DEATH STRANDING 感想

  • 2019.12.22 Sunday
  • 19:51
DEATH STRANDING


17歳以上対象、メタルギアシリーズで有名な小島秀夫最新作。
「死の座礁」というタイトル通り、愉快な雰囲気の作品ではないです。
万人受けはしないですが、刺さる人にはとても愛される作品だと思います。

ノーマン・リーダスとマッツ・ミケルセンが好きな人は楽しめます。
二人は作中とても輝いています。
ノーマン・リーダスもそうですが、マッツ・ミケルセンの輝き方が尋常じゃない。
マッツ・ミケルセンが好きならそれだけでおすすめです。

また、レア・セドゥ、リンゼイ・ワーグナーなどキャストが好きな人も◎。
ストーリーを楽しみたい人用のベリーイージーモードがあります。



デスストを楽しめる可能性が高い人

・ノーマン・リーダスが好き
・マッツ・ミケルセンが好き
・出演している主要なキャストが好き

・伊藤計劃が好き
・小島秀夫(または氏の構築する世界観)が好き

・おつかいが好き
・ストーリー重視のゲームが好き

・音楽のよいゲームが好き
・雰囲気のある作品が好き ※ずっとそんな感じです


ストーリーよりも戦闘やアクションを楽しみたいという人には退屈に感じるかもしれません。
単純明快なストーリーや、プレイしていて戦闘で爽快感を味わいたいような人には
はっきり言って向いていません。
小島秀夫監督のシナリオ、伊藤計劃系の雰囲気が好きじゃない人もやめたほうがいいです。
他の作品を探すことを推奨します。

また、小島秀夫監督が想定するターゲット層から乖離していそうなので
そもそもお呼びではなさそうですが、明記したほうがいいと思うので記載します。

妊娠・出産においてトラウマのある方はプレイがきついと思います。
特に流産経験者は、フラッシュバックが起こりかねないので
プレイ前によく考えたほうがよいです。
ストーリーが悪いという意味ではなく、関連するものを見るだけで
心を抉られるような気持ちになって辛い、という人には推奨しません。
ただ、ある程度自分の中で折り合いがついている人は、
最後までプレイすれば楽しめる可能性もあります。

作品としてこうした要素を貶めているわけではありません。
ほぼ最初から最後までBB(ブリッジベイビー)は中心的要素として物語に絡みます。

余談ですが、デスストをやりすぎたせいで、電車で赤ん坊が泣き出した際に
とっさに「あやさなくちゃ」と考えるようになってしまいました。


見てわかると思いますが、グラフィックは最初から最後まで非常に美しいです。
ノーマン・リーダスやマッツ・ミケルセンの魅力が惜しげもなく放出されます。

本作は「つながり」を重視しておりますが、プレイヤー同士で
非言語的コミュニケーションを楽しめる点も魅力のひとつ。
言動でそうと示さなくても、お互いの存在があって、誰かの足跡や看板に
勇気づけられるような、付かず離れずの距離感によるつながりを楽しめました。

ゲームのほとんどが移動に費やされますので、もうちょっと景色を楽しめたら嬉しかった。


既に橋などの施設を先行プレイヤーが築いているため後発組は楽しめない、
という意見が見られますが、まず構築した施設は時間経過によって劣化します。
存続には後発プレイヤーの資材投入が必要になります。
つまり、消えずにずっと残っている施設は必要性が高いから残っています。

各施設は消そうと思えば自分で破棄できますが、移動ルートの選択は自由かつ、
持てる荷物には制限がありますので、一人での攻略はしんどいと思います。

ギリギリの荷物と残り少ないバッテリー、というような状況では
先行プレイヤーのハシゴや橋、セーフハウスなどを見つけると
ほっとすることのほうが多いです。
特に看板は、道が間違っていないことがわかります。

また、行ったことのない目的地に到達するまでは、
先行プレイヤーの構築した建造物は出現しません。


なにもかもが事前にお膳立てされて退屈、ということはないかと。
他に施設があるとわかっていても、自分用に作りたくなるので
あんまり気にしなくていいと思います。


本作の登場人物は誰もが欠落を抱えています。

作品としてのメッセージ性はかなりはっきりとしています。
特に「分断社会」、あるいは「分断するアメリカ」というテーマは昨今のトレンドですね。
現代社会への風刺や、承認欲求による暴走、テロリズムの否定、
分断と対立ではなく、協調と融和(橋をかける)というモチーフが活きていました。

つながりによって徐々に前を向けるようになる、夜明けの空を見るような
やわらかな希望が感じられる作品でした。


細かい不満点もありますが、インパクトのある作品であることは間違いないです。
各施設との交流イベント的なものがとても単調であることは否定できません。
というのも人の大部分は都市にいて出てこないし、
プレッパーズ(孤立主義者)もほとんどホログラムでしか
姿を現さないのは、まあ予算などの大人の事情なのかなあと思いました。

UIの文字が小さいのは間違いない。アプデで修正されたようですが。


以下ネタバレ感想。



続きを読む >>

華アワセ いろは編 感想

  • 2019.12.05 Thursday
  • 00:11
華アワセ いろは編


唐紅/うつつ編から四年越しに発売。
入荷と同時に品切れが続いており、期待のほどが伺えます。

今回はバッドエンド量産機であるいろはを救うことがすべてという内容です。
真相解明編でもあります。
割と戦闘が連続します。

総合すると、なんだかんだ蛟編と姫空木編がプレイしていて一番楽しかった気がします。
考察も含めて。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

グノーシア 感想

  • 2019.11.29 Friday
  • 23:15


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

12歳以上対象一人用SF人狼ゲーム。
PSVitaを引っ張り出して遊びました。

実を言うと私は人狼が嫌いなのですが、本作はループを前提としており、
ワンプレイが15分程度でさくさく進みますので遊びやすいです。
ループするほどパラメータが上がっていろんなスキルを覚えて
強くなるのも◎。Vitaを引っ張り出して遊ぶ価値があります。
とてもおもしろいです。

どのような結果になろうともすぐさまリセットし、
次のループでは役割がシャッフルされるので変なわだかまりも残りにくい。

また、キャラクターが立っていて良かったです。
スキルとキャラクター、投票での立ち居振る舞いが
密接に絡み合っていました。

メインシナリオがきちんとあるので、ループを繰り返すたびに
新しい発見があります。

最終的には159周目のレベル162でコンプリートしました。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

Horizon Zero Dawn(ホライゾン・ゼロドーン)感想

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 13:19
【PS4】Horizon Zero Dawn Complete Edition PlayStation®Hits


17歳以上対象オープンワールドアクションRPG。
プレイヤーは女主人公アーロイとして、古代文明終焉の謎、
そしてアーロイの出生の謎を解き明かしていくハンティング・アクションです。
難易度設定に「ストーリーを楽しむ」モードがありますので、アクションが苦手な方にも親切仕様。
非常に面白かったです。シナリオも面白いですし、アーロイのキャラも茶目っ気があって可愛い。
SFと部族文明、大自然が綺麗に融合されている世界観が好き。
大自然が美しいので、ワールドを歩き回るだけでも楽しめます。

前情報を一切見ずに購入したのでプレイし始めてから主人公が女の子だと気付きました。
アーロイは半強制的に自立せざるを得ない環境に置かれているため、
基本的になんでもできます。すごい。
セリフ一つとってもユーモラスで、優しいのですが甘やかさず、
自立しているけど愛嬌がある、そうしたバランスが優れている主人公でしたので
プレイしていて好感を持てました。

アーロイは立場上、ほぼ単独行動になりますが、特定の集団に所属していないからこそ
価値観や因習を乗り越えて様々な人と交流を深められたように思います。

シナリオが進むにつれて、アーロイの世界もどんどん広がりを見せていくところに
わくわくしました。機械獣のハンティングアクションも楽しい。
脳筋なので槍でぶん殴るのが好き。
以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

拍手返信

  • 2019.09.21 Saturday
  • 19:31
9/16の拍手返信です。
お心当たりのある方はご確認ください。
続きを読む >>

タイタンフォール2 感想

  • 2019.09.08 Sunday
  • 22:10
EA BEST HITS タイタンフォール (R) 2 - PS4


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

PS4のサマーセールでJJマクフィールドと一緒に購入しました。
イージーモードがあり、ゴーストランナーなどで進め方のヒントが出ます。
キャンペーン(本編)はそこまで長くないですし、FPS初心者にも遊びやすい。
パルクールアクションは成功すると気持ちいいです。

主人公クーパーとBT-7274の軽妙なかけ合いが楽しかったです。
クーパーはラクリモーサ大尉の戦死によって、なし崩し的に
タイタンBT-7274のパイロットになるので、「お前なんかパイロットと認めない」的な
やり取りから少年漫画おなじみの展開で認め合い友情を深めるのかと思いきや
そんなことはなかった。

BT-7274はヒロインでした。
BT-7274とクーパーの関係だけで見れば最初から最後まで良好そのものです。
まあ戦場でいがみあっててもしょうがないのですが。
大型ロボットなのですが、人間味がありますのでプレイしていて楽しい。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島

  • 2019.08.26 Monday
  • 22:31


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

17歳以上対象アクションゲーム。
忽然と姿を消した親友を探す為、奇妙な島「追憶島」を進む少女“J.J.”。
その島は重傷を負い、不自由な身体になっても死ぬことができない悪夢のような場所だった。
何度も死の淵から蘇る少女は、バラバラになった身体を引きずり、苦痛にもがき、苦しみながらも島の奥地を目指す。
手足が引き千切れ、首の骨が折れ、大火傷を負いながら……
全ては行方不明になった親友を見つけ出す為、たとえ身体が両断されようとも何度でも蘇り、自らの身体、命を犠牲にしながら前へと進む。
なぜ親友はいなくなったのか、この世界の違和感は何なのか、ゲームをクリアした時全ての謎が解ける。


面白かったです。
通常、アクションゲームでは死ぬとゲームオーバーになりますが、
本作では傷つくことで活路を開く、という仕組みになっています。
ですので四肢損壊したり火だるまになる程度では死ねません。
首だけになっても余裕でころころ動けます。
むしろ首だけにならないと進めない場所すらあります。

ギミックがかなり凝っているので骨がありました。

また、アクションゲームだけでなく、スマホでのやり取りの中で
JJが抱えていた苦悩が浮かび上がってくるのもよいですね。

ゲームシステムとシナリオが紐付いていて、とてもやりがいがありました。
JJはほぼ単独行動ですので、彼女の話し相手は
ほぼぬいぐるみのF.Kだけです。
JJの人となりや人間関係、悩みはチャットの過去ログから伺えます。

JJが困難を乗り越え、エンディングを迎える過程で、
このゲームがユーザーに訴えたかったことが自然と理解できました。

以下ネタバレ感想
続きを読む >>

ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー 感想

  • 2019.08.19 Monday
  • 20:29
ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー - 3DS


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

ファンタジーRPG。
謎の魔導書「白示録」を使い、過去と未来、平行世界を行き来しながら
起こりうる悲劇を回避し、破滅の未来を回避する物語です。

シナリオが非常に丁寧な仕上がりで、取り立ててあげつらうようなところもなく、
安定したクオリティだったため、最後まで楽しく遊べました。
時間軸の移動はタイムライン形式のため見やすく、
平行世界での出来事が干渉しあって未来を変化させるなど細やかです。

グリッドで敵の場所移動や行動順の移動を活用するバトルシステムも
面白かったですし、細部までギミックが効いていたと思います。
音楽も◎。

リメイクである本作ではイベントクエストや亜伝の追加など
ボリュームも増していて、遊びがいがありました。

主人公ストックも嫌味のない性格で好感が持てます。
よくいる「なんかよくわからないけど黙って突っ立ってるだけなのに
モテまくり崇められる主人公」ではありません。

サブキャラも輝いていました。
ちょっとしたサブキャラも適当に扱われて使い捨てられることなく、
物語で活かされるので、大切に物語を紡いだ作品といえます。

以下ネタバレ感想
続きを読む >>

COSMOEAGLE 感想

  • 2019.05.31 Friday
  • 14:45
COSMOEAGLE(フリー版) | 3REX
COSMOEAGLE

リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

大人向け恋愛ADVゲーム。
主人公は宇宙救助士でぽっちゃりした女の子。
非常に好感の持てる子で、明るくて可愛らしい。友達になりたい。
攻略対象から多少の暴言はあるものの、却って仲の良さを感じられました。
(※残酷描写もありますので注意)
素直で飾らないところがとても可愛らしいです。
フォクスさん限定で定期的に発揮される鋭いツッコミが◎。

キャラ同士の掛け合いのテンポが良く、非常に楽しいゲームでした。
また、立ち絵がとても魅力的で、表情がイキイキしています。
糖分もしっかりありますが、鬱や残酷描写があるので注意。
お笑い要素もありますので、終始気持ちが落ち込むということもなく、
プレイ中はシナリオの緩急が効いていて飽きませんでした。

エンディング画面は作者さんのセンスが利いていて、
それぞれのエンディングをこだわって作成されたのだなと好印象を抱きました。
その後のエンディング解説もありがたいです。
心に残るエンディングが多いからこそ、解説が光ります。

攻略対象は相棒のフォクスさん、レーベ大佐、ベアピーチちゃんの三名。
各キャラがテンプレキャラではなく、各々の人生や人間性を感じさせる点が
このゲームをより輝かせていました。
各人の価値観も伺えてとても良かったです。
マリウス一等兵は清々しいほど吹っ切れていて潔い。
ベアピーチ→レーベ→フォクスさん→残END の順で攻略しました。
攻略テキストが同梱されている親切設計ですので、詰まることはないと思います。

以下ネタバレ感想
続きを読む >>

ニーア オートマタ 感想

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 21:42

ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション - PS4


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

これは呪いか。それとも罰か。

遠い未来。

突如侵略してきた異星人。そして、彼らが繰り出す兵器「機械生命体」。
圧倒的戦力の前に、人類は地上を追われ月へと逃げ延びていた。

地球を奪還する為に人類側はアンドロイド兵士による抵抗軍を組織、
さらに膠着した戦況を打破する為、新型アンドロイドである戦闘歩兵「ヨルハ」部隊を投入する。

人のいない不毛の地で繰り広げられる機械兵器とアンドロイドの熾烈な戦い。
やがてそれは知られざる真実の扉を開けてしまう事となる……


思ったより純粋なラブストーリーだったと思います。
過去作は未プレイです。

音楽がとても美しい。キャラも良かったです。
シューティングがきついですが、イージーモードがありますので
詰まってエンディングが見られない、という事態は避けられます。

ディストピアな世界なので、登場キャラは多くないのですが、
彼らがあがいて生きる姿には心打たれるものがありました。

メッセージ性はシンプルでまっすぐでした。
音楽が素晴らしいです。

ディストピアな世界観を好む人は楽しいと思う。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM