ファイナルファンタジー XV 感想

  • 2017.11.26 Sunday
  • 23:12
ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱 - PS4


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

野郎4人の旅路を描くロードムービーな雰囲気を軸にしたRPG。
オープンワールド形式が採用されていることもあり、FF15はそれぞれの旅路や
冒険そのものこそがメイン。到達点は同じであっても、4人でいかなる旅路を辿り、
どのような冒険をして思い出を紡いでいくか、その過程はプレイヤーによって異なります。

よって、シナリオはきちんとあるものの、あくまでも4人の冒険こそが
最も輝くような構成となっていました。
つまり、FF15は4人の冒険(あるいは、映画になぞらえて4人が
死体(=王都の死)を発見するまで)の過程をこそ楽しむゲームです。

王国や星の運命、王の使命にまつわるシナリオが可能な限り削ぎ落とされたのは、
4人の冒険の旅路をシナリオが食ってしまわないようにする配慮だったのではないかと思いました。

テーマソングである「Stand By Me」が示す通り、この作品のテーマの一つが
「友情」であり、「冒険」であり、「父と子」、「使命」、そして「絆」が主軸となります。

ただ、王子であるノクトが王の自覚を得て使命を果たす、この作品を青少年の自立の物語という
視点から見てしまうと、やや過保護な印象を受けました。
しかしその過保護さは良く言えば開発陣からプレイヤーへの親切でもあります。
それが如実に表れていたのがゲームシステム。

次の目的地、依頼内容などのガイドが常に表示され、採集系のクエストでは
採集範囲までも示される親切なゲームシステムは、私のようなへたれプレイヤーには
遊びやすかったです。
この親切さがオープンワールドであるはずのゲームに限度を示していた部分もあるので、
一長一短といえるかもしれません。
つまり、あちこちにガイドがあるだけに目指すべき場所が分かりやすく、
本来ならば寄り道を推奨するゲームなのに、その分かりやすさのせいで
思い出を作る前に手早くクリアできてしまうのが低評価の原因のひとつではないかと考えます。
戦闘のチュートリアルなども分かりやすい。

結婚を控えた王子の、独身最後の冒険というところからスタートしますので、
どこかバチェラーパーティーのような雰囲気もありますね。
しかしそうしたのんびりした冒険を続けることができたのは、ノクトの抱える使命の
悲壮感を和らげ、来たるべきときまで子どもらしく、人間らしく生きられるようにと配慮した
数々の人々に護られていたがゆえであることが、終盤で明らかになります。

「キングスグレイブ」「ブラザーフッド」共に視聴済です。
普通にキングスグレイブとブラザーフッドのネタバレも含みますのでご注意ください。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM