つばさの丘の姫王

  • 2011.08.01 Monday
  • 22:34
18禁女主人アドベンチャー。つばさの丘の領主であるヴィヴィアンと彼女を取り巻く人たちの物語。本作は設定がちょいと複雑なのですが、とりあえずファンタジーで女王様攻めです。これだけ覚えておけば何となく把握できる。はず。

女領主ヴィヴィアンは800年以上つばさの丘を治めてきた。ヴィヴィアンは19歳になると赤ん坊に戻ってしまう性質があり、それは彼女が己の対となる存在、ダウスと生まれた時から戦う定めにあるためである。
ダウスが勝つとこの世に「永遠の夜」が訪れる(つまり世界が滅ぶ)ため、ヴィヴィアンは決着がつくまで永劫にダウスと戦わなければならない。
これはそんなヴィヴィアンに護られてきたつばさの丘に住む街の人たちと、ヴィヴィアンを支える従者たちの物語……と無理やりまとめると大体こんな感じです。

女王様攻めなので、攻略対象は基本的にM気質。攻略対象は執事×3、料理人、メイド長、もふもふとその他たくさん。この中でまともにエロシーンがあるのは執事2名と料理人のみ。

システムは快適で、絵が素晴らしく綺麗です。
立ち絵も豪華なので、見ているだけでうっとりしてしまいます。
「セーブしますか?」のワンクッションは設定でオンオフを切り替えられます。

乙女ゲーにしてはかなり勇気のあるテーマに挑戦してくれて期待度が高まったのもあるかもしれませんが、シナリオは少々物足りない気が。
プロットを表面だけなぞったような印象を受けます。視点が統一しないのも読みづらい……。街の人たちや他の使用人の細かい会話が盛りだくさんで、ウィングフィールドの人たちの生活が見えたのは好印象でした。
世界観や設定がきちんと構築されていて、キャラ設定も良いし会話のやり取りは楽しい。
ヴィヴィアンの声がよく合っていました。

以下ネタバレ感想。
萌え、って感じのシナリオではなかったです。私はエロにそれほど執着がないほうなのですが、それにしても女王様キャラで売り出したにしてはエロが少なかったように思います。キャラの感情に厚みがないので、他のキャラもそうなのですが特にヴィヴィアンの気持ちの動きがよく分からなかった。致命的なのは、ヴィヴィアンが今度のフェニキアクスでダウスに負けてしまうかもしれないのに、その悲壮感がまったく感じられなかったこと。キャラによってはラストワルツのイベントでどうにか察せられる程度で、エンディングも各キャラ全部同じ展開なのが残念でした。世界観が素敵なだけに、余計に。何と言うか、メインヒーローのクリストファーはとにかくとして、他のキャラのエンディングが「俺とヴィヴィアン様〜こんな最期だったら俺幸せ☆妄想劇場〜」って感じで、ヴィヴィアンがよりによってそんな選択するか?という行動をしてエンディングになるので、物足りなかったです。ヴィヴィアンのキャラがしっかり定められていて、しかも女王様系で達観していて超人主人公だから、エンディングに近づくにつれ消滅どころか世界が終わるかもしれない、という展開にまったく説得力がない。ヴィヴィアン様なら何とかするだろ、と思って冷めてしまいます。超人主人公ならそれはそれでいいのですが、なら攻略対象がマグロ状態じゃなくてもう少し主体的に動いてくれないとさあ。「ヴィヴィアン様がそう仰るなら……」とかうじうじされても困るよ。だってヴィヴィアン様が手を出さないと何もしないという、揃ってドM根性丸出しなんだもの。八角に萌えたのは、唯一八角だけがヴィヴィアンを喜ばせるためにすごい努力してケーキ作ったからだと思います。だって、八角って犬なんだよ。なのに一生懸命文字覚えて(ここから始まる)、すごい苦労して料理本読んで、ケーキ作ってくれて、誕生日パーティーしてくれんだよ。他の人間たちはみんな自分のことでいっぱいいっぱいの中で、八角だけが心底ヴィヴィアンのことだけを考えて実際に行動してくれてるんだよ。萌えるに決まってるじゃないか。なのに一生に一度の発情期が来ないって本当にどういうことなの!!!!!!そのおいしい設定は!!!何のためにあったの!!!DTはクリストファーがいるからもういいのよ!!!!!!!
このゲームで一番うるっと来たのは、ジョン爺が手をふるふるさせながらヴィヴィアン様をなでなでするところです。
あと撃墜イベント楽しかったです。ノエルさんがありえねえぐらい受けでびっくりしたよ。でもこのゲームには攻めがヴィヴィアン様しかいないので、圧倒的にマグロだらけで魚市場状態です。

以下、キャラ別感想

ヴィヴィアン様
総攻め主人公。女王様キャラが良い意味で可愛い。声が合ってて、ヴィジュアルも素敵。エロCGはもう少し快感にあえぐ顔が見たかったよ。

クリストファー
後半名前を忘れました。本作のメインヒーロー。なぜか他キャラ攻略時でも選択肢を外すとクリストファーにプロポーズするような流れになって???ってなった。なんかよくわかんないけど幸せになったみたいで何より。クリストファールートはエドリックが可哀想。

エドリック
「私は自分が嫌いなんです……」「私のせいで、ヴィヴィアン様が……」としょっぱなからうじうじうじうじうじうじうじうじ絶好調なエドリックさんはキャラだけを見ればとても良い受眼鏡でした。声が超素敵。中の人ぐっじょぶ。シナリオはヴィヴィアン様が可愛かったです。そら、未だにぐじぐじぐじぐじ前世のことを悩まれたら「幻滅だ」って言いたくもなるよ。でもヴィヴィアン様、エドリックに「エドリックがここにいてくれるだけでいいんだ、幸せになっていいんだよ」ということを行動で伝えようとするのはいいのですが何故その手段として3Pを仕掛けたし……いや、喘ぎおいしかったです。ごちそうさまでした。でもそれじゃわかんないと思うよ……エドリックって「自分のせいでヴィヴィアン様が」とかぐじぐじしてる割に自意識過剰というか、実は自分のことしか考えてないですよね。ラストバトルで選択肢によってはヴィヴィアン様がキレて「お前なんかもう知るか!そのまま死ね!!」って言うのも無理ないよ。そんなエドリックが18禁BLに出張してくるのを、正座でお待ちしています。

ティーズ
エロ担当の闇の精霊。……の割に、エロが物足りない。つーかヴィヴィアン様、そこで「私を騙していたのか?」って、800年の間に構築した信頼関係は何だったんですか……800年、一度もまともに向き合ってやらなかったのかよ……ちょっとティーズが可哀想だYO!

ペチュニア
どうして!!!!セシルとしてヴィヴィアンを犯すイベントがないのか!!!!!エンディングは本当にifエンドって感じで切ない。ペチュニアエンドは物語の本筋じゃないんですよ、って言われてる気がして。

八角
前半で色々書いてしまったのですが、愛すべきもふもふです。

ダウス
報われないおじさん。あまりに引きこもり期間が長すぎたせいで変な風にひねくれてしまいました。でもヴィヴィアン様があれだけつまみ食いしてたら「淫売」呼ばわりされても仕方ないと思うよ。ダウスのヴィヴィアン陵辱エンドがないのが納得いきません。

ここまで書いて気付いたのですが、キャラクターが物分りが良すぎるのが原因なのかもしれません。もっと葛藤したり、感情を爆発させたりしてもいいのでは……。乙女ゲームに新ジャンルで売り出すから様子見の一本だったような気もするので、次作に期待です。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM