トリック・オア・アリス シャドウ感想

  • 2013.02.01 Friday
  • 22:27

まずは双子の片割れシャドウの感想です。
あまりにも危険な匂いがぷんぷんするので最初に特攻してみました。

以下ネタバレ感想。
シャドウ


猜疑心の鬼

自分が失敗したカップケーキをアリスの目の前で噴水に捨てるシャドウ。
もうどう考えてもやばそうなのでシャドウからにしました。

ものすごいめんどくさい人です。
優しい笑顔の仮面の下で時折冷酷になるシャドウ
そんなシャドウの冷たい顔を悟りつつも惹かれてしまうアリス
黒うさぎに散々甘やかされてきた反動でしょうか。

アリスと名付けて大切にしてた花もシャドウが
あっさり窓から投げ捨てたことでアリスは動揺します。

まあそりゃな。未来の自分の姿だもんな……

「花が咲いたから捨てたんだよ?
 君は花が枯れていくのを見たいの?」

いつか自分が枯れたら捨てられるのではと不安になるアリスと
君は永遠に綺麗なまま咲き続けるから大丈夫だと無邪気に笑うシャドウ
どこまでも噛み合いません。
シャドウのこの行動は、自分が傷ついたり哀しい気持ちになりそうなことを
片っ端からすべて排除しようとするためなのですが
そのシャドウの過剰な自己防衛本能にさすがのアリスも不安を覚えます。

この双子、どうやら「お互いを見分ける」というのが鍵になる様子。
臆病者ゆえに疑心暗鬼に駆られ、相手の答えを聞きたくないという
気持ちが先走って何かにつけてアリスの気持ちを勝手に決めつけるシャドウ。

それが段々エスカレートしていって、アリスの気持ちは
シャドウにあるのに全然信じられないのが見ていて若干イラつきました。

ただ、ヤンデレなところばっかり際立ってるけど、
シャドウってみんながつまんなそうにしてるお茶会で
フォローしまくるんだよね……
良い子じゃないのを自覚してるから良い子になりたくて
ことさら良い子ぶって結局自滅する人なんだろうな……

シャドウルートなのにライトの良い奴ぶりが半端なかったです。
疑われそうになるアリスを、空気読んで庇ってくれるのに泣けた。

ただ、静久(黒うさぎ)に大切にされてきたアリスだからこそ
シャドウの自分への扱いがおかしいってはっきり感じるのが印象的でした。
黒うさぎはいつだってアリスの意志を最大限尊重するから
余計にシャドウの振る舞いに違和感を覚えます。
優しいだけの男に飽きてちょっと刺激的な男に行ってみたら
とんだ地雷だった
ってことですね、分かります。

シャドウはアリスの意志を確認するのが恐ろしいんですね。
その理由が以前のアリスがシャドウとライトを見分けられず、
告白に応えるどころか認識していなくて間違ってライトに印をつけたために
シャドウの自信というかプライドが根本からズタボロになり、
今の猜疑心にまみれた臆病なシャドウになってしまうのです。
好かれたいあまりに必死で「良い子」に振舞って、そのために
却って皆に距離を置かれているのが痛々しくてなんか見につまされます。
でもその調子こいた面をぶん殴りたい

ついに疑いの気持ちが膨らんで、シャドウはアリスを監禁するのですが
声優さんの繊細な演技が良かったです。
アリスはライトが好きなんだろうと勘違いしているシャドウは
ライトの声真似をしてアリスを襲うんですが、その声が微妙に
ライト本来の声より高くて、ライトの声じゃないんですよ。微妙な演技に感動しました。

最後の最後で黒うさぎが助けに来てくれるのですが、
クロノを巻き込んで大暴れするシャドウに
ライトとアリスが必死こいて説得します。

「アリスのことは嫌いじゃないけど好きでもない」
ライト……お前って奴は……(´;ω;`)

「変わる世界」
色々あったけど不思議の国で幸せになってよかったねエンド
亜理紗はアリスになって、ハッピーエンドでした。
シャドウが健康的な自信を取り戻せてすっきりしました。

「誰かの心の中」
アリスの心の中に行く二人。
あんまりにも自分の思い込みを押し付ける
シャドウに苛立ってアリスが引っ張る形になるのに笑いました。
まあ、そりゃ疲れるよな……
だって最後の最後で、
「やっぱり怖くて聞けないなんて……
 じゃあ、僕は本当に君を好きじゃないんだろうね」

とかほざかれたら、いくらアリスでも
あ゛?(゚Д゚) ってなりますよね。当然だと思う。しょうがない。
案外アリスがこれぐらいわがまま全開になったほうが
シャドウをうまく御することができると思いますよ!

「一輪の花」
シャドウの心で二人で花を育てていくことに。
未熟なシャドウをアリスが最後まで面倒見るエンディングで
カウンセリングミッション完了お疲れ様ですって感じでした。

「背中合わせの幸せ」
牢に繋がれるアリスと、幸せだと言うのにどう見ても不幸せそうなシャドウ。
ライトを喪った事実は相当なものだったのか、
素直に死を受け入れて嘆くこともできないぐらい不安定になり
自分の心を守るために自暴自棄になる。
それがシャドウから察せられるライトへの想いの深さというのが切なかったです。
ライトを殺してまで得た状況なんだから、幸福でなければならないという
強迫観念にシャドウは支配されてしまいます。
アリスは多分、強烈な罪悪感によって自分で自分を追い込み、
シャドウに償いたいという気持ちが彼を王にするんですね。
ほろ苦いけどシャドウとアリスの歪な関係が浮き彫りになるエンディングで好きです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM