ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Season 雑記(4)

  • 2013.06.22 Saturday
  • 01:12
ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Season


ハリー本命のはるひとのVSルートと、
天地本命で若王子先生親友告白ルートをクリアしました。
いやー滾った!!

ハリーは本命にすると可愛いヤツですね。
実は親友を氷上くんでやろうと思ったんですが、アンケート選択を
ミスって若王子先生が親友になっちゃって、そのまま継続して
うまく親友にできないまま終わりました。
でも始めて女友達とのVSルートが出せたのでこれはこれで良かった。

以下ネタバレ感想。
ハリールートではるひ部屋だったので、流行と魅力と気配り高めで
成績は三年間普通だったので、今時の子っぽいデイジーでした。

ハリーは佐伯くん志波くんと比べて、放課後に待ってくれる確率が
かなり高いような気がしました。あと後半ははるひとVS状態だったんですが
ハリーのほうからずっと誘ってきてくれてたのでVS解消が楽だった気がします。
ハリーは何と言っても、「ビッグな俺様」にならんと背伸びしてるのが微笑ましいですね。

好感度が低い状態だと「おっせぇ! クビだからな!」とか言われてたのに、
好感度高くなると「お前を待ってると良いフレーズが浮かぶんだ……」とか
デレた後の恋の浮かれっぷりがよく伺えてほんわかしました。
大接近モードでギターにデイジーの名前付けちゃって
「激しくするとそういう音が鳴るし……」とか煩悩にまみれてるのもいいですが
「オレより、自分の唇確認しとけよ。……いざって時のために」には
思わず画面二度見しました(ΦωΦ)
ここまで言われて鈍感を貫き通せるデイジーは魔性です。

あとときめき状態のバレンタインも可愛いですね。
「なんだ? オレに何の用だ? 何か用だろ?」とか意識しすぎてるのに(・∀・)ニヤニヤ

あと志波くんと仲良しなのもいいです。ニガコクいとをかし。
はるひちゃんとライバル解消の時に「本当は分かってた」みたいなこと
言うのが切なかったです。

順当にお互い好きになっていくのでハリーは特に他人と友人とときめき時の
態度の差が顕著というか、癖になりそうなキャラだなと思いました。
お見舞いイベントもときめきますね。布団の神様のおまじないかわいい。

この時の若王子先生はうまく親友に出来なかったのでリベンジしました。

リベンジした時もはるひ部屋だったのですが、
陸上部所属、流行と魅力と気配り高めで三年間成績は一位。
オールマイティに何でも出来て比較的おしゃれな女の子、かつ首席。
そんな完璧超人なデイジーで挑みました。
もうここまで来ると学園のマドンナ的存在というか、憧れのデイジーさんとして
色々な人にモテるモテる。もう佐伯くんとか志波くんとか氷上くんとか
爆弾解除デートなのにしょっぱなから送ってくれちゃってますよ。

何が良いって、
後輩にときめく女子高生に横恋慕するいい年した教師! 
これです、この構図ですよ。
いい年して小娘にマジになってしまうこのみっともなさ、最高です。
年上と年下で股がけしてるデイジーもデイジーですよね。鬼畜か。
私がやらせてるんですが。

今回のデイジーが若王子先生とうっかり事故チューして無反応だったのは、
デイジーが年下萌えだったからなのです!
枯れた大人よりピチピチの美少年、それこそがジャスティス。
小生意気な弟、あれはいいものだ……(´〜`)モグモグ

若王子先生は直球で「今のはデートのつもりだったんです」って誘ってくれて
誤魔化さないのが印象的でした。
うっかり事故チューして生徒を意識しまくりの教師を見てるのも面白かったですが
順調に仲良くなってるかと思いきや、まさかの後輩、天地くんとのデート現場を目撃。
まあ私がやってるんですけどこの構図が最高にわくわくしました。
教師である自分は生徒の世界に入れない、この感じ。しかも年下かよと。
若王子先生がこんなことを思ったかは知りませんが心中すごく複雑だといいなと思いました。

ますます自分の年齢とか立場の違いを気にするのか……でも若王子先生って
親友会話でそんな様子は見せなかったですね。普通にデートに誘ってくるし。
表面的な要素に惑わされて人と裏切り裏切られを繰り返してきたっぽい人だから
あんまり気にしないようにしてたんでしょうか。それとも、そこを割り切った上で
デイジーと付き合っていたんでしょうか。
若王子先生は、好意は伝わってくるんですが他のキャラと違って
どういう部分に戸惑っているのかあまり表に出さないのもスリリングでした。

修学旅行では、他の生徒にねだられてデイジーを置いていかなきゃいけなくなって、
適当に他の子を撒いて先回りしたりとか、キュンとしました。
ここ、「私はいいですよ」とデイジーが身を引いてしまうと
立場上、若王子先生って他の生徒を断れないじゃないですか。
この辺りのすれ違ってる感じが良かったです。
ちなみに親友宣言したのは、こうしてラブラブで修学旅行の自由行動を共にして
帰ってきた直後というデイジーの外道ぶり。
いや、障害の多すぎる教師との恋が辛くなって年下に逃げた、でもおいしいですね。

後で若王子先生が告白時に、この時のことを「哀れにさえ感じた」(!)と
言ってくれて余計に楽しかったです。
そうかそうか、どうせ裏切られるのに他の生徒と恋に落ちちゃったデイジーは哀れだったか。

年下である天地くんとデイジーとの初々しい恋、それを若王子先生は
「どうせなくなっちゃうのに」ε- (´ー`*)フッとニヒル決め込んでたわけですね。
若干うざいですね。
本命ルートやってないんで詳細は知りませんが、とにかく人間に絶望していた若王子先生。
親友ルートで面倒見の良い大人として傍にいるのですが、ガンガン好感度上がりすぎて
会話を回収しきる前に親友愛情状態になってびっくりしました。
余裕のない大人、それもまた良し。

でも若王子先生の親友ルートで最も胸を撃ち抜かれたのはあれです。
親友友情から親友愛情に転換したときの、あれです。

「若王子先生は、
 本当はズルイ人かもしれない。
 そう、考えたことは? 」


これは 大 興 奮 でした。(;゚∀゚)=3ムッハー

後輩に片想いしてる女子高生にマジになっちゃう。大人だからちゃんと見守れるつもりが
隙を見てこのまま大人のずるさでデイジーを攫っちゃおうか、
そんな若王子先生がひた隠すドロッとした気持ちが一瞬だけ見えるこのセリフ、
ときめきました。

親友告白時の「君を奪いに来ました」も直球でドキドキしました。
マジだ……この男は女子高生にマジになっている……!!

で、思ったより天地くんが良いキャラで至福でした。

天地くんって、だったんですよ!!!!

彼は佐伯くんと違って、かなり割り切ってキャラ作ってるんですね。
その違いが、佐伯くんは高校に入ってから付け焼き刃的に優等生キャラ演じてるけど
天地くんは、恐らく物心つく頃から既に長年いい子ちゃんキャラをやっているんです。
「女の人はそのほうが喜ぶでしょ」という理由で。
だからダブルデートでも佐伯くんみたいにキャラ設定に混乱したりしないのです。
完璧に演じちゃう。海でのナンパ男にだって、「おねえちゃーん」とか言って撃退してしまう。
このしたたかさ、周りの期待に完璧に応えられる要領の良さ、
でもその本性は勝気でリーダーシップのあるなんですよ!!

天地くんの、「期待に応えなきゃ」というプレッシャーってすごいですよね。
お姉さんが複数いるからか、姉弟の中で唯一の男だからなのか。
でも本来は志波くんみたいな男らしさにあこがれてもいる。

そんな色々な表情を見せる天地くんに完璧超人デイジーがすっ転んでしまうのに、
それを親友として応援して見守ろうとして、うっかりそんなデイジーに惚れてしまう
人間不信気味で恋を知らなかった若王子先生に萌えました。
デイジーを恋愛の先輩だと言って見守っていた若王子先生だけど、
ままならない恋に一喜一憂するデイジーを見るうちに好きになっちゃうのです。
先生からすれば小悪魔くんに振り回されてるわけですからね、気になる女の子が。

若王子先生のいいところは、あくまでも教師として教え導いていくところです。
例え自分が人間不信で愛なんか信じなくても、それを生徒に押し付けるような
幼稚な真似はしないのですね。理屈の上で大事なところは分かっていて、
何を言うべきかもきちんと理解している。ただそれを心で感じられないだけで。

何と言っても親友愛情会話の、「異性の好みについて」が萌えました。
どんな女の子が好かれるのかと問うデイジーに身も蓋もなく
「簡単に好かれるには容姿ですね」と世の現実を説く若王子先生。
しかし真に注目すべきはこの先です。

「だからもし、彼が君の容姿に惹かれるだけなら……
 僕は大人気ないことをする。きっとね」


ぴぎゃーーーーーーーーーってなりました。そりゃ先生からしたら、天地くんの
二面性もずっと見てれば気付くだろうし、ならばデイジーが騙されてるように見える……!
若王子先生がデイジーを見ているように本当にデイジーの内面まで見ているのか、
愛に裏切られてきたっぽい若王子先生からすりゃハラハラするだろうと……!
実際、天地くんも歳の差を相当気にしてて必死なのもまたおいしいです。
天地くんの親友ルートが俄然楽しみ。

スキンシップについての会話でも、
「きっと皆怖いんだ、言葉よりたくさんのことが伝わってしまうから、
 嘘つきは特にね」
のような答えにキュンとしました。

他にも男女の友情についてとか、女の子らしさについてとか、
若王子先生はなんというか、すごく歳の差とか経験とかを感じて
「大人の男の人と恋愛している」感がすごくしました。

恋に落ちたことがない人間不信な男となると
精神性が幼稚なキャラになりやすい印象があるのに若王子先生はそうじゃない。
ちゃんと大事な部分は抑えてて、その上で葛藤してるのが、人間味があって
すごく良かったです。告白も思ってたより情熱的でときめきました。
何もしなくても女の人が寄ってきてたことを考えれば、若王子先生は
片想い期間があったほうが後々にもいいんじゃないかと感じました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM