逆転検事2 感想

  • 2014.07.06 Sunday
  • 01:11
逆転検事2


会心の一作。前作で手応えを感じたスタッフが、全力投球した作品です。
シナリオの構成は前作よりさらに練りこまれ、過去と現在を織り交ぜながら
個々の相関関係と因果関係が複雑に組み合わされています。
奇抜なトリックだけでなく、テーマに基づいた熱い人間ドラマが楽しめました。

シリーズでお馴染みのキャラクターたちの出番もしっかり用意されています。
ちょこちょこ入る小ネタや、懐かしのキャラとの再会はやっぱり嬉しいです。
ですが旧シリーズだけに頼らず、人間味あふれる個性豊かな
新キャラクターたちにも大満足でした。
特に、前作のライバル役だったロウ捜査官の上を行く手強さを感じさせる
水鏡裁判官と、飄々としている信楽弁護士の存在感は強烈です。

主人公の御剣怜侍も、そんな新キャラクターに出番を食われることなく、
むしろ上手にお互いの良さを引き立て合っています。
シナリオのボリュームもたっぷりで大満足。
キャラデザも良く、音楽も印象に残るものが多かったです。
特に水鏡裁判官のテーマは威圧感たっぷりでお気に入り。

新システムとして導入されたのは「ロジックチェス」。
会話を通して、引くべきところとツッコむべきところを
見分けながら緩急をつけて相手から証言を引き出すもので、
難易度は易しいです。
幻水シリーズの一騎討ちを思わせて楽しかった。

不満点もあります。
わかりきってる部分をことさら丁寧に説明するために
回りくどいやり取りをしなければならず中だるみしたり、
シナリオの展開上、明らかに違和感を覚える部分をキャラクターが無視して、
他のキャラも全員突っ込まずにスルーするようなところがちらほら。
ですがそうした欠点も、熱いテーマ性と感動によって最終的には満足できました。

シナリオの出来は旧シリーズに勝るとも劣らない、秀逸な作品です。

これまでのシリーズにあった「笑い」の要素ではやや負けるものの、
それを補って余りある緻密で丁寧な伏線回収と、
御剣怜侍を始めとしたそれぞれのキャラに向き合った真摯なテーマ性、
そして堅実なシナリオ展開に好感を持ちました。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

逆転検事 感想

  • 2014.06.22 Sunday
  • 22:42


逆裁4に打ちのめされた後なので、大分寛容な気持ちでプレイしました。
多少……、いや、相当に強引な展開はありましたがそれもご愛嬌といえるぐらい
キャラが生き生きした作品です。難易度はシリーズより易しめ。

その代わり、懐かしの面々が出てきてファンディスクのような
お祭り感があり、プレイしていてとても楽しかったです。
逆裁4の反省を踏まえて制作されただけあって、
もうね、細かいことはどうでもいいよな、という気分になれました。

DSの画面でみっちゃんがちょこちょこ動いてる……走ってる……
指振ってる……イトノコ刑事が地団駄踏んでる……
メイちゃんと仲良くしてる……!! とこれだけでいちいち感動し、
和やかな気持ちになれました。キャラの動きが可愛かったです。
※シリーズファンの感想なので思い出補正+10000ぐらい加算されてます

みっちゃんの周りに旧作までのキャラがたくさん集まって
わいわい賑やかで微笑ましいのに対して、
逆裁4のなんとも言えない寒々しさが際立ってしまうのが寂しいところ。
大人の事情とはいえ、この人望の差が切ない……

序盤の事件が大きな伏線となっており、
シナリオが進むごとに一連の事件のつながりと真相が
徐々に明らかになってくる作りは逆裁4と同じで良かったです。
ただ、逆転検事のほうが整合性を取ることに対し丁寧な姿勢だったことと、
証拠に対して厳密な点が好感触でした。
あと、プレイ時間も逆転検事のほうが長いです。

ところで、原灰さんはスタッフに気に入られてるんですかね?
特徴的な口調だから書きやすいんでしょうか。

以下逆裁4も含んだネタバレ感想。
続きを読む >>

逆転裁判4 感想

  • 2014.06.07 Saturday
  • 20:33


逆転裁判123は当時、このソフトのためにGBA本体を買った
思い出深い作品だったのですが、
今までなんとなく逆転裁判4をプレイしてませんでした。

スタッフの力みが伝わってくる作品。
それだけに、ちょっと力みすぎたというか、
まじめに、真剣に作りすぎたのかなあと思いました。

そこらのゲームに比べれば抜群に面白いです。
逆転裁判シリーズに思い入れがない人はかなり楽しめるはず。
散りばめられた伏線を最後に怒涛の展開で回収し、
ちょっと社会派なテイストも交えつつ、熱いテーマ性も感じられます。
ただ、手堅く作ってるけど、全体的に軽やかさがない。全然ふざけてない。

シリーズから格段に減ったのは、「遊び心」「爽快感」です。

キャラクターもオドロキくんに協力的な善人が多くて、
それが爽快感や達成感が激減した理由だと思います。
だから悪いということではないのかもしれないけど、
逆転裁判シリーズでその方向転換は求められてなかった。

4はシリーズに比べて、「科学捜査」とか、「見抜く」とか
顔相認識技術もありますし、むしろ現実に近付いた感じがしました。
トリックや探偵パートは突飛だけど、それはシリーズずっとそうだし。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM