Glass Heart Princess (グラスハートプリンセス) 朝比奈天馬 感想

  • 2013.01.16 Wednesday
  • 21:36
Glass Heart Princess (グラスハートプリンセス)


少女漫画の古き良きお約束=王道ネタを詰め込んだ上質なネタゲー
終始コミカルで王道ネタがこれでもか、これでもかとやってきます。
まずもう攻略対象がやばい。

雨の日の捨て犬にそっと上着をかける不良、
倒れた主人公を優しく介抱する保険医、
伝説の木の下で出逢った謎の美青年、
そして、執事兼ボディガード。

これだけでなく攻略対象は他にもいじめか?というぐらい
いつかどこかで見た王道ネタの設定にまみれています。
彼らがアイドルをやらされた時は、さすがに気の毒になりました。
声優さんのキャラソンまでばっちり充実してるよ!

そんなお約束に漏れず、主人公は才色兼備のお嬢様で
みんなに慕われる学園のマドンナ。
いわゆる超人主人公。「お姉様」と呼ばれて後輩に慕われまくっています。
でもそれが嫌味じゃなく、おっとりしてるのにツッコミ体質で共感できて可愛いです。
主人公に好感が持てるので、この王道ネタにまみれたコミカルさを
イライラすることもなくのほほんと眺めていられます。

物語はそんな主人公、京子さんがときめくと死ぬ謎の奇病に冒されたことから
手っ取り早く攻略対象とデートを重ねて心臓を鍛えようというもの。
もちろんツッコミ待ち。

シナリオは、一言で言うとぶっ飛んでいます。
間違ってもシリアスで泣けるシナリオとか、上質なシナリオとか、
そういうものを期待してはいけない。
大体がネタなので、まじめな恋愛を楽しもうとすると痛い目を見ます。
何が起こっても動じない海のような広い心で臨みましょう。
ぶっ飛び設定が駄目な方は回避したほうが無難です。

どれぐらいぶっ飛んでるかというと、パン屋の息子と恋愛してたら
実は彼はお忍びでバイトしていた某国の王子様でした
、というぐらいぶっ飛んでいます。
※こんな攻略対象はいません

主人公は心臓を鍛えるために訓練しつつ、週末は攻略対象とデートに勤しむという
シナリオもへったくれもないような素晴らしく分かりやすい内容なので
ネタをネタとして楽しめる方は手っ取り早く萌えられて楽しめるはず。
王道設定を詰め込みすぎて逆に斬新になってます。
また、ちょくちょくアニメや映画ネタなどもあり、分かる人はにやっとします。
その他に過去のオトメイト作品ネタも混じってます。

この調子で楽しく話が進行していくので、
重箱の隅をつつくようなツッコミはむしろ無粋。

おいwwwwwwこれはwwwwwwねーよwwwwwwwwwwと
腹を抱えて笑いつつ、ネタの数々に(・∀・)ニヤニヤするのが正しい楽しみ方です。

以下ネタバレ感想。
朝比奈天馬


京子さんがあまり物事に動じない子で可愛いですね。
皐月さんの「あわやCGゲット」に思わず吹き出した。

用務員と他の先生の代役と保険医を兼ねてる先生。
人はそれを、パシリと呼びます。

もう出逢いから飛ばしてますね。
膝枕に「無理しなくていいんだよ」ですからね。
いいですね、こういうの好きです。

最初は教師だから、デートをうまーくはぐらかされたかな?と思ってて
断ってないけど正確なデートでもない絶妙感がすごいなとか思ってたんですが
こいつガチでした。躊躇いとかそんなもん最初からなかったんや……

とりあえずツッコみたいこと
・おいおいおいワイン一気飲みすんなよ、ビールじゃねえんだぞ先生
・焼き芋の食べ方が分からない京子さん可愛い
・ラブレター送ってきた子の声が思いの外爽やかで、正直彼のほうが好みです
・(とにかく、早く断らないと命が……)笑
「あなたにも命を大切にしてほしいですし」どんな断り文句だwww

どうしてもこの教師の立場で考えてしまうんですが、
普段パシリで他の教員にいいように使われてたのが
みんなの憧れのお姉さまで学園のマドンナに
好意を持たれて告白の相談とかされんのって
すっげえ気分いいだろうな。鼻高々だろうな。
しかも大人ぶれちゃうとか役得すぎんだろ

先生の家庭の事情(笑)でクリスマスが祝えずカマクラ作ってる時に
「目標は3LDKで庭駐車場付き!……でどうかな?」
「ふふ、そんなに狭くていいんですか?」(悪気はない)
このやり取り好きです。京子さんお嬢様だもんね。そらそうだ。
「不良の方」とか、そこはかとない部分で匂うお嬢様育ちなところが可愛いです。

で、はい来ました、
みんな大好き吸血鬼

外さないですね。ほらほらお前らこういうの好きだろ?という
スタッフのほくそ笑む声が聞こえてきそうです。

もうここからはツッコミ入れるところしかないので割愛しますが
保険医、吸血鬼、マフィアのボス と先生大忙し。こいつほんとはどこの国の人なの?
もちろん頼んでもいないのにベラベラヒーローの過去を
勝手に語りだす敵キャラも健在。

吸血鬼って何だったっけ?、とゲシュタルト崩壊しそうになりながらも
最後は期待を裏切らないハッピーエンドは本当に王道で良かったです。
ノーマルエンドも微笑ましくて好き。

次は伝説の木で出逢う謎の美青年(笑)に行ってみます。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM