忍び、恋うつつ 猿飛咲助&我来也 感想

  • 2014.02.24 Monday
  • 02:59
忍び、恋うつつ (通常版)
アイディアファクトリー (2014-01-30)売り上げランキング: 206


どうやら由利と霧隠の場合は、ライターさんとの相性が悪かったみたいです。

猿飛ルートは全体的な流れは由利&霧隠と同じでしたが、
さすがにセンターを張ってるだけあって展開に若干の違いがありました。
わずかにスタスカの残り香はありつつも、褒め合い合戦がなくなって
少し緩和された印象です。主人公の卑屈ぶりは相変わらずですが……。


我来也ルートは当たりでした。
全体的にシナリオの雰囲気もがらりと変わり、普通に萌えてしまった。

明らかに由利&霧隠とは違うライターさんが執筆されていて、
設定やシナリオ展開、構成などがよく練られています。
シナリオの展開も自然で、我来也の心情の変化も良かった。

どうしてこのライターさんが他の3人を書いてくれなかったのか……

システムもシナリオにうまく活用されていて、我来也を構成する要素に
無駄がなく、気合が入っていて面白かったです。スチルも綺麗です。
我来也本命の人は期待して良し。
ただ、ショタにこだわりがある人は注意が必要かもしれません。
この方がメインライターなんでしょうか?
最後まで由利&霧隠の雰囲気だったら辛くて投げてしまいそうだったので、
ほっとしました。残る穴山先輩と真田先生に期待大。


ただ、スタスカに苦手意識がない方には瑣末な問題だと思うので、
どのルートも普通にキャラ萌えできると思います。
その意味ではどのキャラも良い子です。

以下ネタバレ感想。
猿飛 咲助
なんかわあわあうるさい人。というのも彼は由利と同じく
ツンデレなのですが、由利ほど頭が回らないために
本音:建前:憎まれ口の三段活用を駆使してきます。
それを声優さんが一生懸命に大きな声で演じてくださるので疲れました。
すみません、声優さんは何も悪くない。

セリフを取ってくるのが面倒なのでフィーリングになりますが、
一例を出すと、

お前ってすげえ頑張ってる(orかわいい)よな……(本音)
 い、いや、助けたのはお前のためじゃないぞ!俺のためだ!(建前)
 お前なんかのために俺が行動するわけないだろ!!(憎まれ口)

と、このようになります。セリフが違うかもしれませんがご容赦ください。

このうち主人公は赤字の憎まれ口にしか反応しません。

「そうだよね、猿飛くんが私なんかのために動くわけないよね」とか
言って、猿飛くんも気まずくなって訂正もできず、すれ違いに発展します。

ここまで来ると嫌がらせのためにわざとやってるとしか思えないのですが、
猿飛くんが気の毒なような、自業自得なのでどうでもいいような気がして複雑です。

メロメロの術は想いが通じると発動しなくなるのは良い設定だと思いました。

ところで、寺で襲撃されて主人公が指先を切ったときは
大騒ぎして傷を舐めてたのに、その次のシーンで川でメロメロの術が
発動した際に、主人公が自分の指を切って血を与えることはスルーするのは
すごく違和感あるのですが、どうにかならなかったんでしょうか。

あと由利&霧隠のときも思ったけれども、ラスボスの前で
いちゃいちゃするのは勘弁して欲しい。
あと回想シーンが多すぎ。ちゃんとシナリオ覚えてるから。


我来也

切なくてとても良かった。我来也さんノーマークだったんですが、
厨二病に意味を持たせてきたことと、伏線になってたのが良かったですね。
なんかすごい親近感湧きます。
主人公がいじめられてると知って真っ先に呪おうとする我来也さんが嫌いじゃない。
主人公が我来也さんの書物部屋に通うになる展開も自然だし、似たもの同士で、
お互いに相手の存在に安らぎを見いだすようになるのにときめいた。
あとこの主人公は卑屈さが消えて、我来也さんの謎言動に
ちゃんとツッコミを入れてくれるのも好印象。

メロメロ状態だとヤンデレ気味なのは、我来也さんの事情を考えると切ない。
絶対に主人公とは結ばれないと分かっているから、
閉じ込めたくなるんですよね。

主人公のためになにも出来ないから精一杯やさしくしようとして、
あれこれ用意してくれる我来也さんに萌えました。いい子いい子したい。
主人公を心配して慌てて来たのを、他キャラに「独占欲」だと
思われるのもおいしい。

我来也さんは本来はとても清廉で、嘘が吐けないタイプの人で、
だけどどうしようもない事情で偽らなければならず、それで考えだしたのが
厨二病設定と眼帯なんだろうなと思うと……思うと……(´;ω;`)ブワッ
誰か一人でもいいから、「それってどういう意味?」「なんで闇の使者なの?」とか
訊いて欲しかったんだろうなあと思えて、
それが我来也さんの孤独と寂しさを感じさせて哀しい。

主人公のお礼になにかしたい、という提案に「いらない」
はっきり、簡潔に答えるのも良いですね。
それまでの我来也さんとのギャップと、にじみでる諦めが切ない。

あとは肝試しの会話鍛錬は萌えた!!
もう我来也さんの想いはすごく大きくなっていて、
でも絶対に伝えられなくて、だけど好きで好きで仕方なくて、
どうしようもなくなっておもむろに会話鍛錬を提案するんですね。
他のキャラはすげえ唐突感あったんですが我来也さんのこのシーンのために
会話鍛錬システムを導入したとしても頷ける。
ここで「好き」を選ぶと、間髪入れず、すごくストレートに告白してくれるのも良い。
そのために提案したんだろうなって感じさせます。

あと主人公は他ルートと比べて明らかに聡いです。鈍感属性どこいった……
他ルートだとぴんと来なかったんですが、猿飛くんの優しさも見えて良かったですね。

それからお祭りでは、大体の事情が察せられてるだけに
すごくはしゃいでる我来也さんに胸が痛かったです。かわいいから尚更。
その後のひざまくらからの、別れのシーンも良かった。
とても潔くて、きっぱりしていて、我来也さんの覚悟が感じられました。
主人公がびっくりして我来也さんを最優先で探したいと思うのも理解できます。
あの別れはねーよ。切なすぎるよ。

手紙の文章も、声優さんの切ない呼びかけもあって萌えました。
手紙形式で一気に説明してくれたので、
回想シーンが多いのも気にならなかった。
他ルートとの構成の差が如実に出た気がします。

エンディングではようやく主人公の健気さが光って、
我来也さんが自分を取り戻して首領に向き合うのは盛り上がりました。
ここ、我来也さんが呪縛を断ち切るのに時間が掛かるのも良かった。
我来也さんはずっと自分にはなんの価値もないと思ってて、
主人公に想いを告げてない段階ではあれが精一杯だろうと思えます。

エンディングのアレはショタの人には賛否両論ありそうですが
正直、我来也さんの成長よりルシファーがいなくなって寂しい。
ダークエレメントこええし……
初期のルシファーとダークエレメントかわいかったのになあ……
でも、我来也さんの心境の変化が分かりやすくていいと思います。

最後の告白シーンはびっくりしましたけど、現役厨二病らしい
痛々しさで好感触でした。我来也さんらしい。
名前の意味も変わってなによりです。

あと厨二病はなにげに凝ってて良かったです。
ちゃんと文章は漢字で音声ではカタカナなのもポイント高い。
それにしても「それは逢引か」のセリフで、
三回目の「逢引」がラブラブカップルデートになったのは吹いた。
エンディングでもちゃんと厨二病なのも好印象。
いきなりIKEMENになってたらアレだなあと思ってたので安心しました。
それにしても、いい加減手を出したっていいと思うよ。

あと、我来也さんは厨二病ってことになってましたが
本来はかなり重度の南蛮趣味で、
伊達政宗の派手好き、新しいもの好きの血が受け継がれてるってことで
ちゃんと伏線だったんだなあと感心しました。
でもあれ全部輸入するのお金かかるだろうなあ。

我来也さんルートとても楽しかったです。次回は愛が重そうな穴山先輩いきます。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM