DEATH STRANDING 感想

  • 2019.12.22 Sunday
  • 19:51
DEATH STRANDING


17歳以上対象、メタルギアシリーズで有名な小島秀夫最新作。
「死の座礁」というタイトル通り、愉快な雰囲気の作品ではないです。
万人受けはしないですが、刺さる人にはとても愛される作品だと思います。

ノーマン・リーダスとマッツ・ミケルセンが好きな人は楽しめます。
二人は作中とても輝いています。
ノーマン・リーダスもそうですが、マッツ・ミケルセンの輝き方が尋常じゃない。
マッツ・ミケルセンが好きならそれだけでおすすめです。

また、レア・セドゥ、リンゼイ・ワーグナーなどキャストが好きな人も◎。
ストーリーを楽しみたい人用のベリーイージーモードがあります。



デスストを楽しめる可能性が高い人

・ノーマン・リーダスが好き
・マッツ・ミケルセンが好き
・出演している主要なキャストが好き

・伊藤計劃が好き
・小島秀夫(または氏の構築する世界観)が好き

・おつかいが好き
・ストーリー重視のゲームが好き

・音楽のよいゲームが好き
・雰囲気のある作品が好き ※ずっとそんな感じです


ストーリーよりも戦闘やアクションを楽しみたいという人には退屈に感じるかもしれません。
単純明快なストーリーや、プレイしていて戦闘で爽快感を味わいたいような人には
はっきり言って向いていません。
小島秀夫監督のシナリオ、伊藤計劃系の雰囲気が好きじゃない人もやめたほうがいいです。
他の作品を探すことを推奨します。

また、小島秀夫監督が想定するターゲット層から乖離していそうなので
そもそもお呼びではなさそうですが、明記したほうがいいと思うので記載します。

妊娠・出産においてトラウマのある方はプレイがきついと思います。
特に流産経験者は、フラッシュバックが起こりかねないので
プレイ前によく考えたほうがよいです。
ストーリーが悪いという意味ではなく、関連するものを見るだけで
心を抉られるような気持ちになって辛い、という人には推奨しません。
ただ、ある程度自分の中で折り合いがついている人は、
最後までプレイすれば楽しめる可能性もあります。

作品としてこうした要素を貶めているわけではありません。
ほぼ最初から最後までBB(ブリッジベイビー)は中心的要素として物語に絡みます。

余談ですが、デスストをやりすぎたせいで、電車で赤ん坊が泣き出した際に
とっさに「あやさなくちゃ」と考えるようになってしまいました。


見てわかると思いますが、グラフィックは最初から最後まで非常に美しいです。
ノーマン・リーダスやマッツ・ミケルセンの魅力が惜しげもなく放出されます。

本作は「つながり」を重視しておりますが、プレイヤー同士で
非言語的コミュニケーションを楽しめる点も魅力のひとつ。
言動でそうと示さなくても、お互いの存在があって、誰かの足跡や看板に
勇気づけられるような、付かず離れずの距離感によるつながりを楽しめました。

ゲームのほとんどが移動に費やされますので、もうちょっと景色を楽しめたら嬉しかった。


既に橋などの施設を先行プレイヤーが築いているため後発組は楽しめない、
という意見が見られますが、まず構築した施設は時間経過によって劣化します。
存続には後発プレイヤーの資材投入が必要になります。
つまり、消えずにずっと残っている施設は必要性が高いから残っています。

各施設は消そうと思えば自分で破棄できますが、移動ルートの選択は自由かつ、
持てる荷物には制限がありますので、一人での攻略はしんどいと思います。

ギリギリの荷物と残り少ないバッテリー、というような状況では
先行プレイヤーのハシゴや橋、セーフハウスなどを見つけると
ほっとすることのほうが多いです。
特に看板は、道が間違っていないことがわかります。

また、行ったことのない目的地に到達するまでは、
先行プレイヤーの構築した建造物は出現しません。


なにもかもが事前にお膳立てされて退屈、ということはないかと。
他に施設があるとわかっていても、自分用に作りたくなるので
あんまり気にしなくていいと思います。


本作の登場人物は誰もが欠落を抱えています。

作品としてのメッセージ性はかなりはっきりとしています。
特に「分断社会」、あるいは「分断するアメリカ」というテーマは昨今のトレンドですね。
現代社会への風刺や、承認欲求による暴走、テロリズムの否定、
分断と対立ではなく、協調と融和(橋をかける)というモチーフが活きていました。

つながりによって徐々に前を向けるようになる、夜明けの空を見るような
やわらかな希望が感じられる作品でした。


細かい不満点もありますが、インパクトのある作品であることは間違いないです。
各施設との交流イベント的なものがとても単調であることは否定できません。
というのも人の大部分は都市にいて出てこないし、
プレッパーズ(孤立主義者)もほとんどホログラムでしか
姿を現さないのは、まあ予算などの大人の事情なのかなあと思いました。

UIの文字が小さいのは間違いない。アプデで修正されたようですが。


以下ネタバレ感想。



続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM