氷の涙

  • 2009.06.11 Thursday
  • 03:16



 タヴァロスの王ダーラヤヴァシュは、若き軍の将アルダシールにカラダイン併合を命じた。北方の小国カラダインは、圧倒的な国力を誇る新興国タヴァロスの前に、なすすべもなく呑み込まれる。
 『カラダインの青き薔薇』とその美しさを讃えられた王女リュシアは、ただ一人残された王族として捕虜となる。滅びた国の王族に残された道は、王位継承の道具として利用されるか、さもなくば死か。
 与えられた運命は厳しいものだった。
 そのなかで、リュシアの憎悪は王へは向かわず、自分をあわれみの目で見るアルダシールへと向かう。自分から全てを奪った彼が、婚約者とともに立ち幸せそうに笑っているのが許せなかったのだ。
 それを見抜いた執政官のファルークは、とある提案をもちかけるために彼女のもとを訪れる。

 リュシアの選択する道の先には、何があるのか。

 それは、あなたが確かめてください───。

15禁選択型ビジュアルノベル。乙女ゲー、と言えなくもないですが全体的に甘さ控えめなので、限りなく一般ゲームに近い乙女ゲーです。私は萌えました。キャラ絵などはありますが、本編中にはCGはありません。エロはありませんが、情の揺れ具合といった大人の恋愛を楽しみたい方にオススメです。以下ネタバレ感想。


続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM