学園ヘヴン との遭遇

  • 2016.05.04 Wednesday
  • 02:28
学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE!


特に避けてたわけでもないのですが、なんとなく機会がなくて
プレイしてなかった学園ヘヴンがVITAになってたので、挑戦してみました。
古式ゆかしいBLで、謎の権力をもつ生徒会など、学園ものには
お約束の設定で固められております。

プレイし始めて早々に、「久しぶりにBLゲームでもやるか〜」といった
舐めた気持ちで挑んでしまったのを後悔しました。
三回沐浴して心身を清め、瞑想し、覚悟を決めてから臨むべきだった……。
甘かった……BLに対する姿勢が……。
たぶん直前にやってたのがメガテン4だったのも良くなかった……

とりあえず成瀬由紀彦氏と滝俊介氏をクリアしました。

古典的BL作品のいまさらな感想なうえにすごいふざけてるので、
真面目に学園ヘヴンを愛してる方は読むのをやめたほうがいいかもしれません。
時間が止まってるんだと思ってください。
自分は今過去に生きているのです……
以下ネタバレ感想。
王様(生徒会長)と女王樣(役職忘れたけど偉い)に会ったときは
まだ「王道だなあ」と見ていられたのですが、
遠藤和希氏が出た辺りでフォースの乱れを感じたのも束の間、
学園案内で校庭に出たばっかりにテニス部の主将、成瀬由紀彦氏と
遭遇してしまいました。その時のクラスメイト遠藤氏のコメントがこちら。

「ああいうのがタイプなんだ」

!?

一応断っておくと登場人物は一人残らず男です。
まだ自己紹介ぐらいしかしてない段階での会話です。
否定する主人公に「恥ずかしがるな」と言ってみたり、
「冗談だよ」と言ってみたり前後の文意がまったく噛み合っていない遠藤氏。
しかしまだこんなのは序章に過ぎない……

存在してるだけでなぜか好かれる主人公、
テニス部の主将である成瀬由紀彦氏に名乗っただけで
「いい名前だな」と褒められ、ギャラリーがたくさんいる中で好かれ、
そして次に現れた謎の双子に「部外者はどっか行けよ」
「王様と女王樣に構われていい気になって」といきなり嫉妬と敵意を向けられ、
そんな双子に絡まれてるのに放置するテニス部の主将:成瀬由紀彦氏、
他のクラブを見てまわるだけで成瀬氏に「熱心だ」となぜか再び褒められるうちに
徐々に気が遠くなっていき、極めつけは成瀬由紀彦氏が遠藤氏に向けた

「彼は君の、友達?」
「ただの、友達?」

※転校初日

??????

そして成瀬由紀彦氏にいきなりキスされます。

そんな熱烈なファーストコンタクトを迎えた自分▼


異次元に来てしまった……

一文一文を咀嚼して意味を把握してツッコミを入れたりするのに忙しく、
途中で自分は悟りました。
だめだ、このままでは永遠に終わらない……と。

論理の破綻を突っ込んではいけない。
考えるな……感じるんだ……フォースを……


成瀬氏の快進撃はまだ続きます。


「とにかく僕は啓太(主人公)のことを可愛いと思った。
 可愛いと思ったから、思わずキスしちゃったんだ」


??????????

上記のセリフを、
「太陽は東から上って西に沈む。
 しかしこれは地球が自転するからそう見えるだけなんだ」
とでも
説明しているかのような如才のない口調で言われてしまったときの自分▼





しかも上のセリフから「おかしいかい?」と
おかしさしかないのに確認してくる成瀬氏に
なぜかどう答えたらいいのか分からない主人公:伊藤啓太。

そしてなぜ遠藤氏は初対面の人間に対して、同性への恋愛対象としての
好意をもってる前提で質問してくるんでしょうか? 
彼は普段どうやって生活してるの?とか思いながらも頑張って続けました。

正直、双子は憧れの先輩の前ではいい子ぶるぐらいの知能が
あっても良いのではないかと思いましたが、これも王道ではありますね。

本文が同じことを何度も何度も話すなどして会話内容がぐるぐるループするので、
思考がブラックアウトするかと思いました。
この人達は本当に日本語をしゃべっているのだろうか……

というわけで、以下個別感想。

成瀬由紀彦

このままでは負けてしまう(?)と思い、とりあえず成瀬氏から攻略しました。

「あんないい加減な誘い方をされても、ちゃんと来てくれるんだ。
 礼儀を知ってるよね」

▲歓迎会にやってきた主人公へのセリフ

そのうち「目が二つあって、鼻は一つなんだ。機能的な顔立ちだよね」とでも
言い出しそうな成瀬さん。
しかもこうしたセリフ群を中の人の三木眞一郎氏がすごく大真面目に演じてるため
さらにフォースが乱れてきます。声の威力がパネエ。
呼吸するだけで褒めてくるレベルで「さすが」「かわいい」「律儀だね」と
褒めて褒めて褒めまくってきました。
「律儀だね」とか聞きすぎてゲシュタルト崩壊しそうです。

成瀬さんは主人公が好きなのでもう出会い頭から好感度MAXです。
しかも成瀬さん弁当を作ってきたりと今見ても斬新なアプローチをしてきました。
主人公も弁当一個で成瀬氏に落ちかけます。ちょろいです。

こんなに好き好きアピール、というか好き好きアピールしかしてないのに
後半で成瀬氏の好意を疑うような素振りを見せる啓太に、
さすがに成瀬さんが気の毒になりました。
もはや鈍感さもここまで来ると脳機能障害があるのかと疑うレベル。

主人公が成瀬氏の好意を利用してるように見えました。
もう分かりきってんだから頼るからには好意を受け入れる気持ちでいろよと思います。

啓太氏よ、相手が宇宙人だとしても異文化交流の基本として
相手の言語を理解しようとする姿勢は大事だって猫が言ってたよ


ていうか成瀬氏のプレイボーイ設定ってどこ行っちゃったんですか?


===


滝俊介

滝氏のルートを攻略したら普通に話が展開されたので、
異次元なのは成瀬氏だけだったのだとちょっとほっとしました。
さんざんふざけておいてなんですが、さすがにBLの金字塔と呼ばれただけあり
数多の攻略対象に加え、全体のシナリオの流れも引きこまれますね。
やや短めですがよくまとまっていて、他のキャラを攻略するのが今から楽しみです。
あと宇宙猫かわいいですね。今後そんなに突っ込むところなければ
宇宙猫の画像を張ることもないかと思うので宇宙猫の登場は成瀬氏だけかもしれません。
ていうか宇宙猫の画像を貼りたいだけなのかもしれない。

……滝氏の感想でした。

なかなか重い話でびっくりしました。面白かったです。
お互いに普通の友人同士のようなやり取り(※成瀬氏比)が多いので
爽やかな気持ちで見守ることができました。
啓太の良さがよく分かって良かったです。
感想が普通ですいません。いや違う、これでいいんだった。
コメント
まさかの学ヘブでびっくりしましたw
自分は昔友達に借りてプレイした記憶がうっすら……。その後、アニメで補完しましたw
数年前に流行りに流行った王道?学園モノですね!

個人的には学ヘブ2の笠原智友君を攻略したいです。モブの中のモブらしいんで、期待大……。
でも18禁が無いんです……2は。

学ヘブ1は海野 聡くんが好きです川上とも子・・・・・・。

良くも悪くも古き良きBLですね! たまにコテコテなBLしたい時にはいいかもです(*´ω`*)

一時期すごかったですよね〜。
さすが人気があっただけはあるなあと実感しております。

海野先生かわいいですね!声もビジュアルも。
2も評判が良いですよね。

しかし、王道のBLを楽しむだけで体力を消費するとは思いませんでした……修行が足りなかった……
  • 大樹@管理人
  • 2016/05/10 7:41 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM