喧嘩番長 乙女 箕輪斗々丸 感想

  • 2016.06.19 Sunday
  • 23:19
喧嘩番長 乙女


12歳以上対象、拳で愛を語る恋愛アドベンチャー。
主人公の中山ひなこは、生き別れだった双子の兄ひかるの要請により、
ヤンキー高校獅子吼学園に男として入学することになります。
主人公はそこらの男より強い格闘技のエキスパートであり、
作中でも本当に男と殴り合います。
それだけでなく圧倒的な漢気により学園をまとめるトップを目指すことに。
映画「クローズZERO」とかの世界が好きなら楽しめると思います。

エンディングは友情エンドと恋愛エンドがあり、かなり友情推しの作品です。
共通ルートが長く、昔懐かしいマップ選択式で進行され、胸が熱くなりました。
シナリオは王道を抑えつつ、主人公が仲間たちの信頼を得てトップに上り詰めていく様子を
丁寧に描いていると感じました。それゆえに共通ルートが長い。
個別ルートは短く、甘さ控えめです。ただ、丁寧ではあります。
特筆すべきは、サブキャラが魅力的でとても良い。蛇男くんとか、味がありますね。
名前のないモブキャラも愛すべきキャラクターとして描かれてて好印象でした。

キャラクター達は、不良というよりは格闘技のエキスパート推しです。
空手、ブラジリアン柔術、ボクシング、キックボクシングといった具合。
ケンカはしますがDQN要素はほぼないので、その辺りにアレルギーがある方にも
配慮されていると思います。とはいえ、本職の組が出るので注意は必要ですが……

以下ネタバレ感想。
箕輪 斗々丸

パッケージの黄色い人です。
明るくまっすぐで、一番最初に友だちになってくれるのがうれしい斗々丸。
彼は一人で男であるはずの主人公にときめいちゃってあれっ?的な
王道の反応を見せてくれて、なんだか心が和みました。

雑貨屋でのイベントは切なくて良かったですね。
斗々丸はなにひとつ悪気はなく、斗々丸は悪くないのに
すれ違ってしまうところが切なくなりました。
恋愛イベントでは、主人公が女の子だと分かってわたわたするさまが
微笑ましくて良い。

友情ルートでは問題の解決方法が面白くて良かったです。
終始爽やか〜な雰囲気でした。

牛又高校の龍夫との話も、斗々丸はなにも悪いことをしてないのに
めぐり合わせが悪くて逆恨みされてしまうのが、斗々丸らしくもあり……
ただ、斗々丸の「お前が俺に負けたのは、単にお前が弱かったからだ」といった内容で
タンカを切ったところが格好良かったです。ぐうの音も出ない正論。格好良い。
でも恐らく、斗々丸のそうした曇りないまっすぐな「正しさ」が、
龍夫のような人を追い詰めてしまうのだと思う。
頭が良くて腕っぷしが強くて格好良くて優しくて明るくて。
男として斗々丸になにひとつ勝てる要素がない龍夫。
これも斗々丸が挫折を知らないがゆえなので、好感はもてるけど
裏表がなくて爽やかなので、観察していてさほど面白い人ではないですね。
たぶんそこが斗々丸の魅力だと思うのですが。
序盤で主人公にケンカで負けてるのが、挫折とする見方もできなくはないかと思いますが
挫折と呼ぶには彼にとってのケンカのウェイトが軽すぎる気がします。
正直、彼は本当の意味でなにかを欲しいと渇望したことがあるのかすら怪しい。
作中では、ないんじゃないですかね……? ぜんぶなんだかんだ解決してますし。
高校推薦だって、さして行きたそうな感じでもなかったですし……
留学すれば、それが彼にとっての挫折の経験になりそうではありましたが……

恋愛エンドは、主人公が漢気があって格好良かった。
バレンタインで嫉妬する斗々丸にはニヤニヤしました。
主人公が女だと知って影で一人奮闘するけど、結局は主人公と
拳で分かり合う感じがとても喧嘩番長乙女ならではといった感じで
好感が持てました。「可愛い子は性格も可愛い」みたいな
ハリーポッターも驚きのファンタジーをまじめに信じている
童貞純粋なところが、斗々丸の良さですね。


中山ひなこ(主人公)
真面目で強くて思いやりもあり、格好良い主人公。
家族への飢えによりひかるの無理難題にも応えようとするさまが
涙を誘う主人公。良い子です。ケンカでも、メンチを切るとき以外は
礼儀正しく年上には敬語……。
もう恋愛要素抜きでいいからひなこに幸あれと願うばかり。
女子高生活を満喫するひかるを羨み、寂しそうにしてる姿は胸をつかまれる。


鬼ヶ島ひかる
言っていいのかわかりませんが……

彼はかなり重度のコミュ障だと思いました。

内向的で口下手タイプのコミュ障は、まめにこちらから話しかけてれば
そのうち慣れてコミュニケーション取れるようになりますが、
正直言ってひかるタイプのコミュ障は関わるのめんどくせえなって思います。

特に別荘に行ったときなんか、本命であるはずの未良子先輩を含め、
誰一人として良い印象を与えられてませんよね? あれって致命的なような……
坂口がいるから気が抜けちゃうのかもしれませんが……
女子高では完全に猫被ってるから友だち出来たのかもだけど……
ちょっと深刻なコミュニケーション障害だと思います。
話すのに慣れてないだけの人は、話す訓練をしたり社交性スキルを獲得すれば
「優しい人」にジョブチェンジできる可能性がありますが、
ひかるタイプの人はこのままだと「無神経な人」にしかならないような……
しかも本人もなにが原因で周りに嫌われてるか分かってない感じの……

きっとシナリオを進めればひかるの事情も明らかになるとは思いますが、
彼は鬼ヶ島組で望まぬ生き方を強いられ、心を許せるのは世話役の坂口だけという状況から
人に甘えたり、コミュニケーションを取ったりするすべが分からないのでしょうね。
だから気を許すと「ワガママ」「傍若無人」な振る舞いになってしまう。
ひかるのひなこへの傍若無人ぶりは、疑いようのない双子で、家族だからこそ
出るのだと思いますが、ぶっちゃけひかるの事情はどうでもいいっていうか……。
ひなこが可哀想で、あんまりかなあと思います。
確かに主人公は強いけど……そして主人公の格闘技の強さは、
物語の開始時点ではほぼ誰にも認められることがありません。
(テコンドー?の部活の教師ぐらい)
むしろぼっち人生が表すように邪魔ですらある。
その格闘技の強さが光輝く場所、つまりひなこが光輝く場所として
獅子吼学園が相応しいって理屈は分かるけどさあ……
ドタバタラブコメ?なのも分かるけどさあ……。
己の欲のために人を利用するのを良しとするところなんて、紛うことなく
極道そのものですので、案外向いてるんじゃないですかね、極道。
今の極道は腕っぷしの強さなどより金を稼げるかどうかが大事だって言いますし。
しかし、もうちょっと「ワガママだけど憎めない」感じを出せなかったのかなあ。
もしかして出してるつもりなのでしょうか。だとしたら失敗だと思います。

とはいえ、恐らくは主人公ひなこを輝かせるために泥を被ったところが
大きくもあるので、ひかるばかりを責めるのも酷かもしれません。
コメント
きたー!!
感想有難うございます! めちゃ気になってた作品なので、嬉しいです(*´ω`*)
Vita持っていないので、本体買ったらぜひ購入したいですw

なんか、昔の少女漫画的な王道さ溢れる作品ですよね!雑誌を見た所w
そして、王道さゆえの男の筈なのになぜトキメク?的な展開が沢山あるといいなあと思ってますw

他のキャラの感想も楽しみにしてます!(*´ω`*)
  • 流音
  • 2016/06/24 11:01 PM
読んでくださってありがとうございます!!
確かにいろいろと王道な作品ですね!
男なのになぜかときめく…!?は特に斗々丸が一生懸命やってくれていますw
とはいえ他のキャラにもちらほら散見されてはいます。

なかなか楽しいですし、主人公は良い子なので、良いかもしれません!
感想がなにかの参考になれば幸いです〜!!(/・ω・)/
  • 大樹@管理人
  • 2016/06/25 9:43 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM