アンジェリークルトゥール ジュリアス様&マルセル様 プレイ日記

  • 2015.12.31 Thursday
  • 23:43
アンジェリーク ルトゥール


ジュリアス様とマルセル様の感想です。

以下ネタバレ感想。
3週目はマルセル様でいきました。
おしゃべり嫌い、仕事嫌い、出かけるの嫌いと限りなくひきこもりに近いマルセル様でした。
放っておくと部屋でずっとチュピと戯れてそう。

クラヴィス様がおしゃべり好きな上にお出かけ好きで違和感がマッハ。
おしゃべり好き(リュミエール様限定)なのでしょうか。
それとも本人は楽しくおしゃべりをしてるつもりなのに周囲に気づかれてないか。
あとクラヴィス様にとってオスカー様が本気でどうでもいい存在なのに全私が泣いた。
ゼフェル様相手(たぶん)の「接点がない」よりキツイものがある気がする。

マルセル様との恋は、木漏れ日を思わせるような、ほのぼのした恋ですね。
思えば女王候補たちに「友達になろうよ」と親しく声をかけるのも
マルセル様が一番先で、アンジェリークとロザリアからしたら外見年齢も近い。
まだ守護聖になって日が浅いマルセル様と仲良くなるのは自然な雰囲気があって
微笑ましい気持ちで見ていられました。

ところで、自分はプレイするときに攻略対象を一人定め、
基本的に担当の守護聖様のイベント集めに集中します。
そのため、大陸に降りるときにご一緒するのはお目当ての守護聖様か、
既に攻略した守護聖様のみです。
攻略済の守護聖様のイベント集めでない限り、他の守護聖様は全員部屋デート。

そしていちいち最初からやり直しています。
今回の執事は再びジェラール、チュートリアルは飛ばしました。
が、飛ばしたのはいいのですがスタートダッシュで差がつきすぎて
ロザリアよりも優位になりすぎたため、面白みがなくなるという事態に……
気を抜くとヌルゲーになってしまうので、かなり手を抜くぐらいで
ちょうど良さそうですね。
で、お目当ての守護聖様と仲良くしつつ、イベント回想を回収しそこねた
守護聖様を合間に同時攻略して回想を埋めていきます。
リュミエール様は割とあっさり埋まったのですが、ルヴァ様に
漏れがあったので公園行ったり森の湖で空を見上げまくったりしました。

ここでようやく念願のペンダントをもらうことに成功。
初ペンダントはマルセル様でした。ご指摘の通り質問に手を抜いてたのが原因でした。
疲れたかどうかの選択肢わかんなくて毎回外してたんですよね……。

マルセル様は無邪気で素直な方なのですが、対ロザリアの妨害こわい。
「いらないよね?」がこわい。これで心を病まないロザリア強い。
マルセル様狙いのとき、ロザリアはランディ様とリュミエール様狙いでした。

なんとなくルヴァ様にはアンジェリーク派でいてほしいと思い
あれこれ好感度を上げてるうちに初めて全員をアンジェリーク派にすることに成功。
すごい気持ち良いですけどついロザリアに同情してしまって……
針のむしろ状態というか……いや私がやってるんですけど……
とか言いながら、結局、全員に愛想を振りまいてしまうのですが。
守護聖様を見かけたらマメに挨拶して、マメに動向をチェックする
アンジェリークは女王より営業でもやったほうがいいような気もしますね。
しかし、頭を下げて相手のイエスマンをやる真の目的が彼らの上に君臨する
女王になることだと考えるとアンジェリークもなかなか侮れないような気もしますが。
ぜんぶ私がやってるんですけどね(二回目)。

マルセル様の舞踏会スチル可愛くて好きです。
あと「花に囲まれて」もいい。

そんなマルセル様もずぶずぶアンジェリークにハマっていくのですが、
マルセル様を使命のために振ると、すごい弄んだ感あってゾクゾクします。
ルヴァ様、リュミエール様は大人の対応をしてくれるのですが、
マルセル様は幼く、純粋な恋をしてたのだろうと思えて背徳的な喜びが……。
舞踏会イベント3では「どんな結果になっても」と覚悟してる風なことを
言うのに、いざ振られたら気持ちを抑えられないのが、
良くも悪くもマルセル様らしくもあり。
ちなみに、追加イベントだってことは分かってます。

「だって、まずいんだもん」「だって、おいしいんだもん」というあたりにも
愛され甘やかされて育った末っ子っぽさがあって良い。
まっすぐで素直なマルセル様らしい恋が楽しめました。


さて続いてジュリアス様。
ゼフェル様がおしゃべり好きになってて、ツンデレ感がアップしてニヤニヤしてしまう。
女王を尊敬しており、他の皆に関心がなくお出かけもあんまり好きじゃないという
一緒にいるとひたすら肩が凝りそうなジュリアス様でした。
ちなみにクラヴィス様はおしゃべり嫌いなのにすごく他の守護聖様に
関心をもってる感じになってて、リュミエール様からひたすら情報を
仕入れてるイメージになって面白い。

前回がヌルすぎたのできちんとチュートリアルにも付き合い、
最初の審査のときだけちょっと育成してほぼ放置状態で
守護聖様の贈答頼りぐらいの気持ちのほうがちょうど良さそう。

無事にジュリアス様からもネックレスをもらえました。
今回も気づけば他の守護聖様は全員アンジェリーク派に。
ロザリアはオリヴィエ様とリュミエール様狙いでした。
執事はシルヴァン。あと、毎回星座と血液型変えてるのですが
めんどくさくてあまりラブラブフラッシュせずにそのままゴリ押しで
好感度上げてます。ディア様は可愛いけども……。

ジュリアス様との恋は、いかにも憧れから発展した恋という感じが良いですね。
こういう見た目だけ偉そうにしている男を「頼りがいがある」と勘違いしてしまう感じ、
すごく思春期だなって思って微笑ましかったです。
そしていざ有事が発生した際にクソの役にも立たないところを目の当たりにして
幻滅して現実を学ぶところまでがデフォなのですが、さすが光の守護聖様、
ギリ誇りを保つことに成功し、二次元ってホント素晴らしいなとしみじみしました。
※念のために付け加えると、私はジュリアス様が好きですよ……

特に女王候補と守護聖の恋であることをジュリアス様が気にして釘を差してくるので
「恋か使命か」感が強かったです。

空を見上げすぎてそろそろ首が痛くなってくる感じなのですが
他の守護聖様も全員知っている秘密の場所へドヤ顔で連れて行く
守護聖様を拝めるのがこの空を見上げるイベントの醍醐味ですね。
情景描写が美しくて心が洗われるようでした。

あと大陸に下りたとき、フォークダンスを踊りたがるアンジェリークに
なんだかんだと説教しておいて、結局は折れるシーンが可愛い。
「あ、踊るんだ……」っていう。ニヤニヤしてしまいます。

他の守護聖様はともかく、ジュリアス様だと歩いてるだけで
「どこぞのお偉いさん」感あるので大陸の人たちにすげー見られてそう。

それとジュリアス様のスチル、他の守護聖様よりも全体的に
丁寧な仕上がりですね。やはりメインだからでしょうか。
よその守護聖様同様に、他の絵師を代用してることはしてそうですが……。

女の子を夜に連れ出しておいて平気で他の女(女王)の話をするあたり
ジュリアス様の朴念仁ぶりがいかんなく発揮されてて良い。
舞踏会スチルも素敵ですが、スチル「使命を胸に」もお気に入り。

ところで、ジュリアス様を振るとかーなーりー感情的な姿が伺えて、
ジュリアス様は本気で、身も世もない恋に落ちてしまわれたんだなあと感慨深い。
あれほど女王候補であることを忘れるなとか、女王の自覚が〜とか
言ってたのに、年端もいかない小娘相手に夢中になってしまい。
アンジェリークもアンジェリークで、さんざん思わせ振りなことをしといて
「尊敬できる方ですけど……」と振るのもアレですが(私がやってるんですけど)。
いざ恋に落ちてみれば、ジュリアス様もただの恋する男でしかなくなるのが
男女の業を思わせて良いですね。
使命を理由に振られることを想定していなかったのか……
いや、本気だったからこそ傷ついたのでしょうね。
誇り高い方だから、自分だけ勘違いしてたこと、
愛を拒絶されることで誇りを深ーく傷つけられてしまう……
気の毒ながらも、ジュリアス様らしさが伺えるイベントでした。

もうめんどくさくてロザリアが森の湖でデートしてても
積極的に邪魔をして森の湖を開けた後にジュリアス様を誘いに行くという
下衆なプレイも平気で出来るようになった自分に哀愁を感じつつ、
次はランディ様に行ってきます。
個人的にランディ様が理由もなく苦手なので原因を特定したい所存。
一見して爽やかイケメンなのに……なぜ……。

コツがつかめたのか、ジュリアス様のイベントは今回で
すべて回収できたのでこの調子で二人攻略もやってみようかな。
コメント
はじめまして!
ルトゥールの回想の回収の情報が知りたくて、
こちらに辿り着き、プレイ日記読ませて頂きました。
文章がすごく面白くて、読んでいてニヤニヤしてしまいます。
他の守護聖様達のプレイ日記も楽しみにしてます♪
  • かい
  • 2016/01/05 5:33 PM
かいさん、初めまして!コメントありがとうございます。プレイ日記読んでくださってうれしいです。まったり更新していきますので、良かったらまた覗いてやってください。ルトゥール回想集め、お互いに頑張りましょう!
  • 大樹@管理人
  • 2016/01/05 8:39 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM