ダンガンロンパ

  • 2012.12.11 Tuesday
  • 20:40
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Best


ハイスピード推理アクションADV。17歳以上対象。

公式によると、本作は
殺人事件の真相を暴くため、議論の場である学級裁判で
アクションを駆使して相手を論破する、新感覚のゲームです。


舞台は超一流の高校生を集めた政府公認の高校、私立希望ヶ峰学園。
平凡な主人公、苗木誠は抽選によって1名だけ選出された「超高校級の幸運」として
この学園に入学する。だが入学式の日、突如意識を失ってしまう。
目覚めたら学園は密室となっており、閉じ込められていた。
そして謎のぬいぐるみであるモノクマに、
「一生閉鎖された学園で過ごすこと、外に出たければ殺人をすること」を宣告される。
次々に起こる殺人事件。
同じく閉じ込められた15名のクラスメイト達と共に、
苗木誠は恐怖の学級裁判に挑むことに……という感じで始まります。

あまり推理が得意なほうでもないのですが、ゲーム自体が
ユーザーを置いてけぼりにしないようにすごく親切に出来ているので
プレイしていて行き詰まることはありませんでした。
失敗してもリトライできて親切です。
難易度設定も「シンセツ」「ユルヤカ」「イジワル」から選べます。

また、会話劇だけではなくあちこち探索し、推理を固め、
相手の発言の矛盾を指摘することで
視覚的に「論破」することができて爽快感があります。

例えば、
「マシンガントークバトル」はリズム感覚を試される音ゲー要素が強く、
「閃きアナグラム」はシューティング要素が強いなど飽きない作りでした。

緊迫した舞台設定と個性豊かなキャラクターが楽しいです。
基本的に追い詰められた状態で「卒業」を勝ち取るために
殺人事件が発生し、犯人を突き止めていく陰鬱な展開なのですが
キャラクター同士のかけあいが楽しく、
笑ってしまうことも少なくありません。

特に大山のぶ代さんの演じる「モノクマ」があまりにもシュールで
インパクトがすごい。当分忘れられないと思います。
さすがに某猫型ロボットとは違う声色を使ってますが
どこか毒のある演技は必聴。
セーブロードはいつでも出来て、システムは非常に快適でした。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

キャラクターと親交を深めて仲良くなると「スキル」を得られますが
大筋のシナリオに変化はありません。キャラ別エンディングもなし。
会話を重ねているうちにそのキャラそれぞれの事情を聞けます。
ただ、キャラが本当にぶっとんでるので仲良くなるのが苦になりません。

また、特筆すべきは音楽。暗すぎず、のんびりとしすぎず、
どこかこちらの焦燥を駆り立てるような奇妙な明るさで
あのシュールな世界観をこれでもかと引き立ててくれています。

あと本作は殺人事件があるので、当然死体が出るのですが
血液をショッキングピンクで表現してるので多少グロさが緩和されています。
シナリオ展開上、割と暴力シーンが多いですが
シュールな表現によって却って衝撃的で、胸に迫るものがありました。

ボイスは、学級裁判のみフルボイスで、非常に盛り上がります。
通常パートは一部だけボイスありですがあまり気になりませんでした。
むしろこれぐらいでちょうど良かったです。

シナリオはドキドキの連続なのですが、笑いあり涙あり、
意外な展開やどこか熱さもあってとても楽しかったです。
演出も非常に凝っていて、操作性も良かった。

ただ、毒のあるシナリオ展開と演出なので倫理観の強い人や
道徳観念の強い人は受け付けない部分があるかもしれません。

具体的には、殺人事件の真相を学級裁判で追求すると、
皆に見つかった犯人は「おしおき」、つまり処刑されます。
この処刑シーンはかなり力が入っていて、シュールで残忍です。
なかなかエグいので、この部分を聞いて抵抗感を覚えた人は合わない可能性があります。
でも逆にグロさを期待してしまうと肩すかしかもしれません。

ただ、そんな絶望的な状況の中で精一杯あがく主人公と、
そんな主人公が数多の事件を乗り越えて黒幕を追い詰める展開は
胸が熱くなるものがあります。

ネタバレを一切見ないでプレイしたので、自分はすごく楽しめました。
単純なので基本的にミステリは推理しない(できない)で進めるのですが、
ダンガンロンパは程良い難易度で自分にも推理できて面白かったです。

推理のトリック自体はそこまで複雑なものではないので
ミステリマニアを自称する方々は過剰に期待しないように。
ミステリはかくあるべき、みたいなこだわりのある方は
受け付けないかもしれません。

ダークでシュール、なのにポップな意欲作。
逆転裁判が楽しめた方には間違いなくおすすめです。

以下ネタバレ感想。
クライマックスは燃えました! 熱い展開でしたね。
特に最後の議論で、一人一人に照準を合わせて論破していく演出が
すごく良かったです。盛り上がりました。

「絶望」がテーマにある通り、まさに絶望的な状況に追い詰められて
絶望的な展開により罪を犯してしまい、絶望的な「おしおき」をされていく。
そんなしんしんと絶望が積み重なる中で、最後に絶望に立ち向かうものは何か?
絶望の前に人間は屈してしまうしかないのか?
この展開が、やっぱり胸を打つものがありました。
これまでの絶望があったからこそ生きるラストだったと思います。

黒幕の次々変化する声色も、まさに声優さんの本領発揮!という感じでした。
モノクマの腹黒で下ネタ満載なところも笑った。
主人公の苗木の助けになるような頭脳派が二人いたのもバランス良かったです。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

キャラはみんな好きですが、何と言っても腐川さんですよね。
あの痛々しさといい、ぶっとび加減といい、好きです。
黒幕もそうですけど、腐川さん役を始めとした声優さん達の熱演が素晴らしかった。
どのキャラも本当に濃くてびっくりしました。

ほんとに面白くて、夢中でプレイしたゲームでした。2も買うと思います。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 (通常版)


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM