AMNESIA(アムネシア) ケント感想

  • 2012.09.01 Saturday
  • 21:30
AMNESIA(アムネシア)


ケントルートの感想です。
以下ネタバレ感想。
ケントさん
最初からケントさんが主人公とどうにか距離を縮めようとすごく努力してるのが伝わってきて微笑ましい気持ちになりました。
そっけないメールとか、話し合おうって言ったくせに半ギレだったりとか、甘酸っぱい恋心がガンガンで微笑ましかったです。そりゃ、彼女に離れた席に座られたら喧嘩売ってんのか?ってなりますよね。かわいそすぎてちょっと笑う。主人公の返信がなかったのも、気持ちの整理がついてなかった感じがすごくよく分かりました。

ケントさんはまっすぐで、割と分かりやすい人なのでプレイしていて安心感がありました。
あんなことがあった後に告白とか、彼の鈍感さはある意味すごいと思います。
憎まれてるかもしれないけどでも私は自分の気持ちを伝えたいんだ、という辺りはいかにもケントさんて感じです。それだけ好きになっちゃってたってことなのか。
そのおかげで早い段階で主人公にも信頼されるのですが、どうやら記憶を失う前の主人公はケントさんとあまり仲がよろしくなかったらしい、というのが面白かったです。
そりゃあんなことがあったら前の主人公は心中複雑だったと思います。
好きだったからひどい言葉に余計に深く傷ついて、とてもじゃないけど素直になれなくて喧嘩してしまうんですよね。好きだけど許せない、いっそ記憶をなくしてしまえたら、という前の主人公が心情が伝わってくるようでした。

主人公の異変に気付いていながら、好きだから信じたくないとつい自分にいいほうに解釈してしまうケントさんはすごく恋してる感じが伝わってきていいです。都合の悪いところは見ないようにしたい。明らかにおかしいのに認めたくない。合理的思考の持ち主であるケントさんの、理屈ではとても割り切れない切ない恋心が見えてきて萌えました。

はたから見るとバカップルそのものなルートなんですが、ケントさんの理屈っぽいところがすごく出てて「なにこの人?」な感じが良かったです。頭をわしゃわしゃやったりとか、嫉妬したりとか可愛い。頭の中は煩悩で満たされてるんだろうなーと思ってにやにやしました。
愛のために何もかも投げ出してしまうグッドエンドも好きですが、ノーマルエンドのお別れのシーンも切なくていいです。空港で主人公から離れられないところは、いかにもカップルって感じでいいですね。その後のメールにもぐっと来ます。その後の展開が楽しみなエンディングでした。

ただ、ほんとすみません、揚げ足取りなのはわかってます。他の皆さんが「あらまあフフフ」と和やかにスルーしてるのは分かっていてそれでも突っ込まずにはいられないんですが、ケントさんドヤ顔で「英会話も教えてやるぞ」とか言って、「遅れてすまない」とかいう簡単な英語を、すごく堂々と間違えてるのは痛いです。院生で、秀才設定なのに……数学での留学だからとはいっても、これは……。
しかもエンディングだから余計に気になります。せっかくのシナリオがもったいないです。
I'm sorry for waiting は典型的な日本語直訳英語で、「遅れてすまない」はI'm sorry to be late でもっと言うと親しいんだから Sorry, I'm late とかでいいじゃん…いや…まあ英語なんてどうでもいいですよね…分かってるけど……ケントさんがすごく間抜けに見えます。
待たせてすまない、ならI'm sorry for kept you waitingだし、とか、すみませんもうやめます。そんなおちゃめなところも可愛いってことですね。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM