BLの感想いろいろ

  • 2014.09.15 Monday
  • 00:23
ペルソナ4ザ・ゴールデンの一周目をクリアしました。
二周目は天城さんを救出したところでお休み。

カッとなってBLをいろいろ買いました。
できるだけネタバレしないようにしたつもりですが、
危険だと感じたら各自自衛されたし。

しまっときます。



アマゾンさんでは好評価なのに私には合わなかった作品。
ハッピーエンドですが、すんげえ納得いかなくてもやっとしました。
受も攻も好きになれず、特に攻の人は元カノといい、当て馬への扱いがマジでひどすぎる。
受の人が攻のどこが好きなのか理解不能。私だったら百年の恋も覚めると思った。
ゆりちゃんがお前になにしたんだよ……なにもしてないだろ……土下座して詫びろよ……





作家買い。松尾マアタさんは「嘘つきは紳士のはじまり (EDGE COMIX)」も粋で素敵だった。
短編集。表題作は青春の苦味があるのにあったかくて良かった。
三作収録されていて、どれも雰囲気が抜群でやさしい気持ちになれた。





お耽美な感じやロマンチックさはないけど、私は好き。
ギャグ漫画だと思って読んだほうがいいかも。
脇役のバイトくんが全力で二人を面白がってるんだけど、
親友二人揃って42歳とか、こじらせすぎててもうこれ笑うしかないんだと思う。
今更叶うなんて……という絶望的な気持ちがよく理解できた。





色っぽくて、雰囲気抜群でお気に入り。
恋の駆け引きが楽しめる。





「鮫島くんと笹原くん」のスピンオフ。腰乃さんらしい軽快な会話が楽しい。
恋が始まるまで時間かかる上に、真希ちゃんがぐるぐるぐるぐる悩みまくるので
読んでいて一緒に引きずられて悩んで疲れたけど、それもまた楽しい。
新庄くんのズルいところは嫌いじゃない。続きがきになる。





三角関係もの。最後まで三角関係なので苦手な人は注意。
艶のある絵を描かれる作家さんで、濡れ場がすごく色っぽくて良い。
愛してるのに満たされない、どこか虚しい。
この作品は人を愛する虚無感を楽しむものだと思う。通好み。
三人とも誰かを望んでいるのに誰も完全には手に入らない。
心理描写が巧みで、三人の危ういバランスがドキドキして良かった。
愛する、享受する、分け与える、誰かを欲する気持ち、
全部が欲望なんだよなと思わされた。




ヒカルさんがおもったより可愛らしい人だった。
安定感があって、続きがきになる。




てっきり高校生だと思ってた。まさかの社会人ものとは……。
BL漫画のお手本のような作品だった。これはこれで好き。




攻め視点の一途な切なめBL。濡れ場は濃いけど短い。
この草食系なオトメンの受がモテないなんて嘘だろ? BLだからだろ? そうなんだろ?
実際にこんな受がいたら瞬く間に餌食になってると思う。
受のトラウマ理由が明らかにならないけど、年齢が年齢だしなあ……と妙に納得してしまった。
もうその年なら理由がどうあれいい加減に割り切れよ、ということで
二人の恋に集中したのだと思う。




すごくキレイなさらっとしたBL。短編集。
表題作、潔癖症な友人の話、マジメ優等生×不良童貞、
ジャズバーのマスターがかわい子ちゃんゲイに狙われてる話、
学生と社会人の隣人ものが収録されています。隣人ものが好き。




旬の作家さん。「さえずる鳥は〜」もすごく好きだけどあっちは自由業ものだから
人を選ぶかも。個人的には「どうしても触れたくない」よりこっちのほうが好き。
コメント
昔はBL本やゲームを買いまくったものですが、人生の折り返し点を過ぎ
残り寿命の方が少ない今は怖くて買えず、物理的体積ゼロのDL作品のみです。
遠い目・・・。そんな中、重宝しているのが文豪のニアホモ作品。「こころ」「舞姫」「孤島の鬼」なんかは有名ですが井伏鱒二先生の「山椒魚」「屋根の上のサワン」もいけます!語り手の私を冷酷な王、サワンを囚われの美青年に脳内変換するとムーンライトノベルズにありそうなお話に。
家族の前で読もうが、図書館で借りようが何ら心配無しで素晴らしい。
  • nobara
  • 2014/10/11 4:57 PM
おお、大人の楽しみ方ですね!
ゲームや本って場所を取りますもんね〜。
その点、文学なら人に見られても平気ですから安心です。
「屋根の上のサワン」は読んだことがなかったのですが、
面白そうですね!今度読んでみたいと思います。
ご存知かもしれませんが、海外文学だとヘッセとかもBLの宝庫です。
  • 大樹@管理人
  • 2014/10/12 5:58 PM
売り上げのためには仕方無いんでしょうが殿方がくんずほぐれつしてる以外の表紙絵をお願いしたいです。肌色は脳内で補完しますんで。

ヘッセの「車輪の下」ファーストキスが同性だし「デミアン」も良い!あと早川書房のパトリック・レドモンド「霊応ゲーム」もギナジウムものの白眉です。図書館で見つけた時、小躍りしました。 

  • nobara
  • 2014/10/14 1:46 PM
最近の表紙絵は過激ですよね。
書店で見てぎょっとすることもあります。
インパクトはあるからそれで売上アップ狙ってるんでしょうね……

ギムナジウムものは萌えです……!!
デミアンも名作でしたね!
  • 大樹@管理人
  • 2014/10/16 9:51 PM
お盆の準備で気が重いです。お供えをきっちり用意しないと姑にどやされます。
お昼にはお発ち素麺を作り昔は橋のたもとに流したそうですが、さすがに今は保健所の指導もあって川には流さないでよくなりました。親戚の分も作らないとです。楽しみにしていたゲームが延期の嵐で救いは文学。霊応ゲームは文庫になったし、今はキップリングのジャングルブックを読み返してます。これってモーグリの総愛され溺愛ものでは?狼達、黒豹バギーラ、熊のバルー、大蛇カーも
みーんなモーグリが大好きなの。
復讐のために村を滅ぼすシーンが容赦なくて格好いい。
  • nobara
  • 2015/08/07 12:34 PM
お盆はなにかと大変ですよね。ご苦労お察しします……。
そういえばこのあいだ、沢の真水で流しそうめんをやって
集団食中毒にかかった人たちのニュースをやってました。
ソース▼
http://www.j-cast.com/2015/07/27241161.html

やっぱり川に流すのは危険ですね。
親せきの分もとなると、そうめんといえど大変でしょうね。
熱いですし……。お疲れ様です。
ジャングルブックは確かに総愛されっぽいですね。
ディズニーアニメだとモーグリが村に行ってエンディングなのが
子供心に納得いかなかったのをよく覚えています。
  • 大樹@管理人
  • 2015/08/08 4:43 PM
お盆はお寺様が午後も遅くなってから来られ待ち時間でぐったり。素麺は見るのも嫌。そして今日は愛宕さんで餅が配られましたが真夏ですぜ。その日に食べないとカビるし年寄りには危険な食べ物。
町内に和菓子屋が三軒もあり行事の度に餅と駄菓子を配るんですが誰得?
自由なのは頭の中だけ。ジャングルブック万歳!岩波少年文庫で挿絵は五十嵐大介先生だ、文句あっか!ディズニーも良いけど原作の動物たちはジャングルの神秘と魔性を体現した存在で、特にバギーラとカーが素敵です。忘れるな、バギーラはお前を愛していたんだぞ、という絶唱に萌えずにおられましょうか。
  • nobara
  • 2015/08/25 12:13 AM
大変でしたね。お疲れ様でした……そして真夏に餅はいらないかもですね。
ジャングルブックは良いですね。人間と動物の絆は美しいものです。
キツイときこそ妄想を心の支えにしていきましょう…!
  • 大樹@管理人
  • 2015/09/02 1:08 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM