O*G*A 鬼ごっこロワイヤル 珠舞木&歩&志銅 感想

  • 2013.08.11 Sunday
  • 21:06
O*G*A 鬼ごっこロワイヤル ハンターは孤島で恋をする (通常版)


7/27に拍手してくださった方、ありがとうございました!
ぜひ読んでみます!!

フルコンプしました! 攻略対象が7人いるだけあってボリュームたっぷりでした。
きちんと伏線も丁寧に回収し、主人公の秘密に関する真相ルートも
見応えがありました。ビッグウェーブになりそうなデカい萌えはないものの、
欠点を可能な限り排除して手堅く作りました、という印象です。
キャラがわいわい賑やかに話してるのを見るのが好きな人は楽しいはず。

あと、ミニゲームのOGAが楽しかった。
成功確率を見ないでプレイすると、相手の癖や反応を読む心理戦の要素が強くなって
手応えが出ます。逆にそういうのがめんどくさい人は成功確率を見れば勝ちやすい。
おまけのミッションはなかなか骨があって、クリアするとおまけシナリオと
ラフイラストが見られます。どちらも恋愛色はなく、皆が賑やかに話してるのを
微笑ましく見守るような形です。

H×2会話は、主人公との心の距離が近づいている過程がよく分かり、
攻略対象が首を傾げたり、びっくりしたり、照れたりの動作が可愛いので和みます。
キャラによって対応の仕方に大きな差があるのも、個性を感じられてとても良かった。
攻略対象と会話する時間が多いほうが好きなので乙女らしい良いシステムだと感じます。
難を言えば、クイックセーブと身振り手振りのスキップができたら嬉しかったかも。
ただ、そんなに長い会話でもないので許容範囲です。

双子に関しては、珠舞木先輩ルートにねじ込んできたのに
ライターさんの涙ぐましい努力を見た気がしています。ありがとうございます。
この作品で誰に萌えたかって、ダントツで陽刀萌えなので
脇キャラへのこの配慮は嬉しかったです。スチルも1枚あります。
ただ、夜刀が気になってる人は涙目かもしれない。
双子に関してはかなりおいしい設定があるので、双子を主軸にしたら
すごくロマンチックな話になったんじゃないかと思います。
ただ、既に攻略対象が7人いる状態なのでそれは無茶だろうし、
ライターさんが精一杯オリジナルキャラを活かそうとしたのは
痛いくらいによく伝わってくるので、あとは妄想で補完します。
それにしても双子かわいいよ双子。

シナリオやゲームとしては、恐らく全国大会を主軸にしたほうが
盛り上がっただろうと思います。そこを敢えて外して合宿にしたのは、
恋愛要素が主軸だからで、乙女にゲーム性を混ぜる難しさを感じました。
私はゲームにもっと戦略性をプラスしたOGA中心のドキドキ全国大会でも
いいのですが、きっと乙女要素が薄いって文句言われるんだろうとは想像に難くない。

以下ネタバレ感想。
珠舞木 房之介


なかなかトリッキーな人で、楽しかったです。
主人公の珠舞木先輩への印象も分かるし、そこを逆手に取ったシナリオ展開で
見応えがありました。想いが通じるシーンで主人公が本音をぶちまけるところには
正直スッとした。
まさか世阿弥が出てくるとは思ってませんでしたが、「秘すれば花」を
よく活かしたシナリオでした。なのに陽刀さんがストレートなのが
すごく良い対比で面白かったです。器用に手を抜こうとする珠舞木先輩は
恋愛でも巧みに相手と向き合うのを避けようとします。
その点、陽刀さんはいつでも思い込んだら一直線です。まじめなんだろうな、この人。
終盤で本音をぶつけあって、珠舞木先輩と両想いになったときはほっとしました。
「秘すれば花」を信条にしているくせに、どこかで暴かれたい願望があるんですよね。
すげえめんどくさい。

といいますかこのルート、最初は珠舞木先輩に夢中だったんですが
途中から陽刀さんに全部持っていかれました。



だって、彼があまりにもチョロすぎて……
そのチョロすぎるのにもどんだけ追いつめられてたのかとか考えるとなんか涙出てくるし、
横恋慕に悩んでのたうちまわってるのがクリティカルヒットでした。
声優さんの演技も素晴らしい。
というのも、珠舞木先輩ルートだと明らかに陽刀さんの声が優しいんですよ!!
他のルートだと物柔らかを装ってちょっと突き放すような声なのに
このルートだけすげえ優しくて、主人公が「いつも通りだ」とか言ってても
全然いつも通りじゃないんですよ。明らかに声が気遣わしげでキュンとしました。
選択肢だけとはいえ、陽刀を受け入れる選択肢があったのは嬉しかったです。


桜ヶ樹 歩


歩くん、なかなか積極的で(・∀・)ニヤニヤしました。膝枕がおいしいです。
彼は目立ちたい願望が強い人なので、今の日陰のポジションは本意ではないんですよね。
存在感さえあればリア充になる素質を秘めている気もしますが、
それはもう歩くんではないような気もします。
「気付いて欲しい」という気持ちの強さが感じられて良かったです。
優しいけど、チャンスは逃さない姿勢が印象的でした。
お約束なイベントの数々が光り輝いてた。
歩くんは志銅と親友やってられんだから、根は明るい子なんだろう。
スチルが可愛かった。キャラによって双子の妨害度が大きく違ってるのが
面白かったです。天道くん相手のときの双子のガチっぷりが怖い。
歩くんは存在感がなくて寂しくは思っているけれど、まったく卑屈さや
ひねくれたところがなくて、素直な良い子でした。
いつも友達に囲まれてる志銅を見てまったく嫉妬したり羨んだりしないのは、
それ以上に志銅に助けられてる面が大きいからなのかと思います。
それかもう慣れちゃってるんだろうな……あと今はOGAで
メインをやってられるから精神的に安定してるのかも。
そんな志銅ルートの歩くんの心情を考えると
ちょっと切ないですね。でも祝福しちゃいそうだな。


鏡 志銅

とても健やかな精神をお持ちです。彼自身に何の問題もないからこそ、
主人公にまっすぐアプローチしてくるので安心感があります。
真相ルートも彼が一番ふさわしいです。
一番すっきり終わった気がしますが、彼はちょっと眩しすぎて、
一緒にいる相手としては歩くんのほうがほっとしそうだなーとも思います。
だけどDJであることを活かしたシナリオで、よく練られてました。
二人で協力しあって脱出していくのは良かったです。すごく優しいし。
肝試しのイベントではドキッとしました。やっぱり主人公が付き合うなら
志銅のほうが将来的にも安泰な気がします。




真相ルートを見て、陽刀さんが本気になったときが俄然見たくなりました。
彼はそこで病んでしまうのか、主人公を縛り付ける鎖になっていると気付いて
敢えて突き放すのか見てみたかった。義務と責任にがんじがらめになっている彼が
そこでどのような選択を取るかが人間性の決定打になるだろうし、
都雲一族の外に大事な人を作ることで、一皮剥けると思います。
個人的な印象としては、陽刀さんは主人公のために別れを
選択してくれるのではないかと思うのですが、夢見すぎでしょうか。
でも陽刀さんが躍起になって都雲の掟を守ろうとするのは、自由への憧れと渇望の
裏返しなので、本気になれば変わるんじゃないかと思うのですが……
いや、陽刀さんは素直すぎる子に「悪い人に騙されたらどうするの!」
お説教するような人なんですよ。さっきまで騙そうとしてたくせに、
信頼されるとびっくりしちゃうんですね。かわいいやつ。
根はまじめで世話好き、親切で一途なのに、まじめさゆえに都雲の掟を
厳格に守ろうとしてしまうんだろうなと思いました。

というかもう都雲兄弟と主人公の関係性がすごくロミジュリで、恐らく
本気で恋に落ちればそれだけ陽刀さんがものすごく苦しむんじゃないかと思うので
ぜひ見たかった……最初は想いが通じて嬉しくても、本気であるほど
好きな人の重石になるのが辛いみたいな展開をお待ちしていますよ!
あと夜刀さんがいまいち読めないままだったので
もっと内面を見てみたかったです。それとも彼は天然なのだろうか。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM