ファイナルファンタジー X-2とわたし

  • 2014.12.10 Wednesday
  • 22:20
ファイナルファンタジー X-2 HD Remaster


ここ数ヶ月なにをやってたかっていうと、10-2やってました。HDリマスター版のほうです。
クリアしてません。繰り返す、クリアしてません。

何年前だかもう忘れるぐらい前にプレイして以来、未クリアだったFF10を
数年前にもう一度最初からプレイしてクリアして、
そのまま10-2をプレイしようとしたのですが、FF12をうっかりプレイして
そちらの戦闘とグラフィックの美しさを比べてしまって、序盤で投げました。
ルブラン一味を山で追いかけてちょっと過ぎたかなぐらいで。

ユリパは、ちょっとびっくりしたくらいで別に良かったのですが、
FF12の戦闘が面白くて、FF12はシナリオはアレだけど
戦闘とシステムと世界観は本当に面白くてなんだかんだ夢中で
プレイしてクリアしてしまったのです。
あと悪役が、私の好きな一見して穏やか風で野心を秘めたイケメンだったので……
これさじ加減が非常に重要なのですが(自称)ドSまでいってはいけないんです。
そういうのは求めてないんです。穏やかな顔して野心を秘めてるイケメンが好きなんです。
勘違い男とは違うんです。どうでもいいですね、話を戻します。

で、10-2。リマスター版が出たので数年ぶりに取りかかり、
今度こそクリアしてやろうと思ったのですが
これまた投げることになるんじゃないかと思って複雑な気持ちです。

戦闘は、主人公が女の子ばっかりで可愛いし、着替えまくるのとか、
魔法少女みたいで割と好きなんです。
ユリパのノリも明るくていいし、ユウナもキャラを変えようとまじめに頑張ってるけど
力みすぎててなんか空回ってる感があって微笑ましいですし、バラライさんも
穏やか風で野心を秘めたイケメンなんじゃないかと思って期待感も高まり
プレイしてたんですが、なんかまた投げそうです。
どうしてなんだ10-2……なにが悪いんだ……

以下ネタバレ感想。
と、思ったんですけど、なんか地味なんですよね。
ノリに反して、シナリオが。
地下に大量破壊兵器があって許可も得ず相談もせず「エボンは前科あるし」みたいなノリで
なんとなく(本当になんとなく)潜入作戦しちゃうのにもモヤっとしましたし、
止めるバラライさんに事情も聞かずいきなり殴りかかるのもアレだし、
行ったら行ったで「ヴェグナガンはビビって逃げちゃったよ」って。どこのクラムボンだよ。

今はストーリーレベル5で80%ぐらいクリアしたんですが、どうにも面倒で
無事にクリアできるのか疑わしいです。だって本編にバラライさんの野心関係なかったし。
パインは可愛いと思うんですが、アカギ隊の謎もおおむね分かったから
もういいかなみたいな……あとギップルとリュックは可愛いと思う。

いや、戦闘は、お着替えとか好きなんです。猛獣使いドレスがお気に入り。
スピラを巡れるのも楽しいですし、ルールーとワッカさんも見られて満足したし。
スピラの人がシンがいなくなったことで召喚士の必要性がなくなる……みたいなところは
「異界送りは?」と思ってアレってなったんですけど、でもよく考えたら
古今東西、葬式屋が好かれることはないし、
異界送り専門の召喚士が好かれたり尊敬されることはないのも仕方ないかもしれません。
青年同盟とエボン党のあれこれも、結局ヌージたちがコソコソやってばっかりだから
いがみ合ってる姿ばかり見せられるのがなんだかなあ……
あと、なにげにイサールさんの転身は賢いなと思いました。
青年同盟にもエボン党にも参加しない。でもイベントの流れでこの後エボン党に行きそうなのがな……
いいじゃん観光ガイドで……そっちのが儲かるだろうし精神衛生上良いと思うよ……
ユウナの視点からだと複雑かもしれないけど、召喚士のネームバリューが落ちた状態で
召喚士にこだわる意味ってないですからね。収入も減りそうだし。
ザナルカンド観光地化は平和の証だと思います。
当事者からしたら微妙なことこの上ないですが、他人からしたら感傷に過ぎないですし。
というか観光地化しないと本格的にシンの脅威を忘れ去られると思うのですが……

またフェードアウトしそうなので忘備録代わりに書いたのですが
できるだけクリアするよう頑張ってみます。

あ、ヌージとルブランは応援してます。イチオシです。
ヌージはああいう押しかけ女房タイプがお似合いだと思うよ。可愛いじゃんルブラン。

もともとファンディスク系があんまり得意でないので、シナリオがあってないような
10-2をファンディスクとして楽しめなかったのが敗因なのかもしれません。

バラライとヌージとギップルをパーティに入れて、それなりに交流しながら
ラスボスと戦うみたいな話だったらいけたかもしれません。クリクリじゃなくて。本編で。

あとシューインとレンの恋物語は、ロマンチックではあるけど、
なれそめとかをもうちょっと見せてほしかったかなあと思いました。
事情は分かったけど、爺さんが語るだけじゃどうにも他人事感が拭えない。
そう、なんか、蚊帳の外なんですよね、ユウナが。つーかユリパが。混ぜてよ話に。
本編でユウナも「ムカツキ」って言ってましたけど、
ホントどうにかならなかったんですかね?

ユウナのイメチェンについては、10代の娘さんらしさが出て良かったなあと思います。
だってこれから先一生、悲壮な覚悟で、お通夜みたいな雰囲気でずっと生きていけって
ひどくないですか? シンもういないんだし。いつまでもウジウジされても鬱陶しいし。
清楚な女の子の理想を押し付けられたユウナさんが見事に弾けた様子を見て
ファンが阿鼻叫喚になってるところは、正直ざまあって思いました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM