華アワセ 蛟編 いろは感想

  • 2013.01.10 Thursday
  • 22:30
華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)


いろはルートの感想です。

以下ネタバレ感想。
『華アワセ』応援中!

サイボーグかよ、とばかりにいつも淡々としているいろはさん。
あからさまにツキの半身に感情置いてきちゃった感じ出てた
いろはルートは、いろは自身が恋を自覚することも出来ないままに
哀しい終わりを迎えてしまう切ないシナリオでした。

「月は決して私を照らさない。決して……」
諦めモードだったいろは。でも蛟を想って泣くみことちゃんに、
自分とパートナーを組めばいい、とつい言ってしまう。
抑えきれない恋慕とせめぎあう理性、いろはの封印されているはずの感情が
一瞬だけ見えて、感情を失うって恐ろしいことだなと思いました。でも萌えたよ。

あと百歳さん頼りがいありすぎて惚れる。ヒーローは百歳さん。
最初、パートナーにいろはを選んだらどうなるかとハラハラしてたんですが
さすがにいろはをよく分かってるから動じないのがさすがでした。
百歳さんをちょっと甘く見てた。格好良すぎ。
年の離れた姉弟みたいなやり取りに和みました。

地仙組の水妹を一蹴する百歳さんの貫禄がすごいですね。
やっぱすごく影響力あったんだなあと感心すると同時に
多分百歳さんてすごい格式のある家のお嬢様で、
委員長いわく「一般人にとっては雲の上の方」だから
みことちゃん以外にはそんなに優しくないんだろうなあ。

呼吸がぴったりの百歳さんといろは。
出る幕がなかった実力不足の自分が悔しくなり
先生に力を借りて特訓の流れは応援したくなりました。
いろはルートだと百歳さんと絡みが多くて嬉しいです。

感情がないゆえに機械的な反応しか出来なくて、
それにみことちゃんが哀しんだり戸惑ったりしてるのを
いろははどういう思いで見ていたのか。
表面に出すことが出来ないけど、百歳さんに怒られ、
「優しくしろ」と言われて優しくしようとするのは
「どうやら悪いことをしたらしい」という認識があるからですよね。
自分が分からない部分で好きな子が傷ついてるらしい、って
いろはにとってすごくて苦しくて哀しいことなんじゃないかと思いました。
感情が極端に抑圧されてて、理解も出来ないのに
どうしても溢れ出るみことちゃんへの恋情。
でもそれが自覚できないからうっすらした不快感と苛立ちだけが募るいろは。
拷問だろ……。
誰かいろはさんにカンペ見せてあげて!。゚(゚´Д`゚)゚。

いろはの好意ってすごく分かりにくいけど、
おやつをあげる=優しさ、てのが分かりやすくて笑いました。
マシュマロとかりんごチップスとかほわっとします。
この後みことちゃんがお礼にりんごチップス作ってくれるんですけど
一瞬自分だけがもらえたんじゃないかって期待してる様子が(ノ∀`)σ ハハコヤツメ

でも蛟への敵愾心とか嫉妬が凄まじくて怖いです。小姑かよ。
いろはは何らかの理由によって感情を抑圧されているから
逆に自分がみことちゃんに好意を抱いてることも自覚できなくて
訳の分からない怒りに振り回されてるからああなっちゃったのか。

犯人の決定打は見つからないまま、蛟が怪しいってことで蛟を拷問するいろは。
その根底にある隠し切れない嫉妬と、それに気付く蛟。
いくら拷問を加えても「心までは殺せないから一思いに殺してくれ」
横恋慕でしかないいろはにとっては「お前のやってることは無意味」
宣告されたようなもので、もうプライドとかボロッボロ。
試合に勝って勝負に負けました状態。

だから勘の良い先生はそれに気付いたからこそ、中に入ろうとした
みことちゃんを止めるんですよね。
「今ここで入ったらいろはが可哀想だから」という理由で。
そりゃ、みことちゃんの想い人に完全敗北した上にその場面を見られたとなったら
既に「もう止めて!いろはのライフはゼロよ!!」状態なのに
薄皮一枚で保ってるプライドにまでトドメ刺してやるなってことですよね。先生優しい……。

月見会では百歳さんを差し置いていろはは無理やり主人公と華アワセ。
この辺りもいろはのみことちゃんへの執着が見えて切なかったです。
その後は連戦に次ぐ連戦。いくら倒しても湧いてくるうつろひ。
ついにいろははそれを主人公が呼び寄せているとして、
「ツキを違えたから」とやけくそになって主人公を襲います。
で、間一髪のところで姫空木と蛟が登場。この友情が健在で嬉しかったです。
姫空木ルートが酷かったので本当に和みました。

そして、真にうつろひに取り憑かれていたのはいろはだったことが判明する。
いろは戦の後、
あれだけボロカスにやられたのに、まだ残るいろはへの尊敬と
同じ恋心を持つ者への共感から蛟が言う一言が優しいなあと思いました。

いろはルートは、いろはが普段、感情の起伏がまったくないからこそ
何気ない部分で出るみことちゃんへの恋心が執着になり、
少しずつ少しずつ歯車が狂っていく感じが切なくて良かったです。
うつろひに取り憑かれているのが分かりにくいからこそ
最後まで自分自身も変化に気付くことが出来なかった。
感情が分からないからこそ恋も理解できないまま、
想う心ごと否定していたいろはの結末は、
彼がようやく解き放たれたことの表れでもある、というのがまた(´Д⊂グスン
やっぱりツキの半身はいろはで間違いないっぽいですね。
半身さん早く戻ってあげて……

そして最後、みことちゃんのあげた
りんごチップスを、あの無頓着ないろはが毎日少しずつ、
大切に大切に食べていたというのが明らかに(´;ω;`)ウッ…
どうしてここまで大事に食べていたのか、
いろは本人はきっと分かってもいなかったのが……おおお……

結局主人公は交通事故死。
そして最初に戻ります。
ハッピーエンドはいろは編を待つしかないから買えってことですよね分かります><
コメント
初めてコメントさせて頂きます。
私もいろはルートをやっと攻略できました‼
私もこの記事に書かれていることまんま感じてました!
いろはさんがまた好きになりました(笑)

いろは編待ち遠しいですね(^^)
  • ましろ
  • 2013/03/25 10:43 PM
ましろさん、初めまして。こんばんは!
いろはさんは切ないキャラですよね!!
自分で自分の感情が分かってなかったのがまた……(´;ω;`)

コメントありがとうございました!
いろは編、楽しみですね!
  • 大樹@管理人
  • 2013/03/26 1:04 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM