ファイアーエムブレムif 白夜王国

  • 2015.08.20 Thursday
  • 01:48
ファイアーエムブレムif 白夜王国


ハード/カジュアルでクリアしました。
暗夜王国で鍛えられたせいか、ハードでもヌルく感じた。
タクミが好きなら白夜王国はおすすめ。見せ場が多い。

序盤はとにかくつまらない。ストーリーだけでなくマップもキャラも退屈。
10章でタクミが仲間になるものの、14章くらいまでは動きが少ないので
危うく投げるところだった。
キャラ萌えゲーと割り切っていても、白夜王国では肝心のキャラの
魅力がよくわからないというか、優等生が多いので本当につまらない。
17章くらいからようやく話が動き出したのでどうに乗り越えられた。
それでも好きなキャラが圧倒的に暗夜王国へ片寄ってるので眠くて仕方ない。
ほぼ「ブログにつまんないって書こう」という気持ちだけでプレイした。

構成は、白夜王国と暗夜王国で対になっている。
暗夜王国でぼかされた点は白夜王国で詳しく語られる。逆も然り。
しかし伏線がすべて明かされるわけでなく、一応戦争は終わるものの
最大の謎は透魔編に持ち越し。

暗夜王国はシナリオはアレだったものの、ダークヒーロー的位置づけだからと
思ってスルーしてたものを、白夜王国ではもう少し大義をもって
戦争をやるのかと思えば、なんと最後の最後まで
誰も戦争をやる理由、大義について触れなかった。嘘だと言ってよバーニィ。

そもそも制作陣が、「なぜ戦争をやってはいけないのか」を
突き詰めて考えたとも信じがたい。
世間的にそういう風潮だから「戦争ダメ絶対」って言わせときゃいいや的な
適当さを感じる。王族が雁首揃えて私怨だけで動くという残念ぶり。

恐らく全作品中で唯一、民のことを考えているかもしれないリョウマですら
なんの大義名分も掲げない。そもそも暗夜王国に攻め入るときも
基本ノープラン。その場のノリですべての行動が決められる。
先を見越して動くようなことは一切ない。

暗夜王国も白夜王国も、シナリオの練り込みが圧倒的に不足しており、
しかも萌え(結婚システム)のためにシナリオ、雰囲気を犠牲にする方式なので
シナリオを求めていた人をガッカリさせる出来になった。

いい加減に飽きてきたので、次は華アワセをやって、透魔編は空き時間に
ちまちま進めきます。

ところで、びっくりしたのですが白夜王国編ではキャッスル戦でも
経験値入るんですね……たまげたなぁ……。
マップは暗夜編のほうが圧倒的に面白かった。

以下ネタバレ感想。
いや分かる。女王ミコトの弔い合戦だってことは。
だけど、もう本心では暗夜王国の連中をギャフンと言わせたいだけで
ほかはぶっちゃけどうでもいいと思ってたとしても、嘘でもいいから
「侵略に怯える民を守るため」とか言ってほしい。

まず本編の流れが、
タクミとリョウマになんかあったらしい、助けに行こう
みんな無事だった!合流!門は目の前だしそのまま暗夜王国いこ!
暗夜王国着いた!よっしゃガロン王倒そ!
……って感じ。マジでこんな感じ。

「戦争は良くない!人は殺したくない!」と言いながら
ろくに説得もせず罪のないガルーを皆殺しにしてみたり、
「ガロン王は間違ってる」という私怨だけで暗夜王国に攻め入ってみたり。
そんなに戦争良くないと思うならやられっぱなしでも自衛に徹したらどうなのか。
もうそれが出来ない時点で「人を殺したくない」なんてお題目は
欺瞞でしかない。やらなければやられる、だからやるという暗夜の理論と同じ。

すべてにおいて、攻撃されたら応戦して相手を殺しても良しとしているところが、
「人を殺したくない」という主人公の信念の軽さを表している。
不殺を信条にするならやり通せよ、できないならすっこんでろカス、
全国民の人生かかってんだよ的なことをキャラの誰も口にしてくれないため、
仕方なく自分が今ブログに書いている。
結局のところ自分がやりたいことをやって、
やりたくないことはやらない、と言ってるだけのように見えた。
それならそれで変に格好つけず、最初からそう言ってくれ。

あと、もう本当にがっかりしてしまったのが、カムイが
白夜のきょうだい達と血縁関係がなかったこと。
いや知ってたけどなにそれ????
じゃあもう暗夜のきょうだいが体感的にはリアルきょうだいじゃん。
白夜王国の人たちは親せきみたいなもんだろう……

きょうだいだけど! きょうだいじゃなかった!
(夢だけど!夢じゃなかった!のノリでお送りしています)

17章「氷の別離」でフローラを止めるためになにもせず
ぜんぶフェリシア任せなカムイにはイラッときた。
タックルしてフローラを地面の雪に叩きつけて転がすぐらいしたらどうなのか。
あと、目の前での焼死はトラウマを植え付けてるようなものだと思うけど
フローラはもう少しフェリシアに配慮してもよいのでは……。
カムイに敗れたからには、自分が生きていれば部族に迷惑がかかると思ったのだろうな。
フローラは、カムイがガロン王に勝てるとは微塵も信じていなかったのだと感じる。

エリーゼのことはネタバレしてたのだけど、詳細は知らなかったので
地味に心に来た。エリーゼ好きなので……。
意味が分からないのは、暗夜編ではカムイがガロン王に逆らうことを
レオンとカミラが強硬に止めてたのに、エリーゼのときは
「そこまで言うならいいんじゃない」的に、軽めに見送ってしまったこと。
マークスはともかく、ガロン王はエリーゼ相手でも容赦しないのは
考えなくても分かるような。カムイが一緒だから大丈夫だろみたいな?
でもレオンとカミラは生涯、エリーゼを止めなかったことを悔やむ気がする。

そして周りにいた白夜の連中はなにやってたのか。寝てたのか。
あのシーンのマークス兄さんは哀しくて辛かった。
そもそも兵も臣下も連れず、単騎で来て一騎打ちを挑んだこと、
さらには最後、あんなことがあってもなお剣を取るように
カムイへ強硬に迫る姿が、もう後戻りできないから
どう見ても死を望んでいるようにしか見えないのに
カムイがバカすぎてまったく気づかず見ていてイライラした。

マークスがあまりにも必死にラズワルドとピエリを守ろうとするので
26章ではマークスが不憫すぎて、周囲の兵が到達する前に
鍵を開けてさっさとマークスを倒して終了した。
本編中にラズワルドとピエリを殺さなかったため、私の中では
二人とも生きている。生きているったら生きている。今そう決めた。

最後のカムイが死にかける場面で、フローラがカムイを起こすのを
ためらうところは、いかにもみずから幕を引いたフローラらしくて切なかった。


★カムイ
せっかくゾーラを助けられたのにあっさり死なせてしまった。
カムイが脳内お花畑だから……。
タクミと結婚しました。タクミを撫でるのはかわいい。
結婚してないときが一番かわいかった。
結婚した後の「姉さん」呼びは、本当のきょうだいじゃない
カムイへの気遣いにも取れて却って居たたまれない。
もう他人なんだから扱いは夫婦のものでいいよ……。

タクミ
レオンと同じく特技を教えてあげる的な内容。
タクミはかわいかった。イベントもたくさんあってよかった。
……と、小学生の作文のようなことしか出てこない。
マジで白夜王国はタクミのかわいさだけで乗り切った。
タクミは劣等感の固まりなんだけど、一体なんでなんだろう。
偉大な兄リョウマへのコンプレックス、優秀な姉ヒノカはカムイのことばかり、
だから自分なんていらないんだ……みたいな?
それともほかの支援会話で明らかになるのだろうか。
クリアしてみてもいまいちよくわからない。思春期だからかな。

リョウマ
リョウマが離れている間のきょうだいの話をしてくれる。
ヒノカを認めていて、タクミは自覚に欠けるという話が聞ける。
ここでカムイにうっすらスメラギ王の記憶があるらしいことがわかる。
さんざん「カムイはきょうだいだ!」と言って暗夜を追い払ったのに
「ごめんやっぱきょうだいじゃなかったわ、結婚していいよね」という流れが
もうホント暗夜のきょうだい達が可哀想で見ていられない。

サイゾウ
リョウマの身辺警護をおろそかにしてまでカムイを見張る意味がわからない。
恋が始まらないから仕方ないけど、どう考えてもカムイを部下に任せて
サイゾウがリョウマを護ったほうが確実性が高いし、
このイベントはカゲロウの支援会話で語られたサイゾウの信条にもそぐわない。
あと監視対象に監視してること伝えたら意味ねーじゃん。

ニシキ
ニシキはかわいい。テーマは「万華鏡」。プロポーズもかわいい。
しかしニシキの支援会話は断然アクアがおすすめ。

サクラ
サクラの怖がりの原因が明らかになる。

オロチ
ミコトのことをいろいろ話して聞かせてくれる。主にドジっ娘ぶりを。
オロチは朗らかで好きなキャラ。

カザハナ
サクラがカムイのせいでずっと泣いてたからカムイが嫌いという、
いかにも女子の友情って感じのべたついた逆恨みをしてくるカザハナと
カムイがわかりあう話。カザハナの父の話も。
最後は一応、カザハナが折れる形になる。

アクア
白夜編ではカムイが北の城塞でどんな暮らしをしてたかを話す。


★サクラ

伴侶:ツバキ

あまり興味が湧かず、なんとなくツバキと支援を組ませてるうちにくっついた。

ツバキ
サクラが完璧であろうとするツバキのメンタルケアをする。

リョウマ
みんなに迷惑をかけたくないサクラをリョウマが励ます。
サクラの名前の由来が語られる。ほのぼのしていてかわいい。

タクミ
パーティに行きたくないコミュ障同士がいろいろ策を練る。
この支援会話はサクラもタクミもかわいいのでおすすめ。

ヒノカ
ヒノカと似ていないとサクラが落ち込む。

カザハナ
サクラがカザハナを臣下に選んだ理由が語られる。


★ツバキ
マトイの様子を見るに、ツバキはティアモのご先祖さまなんだろうな。

リンカ
プロポーズは見てないけど、なぜかリンカを怒らせてしまうツバキ。

オロチ
ツバキに微妙な不幸が来るとまじないで見たオロチが警告に来る。

カザハナ
サクラの臣下同士、どっちが上か決闘で決めよう的な話。
ツバキとの出逢いも語られる。


★オロチ

伴侶:リョウマ

リョウマ
生真面目なリョウマにオロチが笑い話をする。
そのへんのメンタルケアをしてくれることと、
朗らかなオロチの存在はリョウマの癒やしになるだろうと思って結婚させた。

サイゾウ
仏頂面のサイゾウが恐いからなんとかするようにオロチが忠告する。
オロチとサイゾウが幼なじみだということが分かる。
親友の元カレと結婚は微妙すぎるのでやめた。

アサマ
なかなかお気に入り。嫌がらせをするアサマとオロチの攻防が面白い。
おすすめ。

サイラス
こいつ自分が裏切り者で、他国に厄介になってる自覚あんのか。
親切に占いの結果を教えてくれた、王城抱えのまじない師オロチを
詐欺師呼ばわりするサイラスが見られる。
ちなみにオロチはそれをかなり根に持つ。

スズカゼ
スズカゼの気配を見破りたいオロチとスズカゼの攻防。
ちゃんとオロチの相手をするスズカゼが微笑ましい。

カゲロウ
オロチとカゲロウは親友。
オロチのまじない札はカゲロウお手製であり、
そのまじない札のことが描かれる。


★セツナ

伴侶:サイラス

サイラス
罠にかかるセツナにノリツッコミをしているうちに
サイラスがセツナ中毒になる。


★ヒナタ

伴侶:オボロ

オボロ
オボロに髪を切ってもらう。
オボロとヒナタの髪はタクミの真似だということがわかる。

ヒサメ
ヒナタの親バカ全開。あと剣の名前の話。


★ミドリコ

伴侶:グレイ

グレイ
いとこ同士だけどグレイとミドリコは仲良し。
スズカゼとサイゾウも兄弟ゲンカをすることが明らかに。
支援会話が終始ほのぼのしていて可愛かった。


★リンカ

伴侶:ツクヨミ

ツクヨミ
ツクヨミの好き嫌いをリンカが矯正する。
姉弟みたいなやり取りが可愛かった。


★アクア

伴侶:ニシキ

ニシキ
アクアを冷静でカッコイイと思ってるニシキと、
ニシキのしっぽをモフりたがるアクアがすげえかわいい。おすすめ。
そりゃいつも淡々としてる人が、自分といるときだけは
無防備な姿をずっと見てたら惚れるだろうと思う。

リョウマ
カムイの手前、妹として振る舞うことに引け目を感じるアクアの話。
構ってもらおうと頑張るリョウマが見られる。

タクミ
子どもをあやすタクミが見られる。こちらもおすすめ。
ずっとアクアを意識してたタクミがかわいいので
結婚させるかかなり迷った二人。結局煩悩に負けた。


★サイラス
サイラスはこれまで家族の話が一切出てきてないのが不気味。
どっかの支援会話で語られるのだろうか。
カムイのために国を裏切るけど、まったく悲壮感がなくて恐い。

カザハナ
スポ根カップル。


★ヒノカ

伴侶:アサマ

リョウマ
リョウマに姫らしいところを見せようとするヒノカがかわいい。

タクミ
敵に囲まれて絶体絶命になる二人の話。
タクミが全力で思春期の弟をしている。
そんなタクミを叱るヒノカ。かわいい。

サイゾウ
リョウマとヒノカで書簡のやりとりをしてるときの話。
サイゾウがヒノカに惚れた理由がよくわからない。

アサマ
そういえば戦争やってたんだっけと思い出せる話。運動会じゃなかったんだった。
アサマとヒノカの出逢いが語られる。
凛としたヒノカの弱さを見守るアサマ。
彼なりに主君を傷つけないように動いているのにヒノカには
なかなか伝わらない。道場破りのようなプロポーズがいい。
かなり好きな話。

スズカゼ
サクラとヒノカで書簡のやりとりをしてるときの話。
ヒノカ、わざとなのか、なかなか卑怯な告白をする。


★ツクヨミ
あまり興味が湧かなかった。シャラはサーリャの先祖か。
伴侶はリンカ。


★タクミ
原案者に気に入られているらしいタクミ。活躍したから、まあいいか。

リョウマ
リョウマに追いつこうとがむしゃらになるタクミに、
リョウマが新たな道を指し示す話。

カゲロウ
弟オーラ全開のタクミに呆れるカゲロウが見られる。
こういう、しっかり者のきれいなお姉さんタイプにタクミは弱い。

オボロ
オボロの片恋が実って和やかな気持ちになれる。
オボロを喜ばせようと、呉服の仕事をさせてやろうとするタクミがかわいい。

キサラギ
タクミは自分の自尊心のメンテができないため、子どもであるキサラギに
無自覚に自尊心のメンテを強いたあげく泣かせる。キサラギ超かわいそう。
キサラギの中のタクミへの評価がタクミの自己認識とかけ離れすぎていて
タクミは居心地が悪くなるのだけど、もう親なんだから
親や大人の役割を引き受けなくちゃいけないのに、キサラギが
一足飛びに成長したからタクミは思春期真っ盛りのまま。
多分、タクミが自分でキサラギの世話をして育てたわけじゃないのが
原因だとは思うけど……。キサラギは素直な良い子でめっちゃかわいい。
しかし、マジで、いい年こいて自尊心のメンテを
人に押し付けるのはやめたほうがいい。ろくなことにならない。
結構そういう人多いけど。


★リョウマ
責任感があるんだかないんだかよくわからない。
根は血の気が多い人みたいだから、考えるより動く派なんだと思う。
味方でいるうちはいいけど、価値観が衝突したらめんどくさそうな相手。

カゲロウ
カゲロウの願いを聞いてやろうとするリョウマ。
お似合いだとは思うけど、リョウマはもう少し肩の力を抜ける相手が
いいかなーと思って見送った。

カザハナ
カザハナがリョウマに憧れていることが分かる。
好きすぎて好き避けをするカザハナ。

フェリシア
メシマズなフェリシアとリョウマの話。

アクア
あれだけ兄貴ぶろうとしてたのに、いざ兄貴になったら
惚れてしまうという……

シノノメ
たぶん、リョウマは若いころ、シノノメみたいな感じだったのでは。
王の自覚と覚悟の話。


★モズメ

伴侶:ジョーカー

ジョーカー
少女マンガのようなロマンチックな流れで結ばれる。
聞いて驚け、なんとジョーカー、モズメには優しい。


★スズカゼ

伴侶:カゲロウ

カゲロウ
美男美女カップル。カゲロウと仲良くなりたいスズカゼ。
生真面目な二人なので会話も生真面目。


★カザハナ

伴侶:サイゾウ

サイゾウ
なぜかサイゾウには懐くカザハナ。そのうちサイゾウがほだされる。
サイゾウの携帯食につられて結婚する。

ニシキ
ニシキへの認識をカザハナが改める話。ニシキ良い奴。
異文化交流的な感じがある。

ジョーカーの支援会話はBまで見た。
案外似てるよね的な話。


★アサマ
なかなか良いキャラをしてる。アサマは暗夜編でしっかりしてたので
まさか白夜編であんなにふざけてるとは思わなかった。
なぜよりによってヒノカはアサマとセツナを臣下にしてしまったのか。
ヒノカとの再会で、前衛がたくさんいて感動するヒノカが可愛い。
お触りをするとさらっと嫌味を言う。文句はもっともだとも思う。


★サイゾウ
ガイアのご先祖さま。ガイアって忍びの流れだったのか……。

伴侶:カザハナ

カゲロウ
モトサヤに収まる。戦いの考え方について意見が分かれて別れたことがわかる。


★オボロ

ほかの項で語ったので割愛。


★カゲロウ
クールビューティ。優しいし、きれいなお姉さん。
割と気に入っていて使ってたけど、グレイが来たら交代したので
あんまり育たなかったなあ。


===

ムービーは、カミラ戦のムービーは気合が入っていて定期的に見てしまう。
カミラお姉様マジで美しすぎる……。

「妹姫の涙」は、マークス兄さんの表情が胸に刺さった。
「白の同胞」もなかなかかわいくていい。

戴冠式で複雑な思いを吐露するカミラお姉さまに共感した。
こちらでやったからヒノカはなにも言わなかったのか。

マップもキャラも暗夜編のほうが面白かった。

敵にまわったときのレオンが見たかったけど、彼は冷静なので
割と素直にいろいろ受け入れてくれてアレッとなった。
しかし、レオンがマークスを裏切れないのはわかる気がする。
そしてマークスが暗夜王国第一王子の責任を果たそうとするのも。

暗夜王国の記事で、マークスがガロン王に従う理由がわからないと書いた。
ちなみに今でもよくわからないが、ラストのセリフなどを見る限り、
血のつながりを重んじてガロン王に従ってたというより
以前のガロン王への幻想を捨てきれなかったらしい。
彼は暗夜王国第一王子として生まれ育って、そういう今までのすべてを
捨てられない。捨てられるほどマークスは強くない。
だからカムイが白夜に行った時、あれほど激高したのかな。
カムイが白夜に行けばもう殺しあうしかないから。
まー他人にも関わらずあれだけ手塩にかけてかわいがってきたのに
裏切られたらキレて当然とも思う。
今まできょうだいやってた時間はなんだったんだよって感じだろう。
しかしミコト女王に庇われ、白夜の民に犠牲を出してしまったカムイが
責任を感じ、ガロン王に恐怖を覚えて裏切る流れも理解できる。

余談ですが、マークスの母エカテリーナは暗夜編では離縁して
生きてるっぽい描写だったけど白夜編では死んでて、どっちなのか気になる。
どっちでもいいか。

それと、ようやく暗夜王国の国民の生活がちょろっとだけ語られるけど
白夜王国は豊かで物にあふれていて、
一方の暗夜王国は貧困にあえいでいるということがよくわからない。
両方をクリアした今でもすんげーふわっとしている。すごくあいまい。
だってキャラの誰もが自分のことに忙しくて、国民に興味もってないからね。
リョウマが「貧しさは隠せないが彼らとなら分かり合えそうだ」と
感想を一言漏らしただけ。
あんなでかい地下街(闇市)を王侯貴族から隠し通すなんて無茶だと思うけど
どうでもいいから放置されてると見るのが正しいか。
それとも、それだけ民の心が離れていて、上流が嫌われてるのか。
ゼロの育った貧民街はどうやら上にある?っぽい?

活躍したユニットはなんといってもタクミとリョウマ。
この二人だけでマップ内の敵をぜんぶ殲滅できる勢い。
タクミはアーマー系も余裕で粉砕するので、なおさら
本編でなぜあんなにグジグジ言ってるのか真剣に意味がわからない。
逆にヒノカはなんだか伸びが悪くて使いづらかった……
とはいえ、ラスボス戦のマップではもうめんどくさくなって、
ヒノカとカムイでガロン王まで先行して七離即滅を使い、
ガロン王をボコるという雑な攻略をした。便利。
タクミはカムイ、リョウマはそのときの支援会話集めの相手と組ませた。

ほか、ニシキとアクア組は幸運補正のおかげで強い強い。
ニシキが攻撃をよく避け、アクアの歌でタクミやジョーカーを
再行動させて回復/攻撃など、使い勝手がとてもよかった。

カザハナは序盤割と強くて重宝してたんだけど、
終盤に入ってからはすぐ死ぬようになって唯一レベル上げした。
カザハナとサイゾウで速さ重視。

ジョーカーとモズメは、モズメ育ててないのでジョーカーに
杖をいろいろ、モズメは調合薬など、
ほぼトランクのような扱いをしていた。

あとグレイとミドリコもそこそこ育って強くなった。
忍びが多いけど、今回は途中までカゲロウを使って
その後はグレイとミドリコに交代。

あと使ってたのはサクラ、キサラギ、ヒノカとかかな。
ヒナタとオボロは途中まで使ってたけど後で二軍落ち。
主力はカムイとタクミ、リョウマとオロチ、
ニシキとアクア、ジョーカーとモズメ、カザハナとサイゾウ、
グレイとミドリコかな。

次は透魔編。
前評判を見る限りどうやらそっちも微妙らしいけど、
ここまで来たらもう透魔編もやろう……。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM