百花百狼~戦国忍法帖~ 五右衛門 感想

  • 2018.05.03 Thursday
  • 22:20
百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

追加シナリオも含めてフルコンプしました。
あれこれ言いましたが総合的に見れば悪くはなかった気がします。

名作というほどではないけど、佳作といってよいかもしれません。
ルートによっては死人が多くシリアス展開が続きますが、
あんまり細かいことを気にしなければ楽しめると思います。

月下丸・蝶次郎ルート:シリアス展開が続き死人が多いです。
黒雪ルート:黒雪の槐への執着が強く、見応えがあります。バッドエンドが好きです。
半蔵ルート:中盤までは◎。エンディングは、細かい部分を気にしないのであれば良し。
五右衛門ルート:大団円。明るい展開ですっきりします。最後がいいかな。

おすすめ攻略順は
月下丸→半蔵→黒雪→蝶次郎→五右衛門 かな。

自分は 月下丸→蝶次郎→黒雪→半蔵→五右衛門 でしたが、
月下丸と蝶次郎は話の展開が似ており死人が多いので、
先に鬱展開を終わらせたい方はこの順番がいいのかも。

ちなみに、黒雪が本命の方は黒雪と五右衛門の順番を入れ替えることを推奨します。
五右衛門を最後にしたのは、単純に読後感が爽やかだからです。

以下以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

百花百狼~戦国忍法帖~ 半蔵 感想

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 21:00
百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

半蔵ルートの感想です。

うーーーーん、途中までは良かったのですが、風呂敷を畳む段になって
いきなり雑になってしまった感は否めません。

また、半蔵ルートは他キャラよりも反復が多いのですが、
表現としての反復というよりは、単純に語彙力不足のために
同じ言い回しを繰り返しているような印象を受けます。

例えば、「慎重を期そうとして時期喪失する三成と、政には向かない激情的な淀殿」という
言い回しだけでそれぞれ別のキャラでルート中三回は言っているので、
表現力のなさを感じてやや白けてしまいました。
「その意気や、良し」も一回か多くても二回で充分かな。

月下丸ルートと似たようなイベントがあるのも残念です。
総じて微妙なルートでした。

以下以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

百花百狼~戦国忍法帖~ 黒雪 感想

  • 2018.04.29 Sunday
  • 21:32
百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

黒雪の感想です。

以下黒雪ルートのネタバレ感想。
続きを読む >>

百花百狼~戦国忍法帖~ 蝶次郎 感想

  • 2018.04.23 Monday
  • 23:00
百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

メインテーマが綺麗でお気に入り。
蝶次郎の感想です。

以下蝶次郎ルートと月下丸ルートのネタバレ感想。
続きを読む >>

百花百狼~戦国忍法帖~ 月下丸 感想

  • 2018.04.22 Sunday
  • 15:08
百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

悌太さんの美しいイラストが印象的な作品。音楽も好きです。
伊賀忍と甲賀忍の血を引く主人公がいよいよ初任務に臨むところから
物語が始まります。

思ったよりシナリオ内容は悪くないです。
あまり過剰な期待をしなければそれなりに楽しめると思います。
主人公は忍びにしては甘い、というのはお約束ではあるのですが、
忍びなのに、攻略対象の見せ場作りのための守られヒロインです。
基本的にちやほやされてお姫様扱いされます。

攻略対象の格好良さを描くために主人公は無能でなければならない、
この辺りに表現力のなさというか業というか闇を感じなくもないですが、
攻略対象に併せて槐の能力を下げるのではなく、槐の能力を上げてなお
攻略対象の魅力を描いてほしいというのは、求めすぎなのかもしれません。
逆に言えば攻略対象に守られる展開が好きな方にはおすすめ。

主人公が悪いというよりも、彼女の良さは精神が安定しているときに
発揮される部分が強いのですね。
だから不安定になると身動きが取れなくなるのですが、それって普通じゃん……
こう、主人公になったからには、もうちょっとなにか、一山越えてほしい部分はありました。

月下丸ルートでは、物語として、どうにか主人公の槐を役立たずではなく、
能力のある忍びとして描こうとしていることがひしひしと伝わってきます。
槐なりに努力しようとしてるのは分かりますが、
忍びなのに割とすぐ捕まって守られる印象が強いです。
クライマックスまで、なんだかんだ自分の手を汚さない。
それを「優しさ」と評されるのですが、実のところそれは「弱さ」ではないのか、という
疑念が投げかけられるところまではいくものの、主人公がその疑念に対して
うまく答えを出すことが出来ないままエンディングを迎えてしまうのが残念でした。

主人公のグラフィックが表示されるサードビューシステムは良いと思います。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM