サガスカーレットグレイス ウルピナ編挫折

  • 2017.06.03 Saturday
  • 21:32
サガ スカーレット グレイス - PS Vita


ウルピナ編に挑んでいたのですが、5日ほどラスボスに挑戦し続けたものの
勝てる見込みがまったく見えず、楽しい気持ちよりも退屈な気持ちが勝ってしまったため
このたび挫折しました。ゲームは面白かったのですが、やり直す気力も湧かず……。
スキル上げもしたのですが、ラスボスがそれに合わせて強くなってしまうのです。

戦い方が悪いのかもしれませんが、ちまたで出ている攻略法はおおむね試し、
一度だけ三戦目まで行ったものの以後まったく二戦目を突破できなくなりました。
スタン狙いは運要素が強すぎて気持ちが萎えてしまいました。
スキルレベル3まで上げたのですが、スタンがまったく決まらず……
他にも運動性を上げたり、疾風の靴を5つ用意したり。
ルイースさんのかぶと割りとか、召雷でエリセドお姉さまが頑張ってくれたのですが、
なかなかうまくいかず。
ラスボスだけで5日もやってるので、もういいかな……。
新品で買いましたし、途中までは楽しくプレイしていたので
出来たらクリアしたかったのですが、残念です。

===

それとリクエストボックスでリクエストしてくださった皆様、
構っていただいて本当にありがとうございます!
どの回答も非常に参考になります。
その中でもいくつか複数の方からおすすめいただいた作品があったので軽くご説明をば!

もしものキミとボク
ありがとうございます、クリア済です!!知らねーよって感じですよね、すみません!!
DIGICLAさんは独自の世界観が魅力的で、どの作品も安定して面白いですよね。
モノクロオムヘヴン、花の葬列などの他の作品もプレイ済です。
でももう一回プレイするのもいいかもしれない。

シュガードロップ・ブレイクアウト
信じられないかもしれませんが、なんと初公開時にパッケージ版を購入して積んでいます。
これはあれです、大好きなおやつを取っておいたら今になってしまったパターンです。
なんかプレイするのがもったいなくて……リクエストで存在を思い出しました……。

CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-
ありがとうございます、クリア済です!!ザックス!!
ラストの演出は本当に良かったですね……!
エンディングではボロ泣きしました……。

魔女の遺言・水杜の都
ありがとうございます、クリア済です!!
easelさんは良い仕事をなされますよね。絵もシナリオも安定して高品質、
かつ主人公たちも嫌味がなくて賢くて可愛いですし。
「人読み師」も面白かったです!

あとペンタゴンシンドローム、エンディングリスト見てみたら
なんとほとんどのエンディング見てませんでした。
クリアしてないんだから内容覚えてるわけねーじゃん……
老化って、悲しいですね……

===

以下は途中まで書いてたプレイ感想。


サガシリーズはこの作品が初挑戦。シリーズ未プレイでも問題ありませんでした。
最初の選択肢でウルピナにたどり着いたので、そのままスタートしました。

往年の名作を彷彿とさせる、非常に硬派なゲーム。
プロローグが終わった時点で、あとは好きにしろよと言わんばかりに世界へ放り出されます。
大まかなシナリオは、蘇りつつある邪神ファイアブリンガーに対処する、というもの。
開始時点では帝国の歴史などが語られることもほとんどありません。
キャラの会話にある断片的な情報をつなぎ合わせて世界観を把握していくイメージです。
ウルピナ編の場合、彼女には明確な目的がありますが、目的地までどのルートを通るかは
プレイヤーの判断に任されます。
一般的なRPGだと、キャラが「Aルートを通ろう」などと道順も
勝手に決めてしまう場合が多いのでこれがなかなか楽しい。

また、このゲームをプレイしていると、最近のゲームはお喋りになったんだなと感じさせられました。
この作品ではキャラ同士のかけあいや個別シナリオはおろか、戦闘中のボイスすらありません。
いわゆるキャラゲー的要素の一切を排除したゲームだといえます。
そのためキャラの性格をつかむ情報は、プロフィールに記載されている自己紹介一文のみ。
ウルピナ編で主なやり取りをするのは主人公ウルピナとその従者モンド。
これも必要最低限の短い会話でシナリオが展開されていきます。

戦闘は単純なようでいてなかなか骨があります。
最初は適当にやっていても進めますが、中盤くらいからは陣形、装備、キャラ性能、
スキル、行動順などを踏まえて戦略を組まないとEASYの雑魚相手でも普通に全滅します。
適当な陣形にしていたら敗北したので、陣形を変えたら勝った、ということもままあります。
敵がインタラプト(攻撃の妨害)してくることを見越してカウンター技で控えておく、など
場合によっては敵の行動パターンを把握する必要もあります。
戦闘時のロードは確かにやや長めですが、ペルソナ2罪罰などと比べれば
まだ速いほうなので許容範囲でした。

シナリオは面白いです。王道でありながら骨組みがしっかりしている。
たまに口調とかが崩れるというか、グラフィックといいテキストといい良い意味での癖がありますね。
選択肢によってシナリオ展開が大きく変わります。味方キャラは基本的にウルピナと従者のモンドしか
喋らないので仲間!努力!絆!といった暑苦しい展開はありません。
ウルピナ自身にも甘さはありますが、彼女は必要に応じて屈辱を耐え忍ぶ賢さがあるので、
見ていてイライラすることはなかったのが好印象でした。

主人公は4人。そのうち剣将軍家のウルピナルートだけでプレイ時間は30時間と少し。
これだけプレイしてまだ四分の一しかクリアしていない計算です。
とはいえ、それほど効率的にプレイしたわけではないので、無駄にうろうろしたり、
全滅して試行錯誤したりする時間も含まれてはいます。

音楽はとても美しいです。ボス戦BGMは圧巻でした。

ちょっと気になったところは、キャラを仲間にするときの選択肢で、
時折選択肢の主格がいきなりキャラに変わることがあるぐらいです。
他には、戦闘で苦戦すると戦闘に集中しすぎて次になにをやらなければいけなかったのか、
目的地はどこだったのかをちょくちょく忘れます。

特産品開発はいまだにルールがよくわからない。

他、街はうろうろできず鍛冶屋があるだけなのでちょっと物足りないです。
新しい街を訪れる楽しみは欲しかったかな。
よく使用するキャラは以下の通り。

ウルピナ:素早いです。二刀流を身に着けられるのも嬉しい。
ノープランで特攻したりちょい脳筋なところも微笑ましい。
たまに口調が雑になるのはご愛敬。王の運命イベントはめぐり合わせを感じさせてとてもよかった。
エリセドを仲間に誘う選択肢が微笑ましい。
気丈に振る舞っていたウルピナが、エリセドの前でわがままを言いまくるのが可愛かったです。
ウルピナが無条件に甘えられる相手って、実はモンドですらなくエリセド姉さまだけのような気がする。
モンドは叱咤しちゃうから。これは母を早くに亡くしてるのが関係あるのかもしれません。
義母ヒルダにはちょっと微妙な態度のウルピナだけど、ヒルダのほうはさっぱりしていて良い人なので
これを機に仲良くなれたらいいなあ。
それにしても父と兄の生死が不明な状態で、実際に経過した時間は一週間とはいえ、
体感で一年間もよく修行できたな。
選択肢によっては兄に対して「殺すしかない」とか言い出すので、
良い子ちゃんなウルピナを保つにはユーザーの誘導が必要となります。

ティシサック:頼りになる槍使い。渋くて格好良い女戦士です。
毒を付与できる蛟竜波にはお世話になりました。あと困ったらスパイラルチャージ。
陣形デザートランスにしてよく使ってました。

ルイース・ダーリング:完全に好みで決めました。
現実を把握して達観していながら自分の役目はきちんと果たす感じが好きです。

ローソン:青い看板がちらつく術使いのおじさん。毒霧と生命の雨が助かりました。

カーン:ロール「大黒柱」のおかげでしぶとく生き延びてくれます。
さっぱりした感じのキャラも好印象。

アントニウス:終盤で加入。ヒルダと迷ったのですが、
重要アイテムの槌を捨ててまでも生かしたお兄ちゃんなので仲間になってもらいました。
ウルピナほど素早くはないですが性能が優秀。

ツィゴール:初期キャラ。格好良い。能力は中途半端なのですがなぜか外せない。

ヤマト:ディフレクトが結構使える。主力LPが低い時の代替要員。

ベアトリス:ガード、骨砕きと冷徹撃にお世話になる。主力LPが低い時の代替要員。

ソクラテス:主力のLPを回復するための雑魚戦で活用しました。
こんな頭良さそうな名前なのに漁師ってあたりに感じる遊び心。
ラスボス戦で足払い要員としてスキルレベル3まで上げましたがダメでした……。

ヘイゲル:LPが1、加えてロール「薄幸」が性格を表している。
眠り回復力と眠り抵抗力アップってあたり、容易に死ねない、容易に安らげないってことなのかな。
だから「薄幸」か……
終盤で鍛えて使ってみたのですが、雑魚戦などでマインドステアや毒蜂がすごく決まるものの
ラスボスは眠り耐性があるので使えませんでした……。

ホンスワン:終盤で鍛えて使ってみたのですが、性能は良いものの
あまりラスボス戦では活躍しませんでした……。


オグニアナとモンド、ソロン、エリセドには序盤〜中盤にかけてお世話になりました。


他の印象的な人たち:

ソロン:上位互換のエリセド姉さまが来るとお役御免になります。序盤は活躍したんだけども。

ルーグ村のネエちゃん:あんなにきゃぴきゃぴしてたのにいざ加入してみたら意外にCOOL。
ロールからして「リアリスト」だし、窮地に陥ったら真っ先に仲間を見捨てそうなキャラ堂々の第一位。
ウルピナに恋をしたかと思いきや秒速で振られたときには声を上げて突っ込みました。
いやいや早いだろ。まだ街に到達しただけだぞ。
村に迎えに行ったら仲間になってくれました。
ちなみに本当に「ネエ」ちゃんという名前です。

ヒルダ:なかなか愉快なお義母さん。陣形持ってるんだけど、性能的にはちょっと微妙。

イグナシウス:思わせぶりな自己紹介文の割には本編ではその辺り完全スルー。

ムアダナイト:使ったことがないので性能はよくわからないが、なぜか偉そうなおじさん。

あとクリア後にも周回で引き継ぎなしは辛い。せめて装備とかさ……
コメント
おや? と思ったのでこっそり。

「忘備録」という単語についてです。
私自身は「備忘録」という言葉で覚えていて、「忘備録」という言葉を聞いたのはここが初めてでした。まぁ、そんな頻繁に使う言葉ではないですしね(笑)

で、ちょっと調べてみたのですが、現在では通用する言葉としつつも、正しくは「備忘録」のようです。

根拠は、
三省堂辞典にて「備忘録」の項に詳しい意義が紹介されており、「忘備録」の項では備忘録への誘導のみが付いていたこと。
そして、岩波辞典の方では「忘備録」の項が存在しなかった、ということです。

非難とかそんなんじゃ全然なくて、「あ、こんなところも変化してるんだー」みたいな、純粋な驚きを共有したくてコメントしました。ではでは〜
  • あるへ
  • 2017/06/09 11:26 PM
あ、そうそう、連投失礼。
サガについてですが、ラスボスがこれまでとは一変して凶悪な強さを誇り、非常な長丁場となるのはシリーズの伝統ですね。
地道なキャラ強化も必須ですが、プレイヤーも知識と経験と慣れも重要でして、強力な技の閃き、陣形や連携の駆使、敵の攻撃に対するきちんとした対策などが求められます。
場合によっては強化しすぎないことが鍵になる場合も。

サガスカについては案の定全然知らないのですが、プレイアブルキャラを変えて一からやり直してみると上達を感じられるかもしれませんね。

サガの世界は「裸(装備無し)一人旅クリア」とか、「最低戦闘クリア」とか、目を疑うようなやり込みプレイを緻密な計算のもと達成する変態がゴロゴロいる世界ですから、ゲームの難易度も非常に高い傾向にあります。
  • あるへ
  • 2017/06/09 11:35 PM
ご指摘ありがとうございます。記事内容を訂正いたしました。

そうですか、難しいゲームなのですね。
難易度が高いにも関わらず、挑戦したことがそもそも間違っていたのかもしれません。
  • 大樹@管理人
  • 2017/06/09 11:43 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM