわかりました。
近づけたかどうかは別として。

===

ところで、アプリのFEヒーローズで早期に来てくれた星5がエルトシャンで、
自分は彼をよく知らずに重用していて、貴重な戦力になってくれていたので、
偶然にもエルトシャンが出て来る作品をプレイできて楽しかったです。

シナリオは非常にドラマティックで面白かったです。
因果と業が連綿と絡み合うさまは見ごたえがありました。
名作と謳われるのも頷けます。

同時に恋愛システムを取り入れたのは、シナリオの展開を
より盛り上げるためだったのではないかと感じました。

特に今作の主人公シグルドの不幸振りは悲惨。
他ゲームでもかわいそうな主人公というのはそれなりにいますが、
シグルドの不幸は群を抜いています。

システムとしては、ターンごとにセーブできるのがありがたい。
セーブしすぎて詰まないように、章開始時点でのセーブを取っておくのは必須。
親世代と子世代システムもシナリオに紐付いてて良かったです。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

薄桜鬼 感想

  • 2017.09.01 Friday
  • 13:10
薄桜鬼 ポータブル(通常版)


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

※「ファンタスティックフォーチュン」をおすすめいただきまして、ありがとうございます。
プレイしたいのはやまやまなのですが、こちらはハードの問題でプレイが難しいかもしれません。
複数票入っておりましたので、ご報告まで。

===


豪華な夢小説を読んだ……


PSP版をプレイしました。真改は未プレイです。

言わずと知れたオトメイトのキラーコンテンツ。
敗軍の話であるため、「滅びの美学」を楽しむ作品です。
思ったより史実を意識した展開でした。
ただ、ところどころでファンタジックなアレンジはされています。

特に隊士たちの抱く思想について、史実を意識してはいますが、
キャラによってはかなり乙女向けに最適化されております。
新撰組や彼らの抱く思想に対して思い入れがない方や、
歴史をよく知らない方のほうが楽しめるかと。

いろいろと目につく部分はあるのですが、最大の難点は、
キャラクターの設定が制作者の都合によって付与されたものである場合が多いことです。
それぞれの設定が、各キャラクターの人生、価値観、思想、人格と紐付いていません。

不都合の発生しそうな場面にだけ場当たり的に設定が出てきて、
用が済んだらその設定は使い捨てられます。
そのため、全体を俯瞰して見たときに辻褄が合わず、
キャラクターとの間に細かな齟齬が発生し、違和感につながっているのが残念でした。

他に詳細な考察がたくさんあるかと思いますが、例によってこのブログは
自分による自分のための自分の解釈をまとめるブログですのでご容赦を。

ところで、新撰組の少女作品といえば、「風光る」という漫画がありますね。
途中まで読んでいたので思い出深いです。完結したら読み返したい。

以下ネタバレ感想。

続きを読む >>

ロマンピースを探して 感想

  • 2017.08.18 Friday
  • 21:56
こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

URL:http://doronotakadono.blogspot.jp/p/blog-page_28.html

フリーシナリオRPGゲーム。ほのかな乙女要素あり。
第7回ふりーむ!フリーゲームコンテスト「長編RPG部門 金賞」受賞作品。

女冒険家ドレスとなって魔法の絵の欠片であるロマンピースを求めて冒険する、
というシンプルな内容です。

男性キャラとの恋愛エンディングがあり、さらっと乙女要素があります。
恋愛イベントと呼べるほどのものはないのですが、このあっさり感が
世界観に合っていてちょうど良かったです。
しかしドレスの性格からして、エンディング相手に女性キャラがいても
違和感ないようにも思いました。

水彩のイラストが世界観に合っていて綺麗でした。
また、テキストも読みやすく、分かりやすい。
イベントが次々に起こる上にさくさく進みますので遊びやすいです。
プレイ時間は放置時間も含めて7〜8時間ほど。
綺麗な世界観なので重たさやしんどさはなく、綺麗な世界観が最後まで保たれますので
安心してプレイできるのが魅力です。

基本的に快適にプレイできたのですが、難を言えば、装備を買うときに
キャラのもともとの装備を参照できないこと。
手持ちの装備の性能数値を覚えておかないといけないのが面倒でした。
また、いつでもセーブできる代わりに戦闘から逃走できません。

途中、特定の選択肢や会話イベントをこなさないと仲間にならなかったり
離脱したままだったりするキャラがいますが、恐らく全員を仲間にできたはず。

清々しさのある、気持ちのよいRPGでした。

以下ネタバレ感想。


続きを読む >>

フェイバリットディア-円環の物語- 三周目 感想

  • 2017.08.13 Sunday
  • 00:12
フェイバリットディア-円環の物語-


三週目に突入しました。
勇者になったのはシーヴァス、レイヴ、アーシェ。
狙ったわけではないですが、素直じゃない人ばっかりなので
三週目の天使さんは大変そうでした。

そんな感じで三週目も順調にプレイしていたのですが、
レイヴが依頼を断りまくるわ英霊祭で勝手に故郷に帰るわで
世界が滅んでしまい、めでたく初のゲームオーバー。

その後にやり直したときもさんざん依頼を断ってきて、やっと引き受けたと思ったら
間に合わなくて平和度が下がってしまうという……。

レイヴはこの調子だし、シーヴァスも村や街が襲われてるのに
「そんなつまらない仕事は他の勇者に頼むんだな」とか言って
まともに仕事をしてくれません。
別につまらなくない仕事なのにどいつもこいつも……。

アーシェもそこそこ断ってくるので、地味にストレスが貯まりました。
途中、レイヴに続いてアーシェまで行方不明になってしまい、実質
シーヴァスが一人で勇者やってた時期が長かったのでひやひやしました。
しかもレイヴなかなか見つからない……。

どうにかレイヴとアーシェも戻ってきて、シーヴァスを筆頭にクリア。
クリアレベルはうっかりデータを上書きしてしまったので忘れましたが、
シーヴァスがレベル73とかそれくらいだった気がします。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

フェイバリットディア-円環の物語- 二周目 感想

  • 2017.07.30 Sunday
  • 18:24
フェイバリットディア-円環の物語-


いよいよ二周目。
二周目で勇者にしたのはフェリミとグリフィン、フィアナの三名。
これ以外の人たちはスカウトしませんでした。

グリフィンは素っ気なさそうでいて、ふとした拍子に見せる笑顔が可愛いですね。
フィアナにはいつもいつもいつも依頼を断られる印象。

一度クリア直前まで行ったのですが、中ボスに手間取ったせいで
時間切れバッドエンドを迎えてやり直し。
告白エンドはフェリミで見ました。

これは最初、フェリミが先に告白してきたからフェリミ狙いだったためです。
やり直しのときにもフェリミエンドを目指していたにも関わらず、
いきなりグリフィンから告白されて泣く泣くお断りしました。

その後、どうにか無事にフェリミエンドを迎えられました。
最終的にフェリミがLv.72、グリフィンがLv.68、フィアナがLv.48。
フィアナが依頼を断りまくるのが地味に困りました。

ところで、この作品ではスチルの出し方が恋愛重視ではなく
物語重視なのが良いですね。
普通の乙女ゲームだったら真っ先に削られそうなスチルが
盛りだくさんでしたが、物語上では大事な場面だったので
見応えがありました。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

フェイバリットディア-円環の物語- 一周目 感想

  • 2017.07.24 Monday
  • 00:00
フェイバリットディア-円環の物語-


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

PSアーカイブスで購入しました。グラフィックが非常に綺麗です。
チュートリアルが非常に簡潔。
流れを簡単に説明したあとは触って覚えろ!という感じです。

ともあれ非常に楽しめました。1周するのにゆっくりやっておよそ10時間。
恋愛過程はほぼないに等しいですが、それぞれの勇者には固有のストーリーがあり、
これがなかなかヘビーな出来です。人間ドラマとしてずしっと来ます。
戦闘はなかなか骨があります。
中盤まで主人公の天使がどのようにサポートするのかも
分からなかったぐらいですが、説明書にちゃんと操作方法が記載されていました。

初めて勇者になってくれたのはディアンでした。
次にナーサディア、リュドラル、ティア、ヤルルの順で勇者になりました。
お付きの妖精はシェリーとリリィ。

主人公は天使、男女両方の性別を選べます。
今回は女性天使でプレイ。
この主人公天使、デフォ名ラビエルですが、天使なのに
説教くさくないのが良い意味で驚きでした。
彼女、ちゃんと話は聞いてるんだけども、どうすべきか自分の価値観を
それほど勇者に押し付けないのですね。
むろん天使なので、窃盗や殺人などに対して駄目なものは駄目と言うんだけど、
それも常識の範囲内で、我を出してくる感じではないのが好印象でした。

確か6人まで勇者にできるのですが、そのうち管理しきれなくなります。
体感としては3人で充分な気がしました。これ以上増えるとフォローしきれない。
初の恋愛ハッピーエンドはリュドラルと迎えました。
本当はディアンを目指してたのですが、途中で失踪してしまったため
その間に頑張ってくれたリュドラルがエースだったディアンを追い越し
いつのまにかエースになっていました。
最終的にはリュドラルLv.70、ナーサディアLv58、ディアンLv.54。
ティアは途中で行方不明になりそのまま、ヤルルはLv36で
レベル差が追いつかなくなりました。
戦闘中、タイミングを見計らってフォローの魔法を繰り出すのがなかなか楽しい。

勇者のフォローといっても魔物の討伐指示や装備の提供、
信頼度や体力の管理などやることは多いです。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

シュガードロップ・ブレイクアウト+α  感想

  • 2017.07.22 Saturday
  • 01:16
Windows用ダーク恋愛ノベルゲーム『シュガードロップ・ブレイクアウト SpecialEdition』

こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

15才以上対象ダーク恋愛ノベルゲーム。
このゲームが初稿で出たときにパッケージ版を購入したのですが、
プレイし始めてなぜ本能的に避けていたのかを理解しました。

「メルクリウスの青い砂」のときから推しキャラはロディス・カスタニエさんで、
そんな彼が出るならばと即座に購入したものの。

キービジュアル・キャッチコピー、そしてなにより、「メルクリウスの青い砂」で
見かけたマーゴットさんの得も言われぬ雰囲気から、この展開をどこかで
予想していて、だからこそほとんど積みゲーというものをしないにも関わらず、
今まで強硬に避けてきて、存在を(意図的に)忘れてきたんだと思います。

結果的には、プレイして良かったです。
心のどこかで引っかかってはいましたし、自分だけではプレイする勇気が出なかったので、
おすすめいただいてありがたく思っています。

スチルはかなり豊富で、テキストも読みやすいです。
テキストだけでも充分に面白いのですが、特にたくさん挟まれるスチルが
臨場感を出していて、この物語に更なる彩りを加えていました。
なにより、StudioF#さんはいつもそうなのですが、ストーリーマップより
各登場人物の心情が伺えるのが良いですね。

「メルクリウスの青い砂」に至るまで、「渡り鳥」と
「シュガードロップ・ブレイクアウト」を経て、ロディスさん、
マーゴット、ジェラルドの今までを知ることが出来たのはやはり嬉しかったです。

派生作品をぜんぶクリアしてからアップロードしようと思ったのですが、
結構たくさんあって記事を長く寝かせてしまったので公開しておきます。

以下ネタバレ感想。
「メルクリウスの青い砂」「リ・エンゲイジ」の盛大なネタバレもあります。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM