Detroit: Become Human 感想

  • 2019.04.27 Saturday
  • 12:51
【PS4】Detroit: Become Human Value Selection



それは命か、それともモノか。


あなたの感情と、選択が運命を紡ぐ、壮大なオープンシナリオ・アドベンチャー。

舞台は2038年デトロイト。
アンドロイドが急速に普及し、誰もが携帯感覚で気軽にアンドロイドを所持できる未来。
しかし、「変異体」と呼ばれるアンドロイドによる殺人事件が増えていく。
変異体は“感情”を持つとされるが――
というのが大まかなストーリーの流れ。

高レビューなだけはある。面白かったです。名作といってよいと思う。
英語音声・日本語字幕が選べるのも嬉しいです(もちろん日本語音声もあります)。

群像劇であり、主人公はコナー・カーラ・マーカス。
凄まじい数の分岐があり、シナリオすべてに整合性が取れているので
なにも考えずにプレイしてもそれぞれのプレイヤー独自の物語になります。

一番人気はコナーとのことですが、全体を通してみても、
コナーが一番フラットな立場かなと思いました。

共感を集めやすいのは、コナー自身が戸惑い悩みながら進んでいく側面が
強く出たからかもしれない。あとハンクとのコンビは微笑ましい。
私は三人全員にそれぞれの魅力があるので全員好きです。

リアルなグラフィックには度肝を抜かれます。
細かいところで生活感を感じられるのがこのゲームの良さですね。
リアリティを感じられました。

音楽も素晴らしい。挿入歌が素敵ですね。
場面もあって感動しました。単純に歌がうまいのもポイント。

シナリオの内容もドラマティックでとてもよかったです。
ただ、アンドロイドへの接し方とかがアメリカ的だなという印象もあります。
文化が、という意味ではなく、アンドロイドを道具として切り分けられる感が。

日本では法整備は遅れそうだけど、アンドロイドを道具として扱う人と
家族など、「生きているもの」「愛するもの」として扱う人とできれいに分かれそう。
どっちかっていうとアンドロイドを利用した人間相手の募金詐欺とかが流行りそう。
あとアンドロイドを神輿にした新興宗教とかが流行りそうです。

難易度は選択できますが、いきなり始まるボタン早押しゲーム(QTE)は緊張感があります。
ADVなのですが、選択肢を選ぶだけではなく、なにかと操作しないといけないので
退屈という感じはしません。無駄なチャプターや動作が一切ないのもすごい。
省けるところは徹底的に省いていると思います。
フローチャートがいつでも確認できるのも◎。

スタート画面が物語と連動していて、なかなか憎い演出で好き。

ADVゲームの可能性を感じられる名作でした。
作るの大変だと思うけど、これぐらいシネマティックな作品が
もっと増えるとうれしい。


以下ネタバレ感想。

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM