Lifeline:ホワイトアウト 感想

  • 2017.01.31 Tuesday
  • 16:53




サバイバルアドベンチャーゲーム。今回の舞台は吹雪に覆われた極寒の地。
主人公はV. アダムズ。単品で遊べます。
「自分が誰なのか、なぜここにいるのか何も覚えていない」と語り、
吹雪の中で途方に暮れるアダムズを最善の結末へと導くのがプレイヤーの役目です。

アダムズはタイラーやアリカと違って、素直で感情表現豊かです。
ひねくれたところがないので、迷ったり悩んだりはしますが、
基本的には起こった出来事に対してまっすぐな反応を示します。

前2作とはまた異なる雰囲気で、飽きずに楽しめました。

以下ネタバレ感想。
今回は頼もしい相棒がいてくれるので安心感がありました。
犬(ブルー)を助けると隣に座って温めてくれるのに和む。
また、アダムズがブルーを可愛がって、信頼関係を築いていくのを見るのは
彼の生い立ちを考えるとほのぼのします。
アダムズとの通信を通じてブルーの動向が分かるのもいい。ブルー可愛い。

初回は黒幕との心中エンド。
次に土壇場で失敗エンド、
三度目でようやくトゥルーエンドを迎えられました。
最後の選択肢が印象的。

あの選択肢によって、アダムズの受け答えが選択に沿って変わるのも良かったです。
彼にとって重い選択ですが、アダムズがここで敢えてプレイヤーに委ねたのは、
プレイヤーが「人間」だからこそかもしれません。
「人間とは何なのか」を考えさせられました。

また、ホワイトアウトというタイトル通り、吹雪の中で生きるためにさ迷うアダムズが、
吹雪が晴れたときに助かる(=生を得る)、という展開と相まって、テーマに沿った良い流れでした。
話も劇的だったように思います。
特に終盤辺りはアダムズのまっすぐさが物語と良い相乗効果をもたらして、
非常に盛り上がりました。無事に助かるのか、見ていてドキドキさせられる。

また、「記憶喪失」の扱い方が面白い。
アダムズは「記憶を失っていた」のではなく、最初から「記憶がなかった」のは
意外性があって良かったです。

これからアダムズがどのように生きていくのかはプレイヤーの想像に委ねられるものの、
ブルーがいるなら悪い方向には行かないだろうなと思います。
アダムズの生い立ちがああいうものだったからこそ、今回は敢えて
人間ではない生き物である、犬のブルーをチームに加えたようにも感じられました。

そう考えると、彼はブルーとの出逢いで初めて
人間ではないものに優しくしたのかもしれない。

ブルーの境遇を考えると、置かれた環境がどこか似通っていて、
アダムズとリンクするのも良いしかけですね。
そんな二人が友情をはぐくみ、力を合わせていく姿は応援したくなりました。

プレイし終わってみると、他の仲間たちの動向もそれぞれ全く違って興味深い。
きっとそれぞれがいろいろ方策を考えて、懸命に生きようとしたのだろうなと思うと、
やるせなさもあります。

その中で、黒幕を崇拝するアダムズの兄が、定められたみずからの存在理由に従って
役割を果たしたのは、流された場合のアダムズの未来を暗示しているようでもあり……。
彼がパスワードを知っていたのも、恐らく偶然ではないでしょう。
彼は黒幕の役に立つことに縋るしかなかったのだとも感じます。
溺れる者が藁をも掴むように。

しかし、これだけ黒幕を崇拝して、黒幕の望み通りに動くのに
黒幕からは「欠陥がある」と見なされていたのは興味深い。
自分の思い通りに動くモノを求めていながら、確固とした意志を持つ
人間的なアダムズのみを良しとするのに大きな矛盾と歪みを感じました。
まあ、これもまた黒幕の自己愛によるものなんだろうけど。

命とは何なのか。
生きるということは、自分ではない何者かによって定められた用途に
ただひたすら盲目的に従うことなのか。

短い時間の中で、アダムズは悩み、迷い、笑い、怒り、恐怖し、
そして勇気を持って、歩み続けました。
迷いの中でそれでも未来を信じて、自分の意志で前に進み続ける、
それこそが「生きる」ということではないのかと訴えかけるようなシナリオが良かったです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM