トリック・オア・アリス ラウンド感想

  • 2013.02.04 Monday
  • 23:11

眠りネズミ、ラウンドの感想です。
可愛くて癒されました。

以下ネタバレ感想。
ラウンド


無邪気に亜理紗に抱きついてくる如月くん/ラウンド。
ただすごく甘えてくる割には思った以上にシャドウより駄々っ子じゃなかったです。

不思議の国では三時間しか起きてられないラウンドにとっては
亜理紗の世界のほうが長く起きてられるため、亜理紗の世界で
過ごす時間が徐々に増えていきます。

シャドウとのこの安心感の差よ……
ラウンドは初々しくて可愛いです。

ラウンドは自分が一日に三時間しか起きてられないから
友達がいなくて、孤独の辛さを知ってるからクロノに共感し、親近感を抱くのです。
「みんなが幸せになれるように」と考えて行動するラウンド良い奴。

ラウンドはストレートにアリスへの好意を表現してくれるのですが、
それはひとえに
時間がないためだったんですね……
口説くのに回りくどい駆け引きとかやってられねーから!ってことなのです。
何せ彼には一日三時間しかなく、そのうちアリスと会える時間は更に短い。
だからそりゃもうはっきりと、何度も「アリスが好き」アピールしてくれます。

ラウンドは多分、人懐っこいし、起きてる時間さえ長ければ
もっとたくさんの不思議の国の住人と仲良しになれるはずなんですよ。
なのに起きてられないからいつも一人で、それがまた切なくて……
他のキャラのルートに入るとラウンドマジ空気なので不憫で仕方ない。
だからラウンドは会うと時間を無駄にしないためにさっさと抱きついてくるんだなあ。

序盤の軽そうな雰囲気に反して、付き合っていくと
全然ひねたり拗ねたりしておらず、まっとうな神経をお持ちでキュンとしました。
シャドウ攻略後だったので特に。
あんなに一生懸命に懐かれたらほだされるのが人情だと思う。

ラウンドは「特別なことがなくてもわいわい楽しいのがいい」という考えで
「平凡で穏やかな毎日を愛する」アリスと価値観が非常に似ています。
おまけにラウンドは現代世界のほうが長く起きてられて幸福なので
アリスの心情を理解してくれ、「アリスでも亜理紗でもどっちでもいい」と言ってくれるのです。

ところでエリザベスがすごいイイキャラしてて好きなんですけど、
そんなエリザベスにすら「誰だっけ?」とか言われてしまうラウンド。

「ずーっと起きていられるぐらい楽しければ、それで満足なんだ」
ラウンドよ……(´Д⊂グスン

それにしてもせっかくアリスを夢の世界に連れ込んだのに
ちゃんと静久やクロノも一緒なのがシャドウとすごい差を感じる……

ラウンドは手を出す前に「こういうの、言葉が先だよな」
一歩退いてくれるのが嬉しい。アリスを大事にしようという意志がすごく感じられました。

「やっぱりやめた! こんなところで大事なお前の初めて、もらいたくない」
偉い……偉い!!!
ラウンドは学園の屋上でがっつくような子じゃなかった!!
ちゃんと部屋で……部屋で……(´;ω;`)ブワッ
なんて思いやりのある子なんだ、どっかの誰かにも見習って欲しい……

ところでこのゲーム、
最初のうちは入れてもアリスはイケなかったりとか、なかなか入れられなかったりとか、
攻略キャラが余裕なくてさっさといっちゃったりとかして
Hシーンがやたらリアリティあふれてます。

ラウンドも「どうしたらいいのかな?」とか聞いてきちゃったり、
「どこに出せばいいんだ……」とか、初々しいです。
そして回を重ねるごとに調子に乗っていくラウンドの成長を見守る。

ラウンドはクロノの内面に迫るシナリオで
迂闊にも泣きそうになりました。何だよあれ反則だろ……

クロノ


他キャラルートではラウンドが寝てるためフォローできず
疑心暗鬼に駆られまくり、卑屈になって暴走してしまうので
クロノの本心が見えて皆が幸福になれるルートがあって良かったです。
三人でカフェに行ったり、屋上に行くのが可愛くて好きです。
この他はチェシャルートのハッピーエンドもクロノが幸せそうで嬉しい。
黒うさぎはクロノにもっとちゃんと構ってやれよ、頼むから……

「眠りネズミ」
「眠りアリス」

表裏一体のルート、どちらかが眠ったまま起きないバッドエンドでした。
でも「眠りネズミ」の場合、クロノは案外幸福なのかもしれない。ラウンドを独り占めできて。

「淋しさを半分」
好きな人とならば、喜びだけでなく淋しさや悲しさを分け合うことこそ幸福。
何だか哲学的なエンディングで印象的でした。
アリスとラウンドのために深夜にお茶会をしてくれるクロノにほろり。

「偽りの幸せ」
クロノの一言にぞっとしてしまうエンディング。
不思議の国の人達がどうなったか恐ろしくて聞けず
かといって素直に幸福を味わえないほろ苦い終わり方でした。

「きっと誰かが」
物語を確定し、実体化していくのが黒うさぎの目的のひとつだったのですね。
そのためにアリスは亜理紗になり、いつしか不思議の国を忘れてラウンドと生きていく。
多分これがラウンドにとってのベストエンディングかなーと思いました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM