ラッキードッグ1

  • 2009.12.28 Monday
  • 02:43
ラッキードッグ1

物語は、その名を轟かせていたマフィアグループの幹部4人が芋づる式に逮捕されるという、前代未聞のスキャンダルから幕が開ける。

主人公はというと、刑務所の中。

同じグループに属するマフィアの一味、訳あって刑務所暮らしをしているが、一構成員でしかない主人公は、幹部が捕まっても、特に興味もなくのんびりと過ごしていた。
そんな時に、突如、チャンスは落ちてきた。
一構成員である主人公が、マフィアのボスになれるという、人生最大のチャンス。

そのチャンスを活かすか、逃がすか。

それは『LUCKY DOG』と呼ばれる主人公の運次第。


18禁BLADV。由良さん作画です。
同人ゲームなのですが、非常にクォリティが高くて度肝を抜かれました。
まず、各キャラクターが非常に魅力的です。捨てキャラはおらず、シナリオもデザインも文句なし。ちょっとした会話のやり取りも楽しい。
また、由良さんの美しいイラストも健在。立ち絵で魅せてくれます。
本作は先に述べた通り、キャラデザも非常に素敵です。イタリアンマフィアを題材にしているのですが、伊達男代表のルキーノや参謀役のベルナルドのスーツはいかにも仕立てが良さそうで上品ですし、かと思えばイヴァンやジュリオは性格が出ている服装と徹底しています。ジャンのユルそうなスーツもキャラの特性が出てて素敵。色合いも華やかです。色彩心理学的に注意を喚起する効果があるとされる黄色と黒を主人公のジャンに着せている辺り、ゆるぎねえな、と思わせてくれます。
立ち絵の表情も豊かですのでCGがなくても飽きません。自分はスーツ萌えなので非常に萌えました。ごちそうさまです。
そしてシナリオも見事です。本作は男性ライターさんが二人で書かれているようですが、時代背景や文化などをかなり調べていらっしゃるようで世界観にどっぷり浸かることが出来ました。マフィアが題材なだけあってみんなが本当にマフィアやっているのも好印象。「なんちゃってマフィア」はどこにもおりません。
イヴァンの口が本当に悪いのもいいですね。放送禁止用語がバンバン出てもOKなのも18禁同人ゲームの良さだと思います。スラングやベルナルドとジャンの言葉遊びのようなやり取りも楽しい。
ここ最近のBLの一番のヒットです。男の書く男の恋愛劇、いいですね! 本作は同人BLゲームの新たな可能性を示してくれたように思います。恋愛描写も丁寧です。男性ライターさんに学ぶところは多いですね。

個人的には第一印象からルキーノ、次点でベルナルドに決めていたのですが、ジュリオとイヴァンもかなり良かったです。特にイヴァン、実を言うと見た目から性格までまったく好みじゃありませんでした。
平たく言うと、うぜえな、って思ってました。
だってジュリオはジャンに懐いて可愛いのにイヴァンはやたら絡んでくるし口は悪いし見た目も好みじゃないしぎゃふんと言えばいいのに、って思ってたんですよ。

甘かった。

イヴァンの第一印象があまりにも悪くてプレイを放棄している過去の私をぶん殴ってやりたい気分です。
すげー萌えました。
何でさっさとプレイしなかったのか頭抱えちゃったよ。イヴァンはいい奴です。ごめんよイヴァン。人は見た目じゃないっておばあちゃんは言ってました。今度から人を見た目で判断しないようにします。

もちろん他のキャラも素敵です。ルキーノは重いシナリオだったけど痺れるくらいカッコイイし、ベルナルドは男の脆い感じが出てて恋愛描写も秀逸だったし、ジュリオはちょっと引いたけど「しょうがねーなと」可愛くなってきゅんきゅんしました。

由良さんの感性と二人のライターさんのセンスが絶妙に融合した良作です。また、声優さんもいい仕事しています。
音楽も迫力があり、システム面も不足はありませんでした。クイックセーブ&ロードが便利。背景も綺麗です。「ラッキードッグ1」なので続編があるかと思いますが、そちらも楽しみです。
以下、ネタバレキャラ別感想。
クリア順はベルナルド>ルキーノ>ジュリオ>イヴァンです。

ジャン・カルロ
我らのラッキードッグ、主人公です。ユルい性格といざという時の強運、ふざけたようなお茶目な言動、そして何より運だけに頼らない豪気な性格にみんなが惚れるのも納得。ぽっと出の主人公が次代カポとしての器のデカさを見せ付けてくれるのも爽快でした。言葉遊びが可愛いですね。

ベルナルド
生え際が危険な眼鏡のお兄ちゃんです。彼のシナリオは結構重いものでしたが、ベルナルドの弱さと、男が男に惚れた時の描写が秀逸でした。軽いBLだと「性別なんか関係ない、俺はお前が好きなんだ!」ってことで「ああそうなのか」と何となく終わっちゃうものですが、相手がノンケであること、分別のつく年齢であるがゆえのもどかしさ、でも結局この恋は絶対に実らないけどでも何か繋がりが欲しい、もっというと証が欲しいというベルナルドの心の動きがすごく、いい。
酔った勢いというのも「あるある」という展開で、二人の仲良さそうな会話の間にある壁が感じられて何というかつまりすげー萌えました。
ベルナルドがナスターシャにしたことは到底許されることではないのですが、コーサ・ノストラであることとベルナルドの立場を考えての苦渋の決断で、そう決めたはずなのにそれでもまた会いに行っちゃう辺りがベルナルドらしくもあり、弱いな、でもそこがいとおしいところでもあるな、と思ってしまった。ナスターシャはいい女ですね。こんな奴振って正解だよ。

ルキーノ
幹部内ダントツの伊達男。コーサ・ノストラ側の人間で、格好良かったです。他のキャラだと割と自分からも仕掛けるジャンがルキーノ相手にはされるがままなのも可愛かったです。全てが完璧なんじゃねーかと思ったものの、シナリオはこれまた重かった……。ルキーノにとってはオメルタとファミーリアが第一にあるのにあの過去はきつい。ボスに問い質すまでのルキーノの葛藤を思うと変なところがキリキリしてきます。
でもきっとジャンの存在が救いになってくれると思うとラストは清々しい気分ですね。声優さんの声がまた男らしくて素敵です。
ふとした瞬間にそれまでクールだったルキーノがキレるともうキュンと来ますね!!! ルキーノは他キャラルートでもひたすら格好いいです。格好いいです。大事なことなので二回言いました。

ジュリオ
マッド・ドッグと噂される凄腕の斬り込み隊長。しょっぱなからやたら懐いてくるので可愛いなーと思っていましたがまさかの変態趣味に全国一万人の乙女もドン引きですよ。
でもそんなジュリオを受け止めちゃうジャンの器がデカすぎる。ジャンが舵を取ればジュリオは平静でいられるので、お似合いの可愛いカップルだと思います。他キャラルートでもひたすらジャンの心配をしているジュリオが健気すぎる……。

イヴァン
前述した通り、イヴァンなんて全然眼中になかったんですよ。
その所為でコンプ間近だったラッキードッグを二ヶ月ぐらい放置してたくらいです。だってあいつ生意気なんだもの。見た目も何か恐いんだもん。出来たら関わりたくないと思うじゃん。

そんな感じで第一印象は最悪だったんですが、やられました。

萌えたよ。イヴァンルートはプレイしないともったいない。
シノギでどうやって女たちをうまく転がしてるかとか、アンの下りとか、とにかく笑って笑って萌えた。
また、イタリア系でないと認められない厳格なコーサ・ノストラにおいてほとんどの兵隊がアメリカ系などイタリア人でない事実、そしてそれをまとめているイヴァンが確信を突いたヴィジョンを持っているのにジャンと一緒になって思いっきり感心しました。コーサ・ノストラ代表のルキーノがキラリと光るルートでもあったと思います。意外にまともなんですよね、イヴァンは。そして優しい。「兄貴」って呼ばれるのにも納得です。こんな人が頭だったら喜んで弟になっちゃいそうだ。「この人のために死んでもいい」って思わせるところがありますね。ただ兵隊はイヴァンにとってあくまでも「部下」で「庇護の対象」「面倒を見なきゃいけない存在」であり、対等に背中を預けられる存在ではないので、ジャンとつるんでいくことで仲間を信頼していく流れがとても良かったと思います。
でも個人的にはロザーリアと結婚しちゃってもそれはそれでアリなんじゃないかな。あの子かわいいし。

攻略はちょっと難しいです。ルートに入るのは簡単ですが、ベストエンドを見るのはなかなか厳しいかもしれません。
脇役もラグトリフやトカゲみたいな恐い敵の人(名前忘れた)(……)など、個性がはっきりしていてキャラがイキイキしていました。

オススメです。BL好きで重い話、下ネタ、女絡みでもOKならば是非どうぞ。
コメント
この前はコメントの返信ありがとうございました♪

初めてプレイしたBLゲームがラキドで、最初は放送禁止用語にドン引きしたのですが、慣れちゃうと平気なものですね(^_^)
最初は男性らしい感じの文章が苦手だったのですが、キャラもストーリーもかっこよくて、今では好きな作品です。

>まさかの変態趣味に全国一万人の乙女もドン引きですよ。
私もその中の一人です(^_^.)でも基本的になついてくるジュリオはかわいい。
  • ちーこ
  • 2013/04/08 1:15 AM
ちーこさん、こんばんは!
またコメントいただきましてありがとうございます!!

ラキドのピー音にはビビりますよね(笑)
でも今はあれがラキドの味になってる気がするので面白いです。
疾走感があってテンポも良いし、良い作品ですよね!私も大好きです。

ジュリオかわいいですよね、分かります(・∀・)
あの犬のような従順さがいつしか癖になって……っ

コメントありがとうございました!
  • 大樹@管理人
  • 2013/04/08 9:49 PM
イヴァンもう大好きです!最初つんつんしてたのが初エッチの後から
雪崩をうってデレてくるんだもの。イヴァン様の七変化や「立ちんぼさんの
小路」思わず赤毛のアンを引っ張り出して読み耽りましたよ。
そしてあのトゥルーエンドの最期に優しくかけられるジャンさんの声・・・。号泣しました。badeggが出るまで交通事故と病気に気をつけて
自然災害と猟奇事件も起きないよう祈っております。何かあると、すぐ
ゲームのせいにされて発売自粛とか延期とかされるのが哀しいです。
  • nobara
  • 2014/02/12 6:52 PM
nobaraさん、こんばんは!
イヴァンのデレっぷりにはときめきますよね!
赤毛のアン読みたくなる気持ち分かります!イヴァンかわいすぎです。
トゥルーエンドの演出も良かったですね。
二人があのままずっと、固い絆で結ばれて一生をともにしたっていうのが
伝わってきてぐっと来ました。
badeggも楽しみですね!!
ファンも多いですし、無事に発売されるのではないでしょうか?
予定通りに出るとすれば、2014年末ぐらいになりそうですね。
確かになにかあるとゲームにされる風潮は残念です。
またCR:5の活躍が見たいですね!!
  • 大樹@管理人
  • 2014/02/12 9:16 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM