フェイバリットディア-円環の物語- 三周目 感想

  • 2017.08.13 Sunday
  • 00:12
フェイバリットディア-円環の物語-


三週目に突入しました。
勇者になったのはシーヴァス、レイヴ、アーシェ。
狙ったわけではないですが、素直じゃない人ばっかりなので
三週目の天使さんは大変そうでした。

そんな感じで三週目も順調にプレイしていたのですが、
レイヴが依頼を断りまくるわ英霊祭で勝手に故郷に帰るわで
世界が滅んでしまい、めでたく初のゲームオーバー。

その後にやり直したときもさんざん依頼を断ってきて、やっと引き受けたと思ったら
間に合わなくて平和度が下がってしまうという……。

レイヴはこの調子だし、シーヴァスも村や街が襲われてるのに
「そんなつまらない仕事は他の勇者に頼むんだな」とか言って
まともに仕事をしてくれません。
別につまらなくない仕事なのにどいつもこいつも……。

アーシェもそこそこ断ってくるので、地味にストレスが貯まりました。
途中、レイヴに続いてアーシェまで行方不明になってしまい、実質
シーヴァスが一人で勇者やってた時期が長かったのでひやひやしました。
しかもレイヴなかなか見つからない……。

どうにかレイヴとアーシェも戻ってきて、シーヴァスを筆頭にクリア。
クリアレベルはうっかりデータを上書きしてしまったので忘れましたが、
シーヴァスがレベル73とかそれくらいだった気がします。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

フェイバリットディア-円環の物語- 二周目 感想

  • 2017.07.30 Sunday
  • 18:24
フェイバリットディア-円環の物語-


いよいよ二周目。
二周目で勇者にしたのはフェリミとグリフィン、フィアナの三名。
これ以外の人たちはスカウトしませんでした。

グリフィンは素っ気なさそうでいて、ふとした拍子に見せる笑顔が可愛いですね。
フィアナにはいつもいつもいつも依頼を断られる印象。

一度クリア直前まで行ったのですが、中ボスに手間取ったせいで
時間切れバッドエンドを迎えてやり直し。
告白エンドはフェリミで見ました。

これは最初、フェリミが先に告白してきたからフェリミ狙いだったためです。
やり直しのときにもフェリミエンドを目指していたにも関わらず、
いきなりグリフィンから告白されて泣く泣くお断りしました。

その後、どうにか無事にフェリミエンドを迎えられました。
最終的にフェリミがLv.72、グリフィンがLv.68、フィアナがLv.48。
フィアナが依頼を断りまくるのが地味に困りました。

ところで、この作品ではスチルの出し方が恋愛重視ではなく
物語重視なのが良いですね。
普通の乙女ゲームだったら真っ先に削られそうなスチルが
盛りだくさんでしたが、物語上では大事な場面だったので
見応えがありました。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

フェイバリットディア-円環の物語- 一周目 感想

  • 2017.07.24 Monday
  • 00:00
フェイバリットディア-円環の物語-


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

PSアーカイブスで購入しました。グラフィックが非常に綺麗です。
チュートリアルが非常に簡潔。
流れを簡単に説明したあとは触って覚えろ!という感じです。

ともあれ非常に楽しめました。1周するのにゆっくりやっておよそ10時間。
恋愛過程はほぼないに等しいですが、それぞれの勇者には固有のストーリーがあり、
これがなかなかヘビーな出来です。人間ドラマとしてずしっと来ます。
戦闘はなかなか骨があります。
中盤まで主人公の天使がどのようにサポートするのかも
分からなかったぐらいですが、説明書にちゃんと操作方法が記載されていました。

初めて勇者になってくれたのはディアンでした。
次にナーサディア、リュドラル、ティア、ヤルルの順で勇者になりました。
お付きの妖精はシェリーとリリィ。

主人公は天使、男女両方の性別を選べます。
今回は女性天使でプレイ。
この主人公天使、デフォ名ラビエルですが、天使なのに
説教くさくないのが良い意味で驚きでした。
彼女、ちゃんと話は聞いてるんだけども、どうすべきか自分の価値観を
それほど勇者に押し付けないのですね。
むろん天使なので、窃盗や殺人などに対して駄目なものは駄目と言うんだけど、
それも常識の範囲内で、我を出してくる感じではないのが好印象でした。

確か6人まで勇者にできるのですが、そのうち管理しきれなくなります。
体感としては3人で充分な気がしました。これ以上増えるとフォローしきれない。
初の恋愛ハッピーエンドはリュドラルと迎えました。
本当はディアンを目指してたのですが、途中で失踪してしまったため
その間に頑張ってくれたリュドラルがエースだったディアンを追い越し
いつのまにかエースになっていました。
最終的にはリュドラルLv.70、ナーサディアLv58、ディアンLv.54。
ティアは途中で行方不明になりそのまま、ヤルルはLv36で
レベル差が追いつかなくなりました。
戦闘中、タイミングを見計らってフォローの魔法を繰り出すのがなかなか楽しい。

勇者のフォローといっても魔物の討伐指示や装備の提供、
信頼度や体力の管理などやることは多いです。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM