薄桜鬼 感想

  • 2017.09.01 Friday
  • 13:10
薄桜鬼 ポータブル(通常版)


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

※「ファンタスティックフォーチュン」をおすすめいただきまして、ありがとうございます。
プレイしたいのはやまやまなのですが、こちらはハードの問題でプレイが難しいかもしれません。
複数票入っておりましたので、ご報告まで。

===


豪華な夢小説を読んだ……


PSP版をプレイしました。真改は未プレイです。

言わずと知れたオトメイトのキラーコンテンツ。
敗軍の話であるため、「滅びの美学」を楽しむ作品です。
思ったより史実を意識した展開でした。
ただ、ところどころでファンタジックなアレンジはされています。

特に隊士たちの抱く思想について、史実を意識してはいますが、
キャラによってはかなり乙女向けに最適化されております。
新撰組や彼らの抱く思想に対して思い入れがない方や、
歴史をよく知らない方のほうが楽しめるかと。

いろいろと目につく部分はあるのですが、最大の難点は、
キャラクターの設定が制作者の都合によって付与されたものである場合が多いことです。
それぞれの設定が、各キャラクターの人生、価値観、思想、人格と紐付いていません。

不都合の発生しそうな場面にだけ場当たり的に設定が出てきて、
用が済んだらその設定は使い捨てられます。
そのため、全体を俯瞰して見たときに辻褄が合わず、
キャラクターとの間に細かな齟齬が発生し、違和感につながっているのが残念でした。

他に詳細な考察がたくさんあるかと思いますが、例によってこのブログは
自分による自分のための自分の解釈をまとめるブログですのでご容赦を。

ところで、新撰組の少女作品といえば、「風光る」という漫画がありますね。
途中まで読んでいたので思い出深いです。完結したら読み返したい。

以下ネタバレ感想。

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM