ランキングいろいろ

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 22:04
5/26に拍手を送ってくださった方、ありがとうございます!
「同人・商業&乙女・BLそれぞれで面白かったゲーム等のランキングを見たい」とのことでした。
せっかくなので書いてみました。
ただ、同人についてなのですが、最近はあまり同人作品をプレイしておらず、
プレイしても記事にしないことのほうが多いので非常に情報が古い状態です。
同人ゲーム、フリーゲームの最新作はほとんど知りません。

そのため、個人的なお気に入り作品の紹介というかたちにさせていただきたいと思います。
あくまでも私が特に好きな作品という意味であり、客観的に評価して完成度が高いか、
人に推奨できる作品か、という基準では選んでおりませんのでご了承ください。

また、同人作品はすべて同率一位ですので、順位はつけておりません。
同人乙女

Nights of the Knife URL:http://rikuronohate.uh-oh.jp/game/
「Nights of the Knife」が一番好きですが、「Seven Days War」も
主人公がさばさばしてとても好きです。
すべてテキストの作品でした。二作リリースした後に更新終了してしまいましたが、
今でもとても好きです。作品はダウンロードしてバックアップ済。
もう一回プレイしたくなってきた。

メルクリウスの青い砂 URL:http://www.f-sp.net/
当時ドハマりしました。ジェラルドが好きでした。
今でもとても思い出深い作品です。
「渡り鳥の門は遠く」もお気に入り。

PrincePanic URL:http://leda.daa.jp/
シナリオはほとんど忘れてしまったのですが、プレイしていて非常に楽しかった覚えがあります。
内容はおぼろげなのになんか楽しい気持ちだけがふわっと蘇る。
今見たらダウンロード版が出てるのですね。人気あったから復活してなにより。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?eid=239569

The Goddess Of Tears〜Daybreak〜
今や売れっ子絵師の悌太さんを知った作品。
当時も美麗なイラストに惚れ惚れしたものです。
双子王子の話も、シナリオが切なくて好きだったなあ。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?eid=292051

ETERNAL LORD/ETERNAL HOPE URL:http://www2.bbweb-arena.com/akumabi/
最新作の制作中にデータが飛んでしまって以降、ぱったり更新が途絶えてしまったシリーズ。
モチベーションが消えてなくなるのも致し方ないですが、好きでした。
甲乙つけがたいですが、LORDのほうが好きだったな。主人公が可愛い。
いやでもHOPEの真相ルートも卑怯だったし、このシリーズは
非人間枠が本当に優遇されててずるい。好き。
もういっそ旧作シリーズを忘れて新しい作品を作る形でもいいと思います。
可能であればですが。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?eid=286815
http://blog.souga.fem.jp/?cid=49968

恋のA&C URL:http://ponkotsu.onasake.com/
ポンコツKNIGHTさんの作品。人気があるサークルさんなのでご存知の方も多いかもしれませんが、とってもかわいい作風のサークルさんでほのぼのします。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?eid=1006185

萌えろ!ざわざわ青春日記 URL:http://wikiwiki.jp/zawagame/
有志が作った二次創作作品。完成度が高かったです。
捨てキャラがおらず、どのキャラも愛にあふれたシナリオ。
グラフィックもキャラのオリジナル造形を大切にされています。
背景のざわ…ざわ…の演出、初めて見たときびっくりしました。
愛を感じます。




同人BL

ラッキードッグ1 URL:http://tennenouji.net
これを同人作品にしてしまうのは反則というか、卑怯ではないかというぐらい商業としても遜色ない作品。
ジャンが生き生きしてて、プレイしていて楽しかったなあ。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=49949

真夏の扉 URL:http://dennouorosidonya.web.fc2.com/jisaku/jisakutop.html
テキストオンリーです。この方の作品にドハマりして、切なかったりときめいたり、たくさんの素敵な感情をもらった気がします。「恋のまんなか」も好きだったなあ。
もっとたくさん作品があった気がしたんだけど、これだけだっけ?

冬のお伽ばなし
しんしんと降り積もる雪の情景が美しい作品。
美しさの中にどこか仄暗さもあってお気に入り。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=49969

たいぴんぐDEテイミング! URL:http://pinkbat.sakura.ne.jp/801/taitemif/taitemif.htm
すごい健全なエロでした。お前ら!!!!ほら!!!!!!エロだぞ!!!!!!と開き直ってる姿勢が好きでした。




商業乙女

こちらからは順位を記載します。
非常に迷いました。しかも、迷った挙句絞り切れませんでした。

1.下天の華 URL:http://www.gamecity.ne.jp/geten/
グラフィック、テキスト、どちらも非常に完成度が高いです。
主人公であるほたるちゃんが可愛いのも好印象。
展開がドラマティックでありながら、恋愛もおろそかになっておらず、とても好きです。
あまり歴史ものに興味がなかったのですが、歴史ものへの認識を良い方向へ改めた作品。
エンターテインメントとしての面白さがあります。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=50019

2.蝶の毒花の鎖 URL:http://aromarie.com/
長さはそれほどないのにぶん殴られたようなインパクトがある濃密な作品。
続編の幻想夜話でも気が抜けません。18禁版をプレイしました。
性描写に定評のあるシナリオライターさんなので、18禁版のほうが良いのかな。
グラフィックの美しさもさることながら、スチルの構図にも独創性があって、
シナリオも非常に良質な、贅沢な作品です。
スチルで立ち絵との落差が出るようなこともないのがすごい。
難しいかもしれませんが、このタッグでまたもう一度作品を作ってほしい。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=49934

2.暗闇の果てで君を待つ URL:https://www.d3p.co.jp/kurakimi/
いや、問題のある例のルートだけじゃなくて、普通にパン屋の桜庭くんのルートとかも好きです。
こういうサスペンス系の乙女ゲーム大好き。全体的にクオリティが高かった気がします。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=49926

2.遥かなる時空の中で3 URL:https://www.gamecity.ne.jp/haruka3ultimate/
夢中になってプレイしました。5以外のすべての作品をプレイしていますが、
やはり遥か3は十六夜記や運命の迷宮なども含めて印象深い。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=49946

3.Glass Heart Princess URL:http://www.otomate.jp/ghp/
振り切ったくだらなさが好きだった。
ここまで最初から最後まで徹底したラブコメやってくれたところを評価したい。
感動ものよりもラブコメのほうが希少なので。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=49981

3.SWEET CLOWN 〜午前三時のオカシな道化師〜
URL:http://www.takuyo.co.jp/products/sweetclown/
はっきり言ってしまうと中盤は中だるみしてだらだらするわ
主人公の柘榴ちゃんにはまったく共感できないわ
この子大丈夫かな?と別の意味で心配になるわで、プレイ中は寝落ちしそうになりました。
そのうえ同じ話題を繰り返すため(しかも毎回答えは出ない)退屈のあまり苦痛に感じ、
途中まではそれほど面白いとは思わなかったのですが、エンディングに到達すると
それまでの印象がガラリと変わる不思議な作品。
それぞれのエンディングでぜんぶ持っていかれました。
あと、音楽が素晴らしい。サントラ買いました。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=50026



ところで、自分が好きなのは和ものではなくファンタジー系統だったりします。
和ものはたくさんあるので、どなたか西洋ファンタジーとか、和もの/現代もの/学園ものでない
ファンタジー乙女BL作品があったらそっと教えてください。アプリ可。一般ゲーム可。
あ、こういうときにリクエストボックスって使うのかな。
プレイするか分かりませんが、参考にはします。なんのお約束もできませんので、
リクエストして完全スルーされてもよい、という方のみどうぞ。
募集しておいて反応しない可能性も高いので、そういうときに傷ついてしまう方や
「こいつ何様のつもりなのかな?」と思ってしまう方はお控えくださいね。
何様でもないですし、しかしてその正体は!!実はローマ法王でした!みたいな
びっくり展開も特にないので、そういう方面でご期待なされないように。
古い作品でも歓迎します。





商業BL

1位が甲乙つけがたく、同率一位としました。

1.No,Thank you !! URL:http://pa-rade.jp/nty/
グラフィックの美しさ、濡れ場の描写、テキストなどが上質であり、下品になりすぎず
しかし細かい部分までがっつり描いている点、主人公が雄々しいところなどが
ぴったり好みに合致しました。
グラフィックも美しく、立ち絵やスチルが安定して崩れがなかったところに実力を感じました。
音楽も耳に残ります。加えてシナリオの構成や展開も緩急があり、戦闘シーンなども飽きさせません。
ルムナンにもハマったので、このブランドの作風が好きなんだと思います。
主人公のハルが好き。まるでなにかの帳尻を合わせなければならないかのように、
天真爛漫な明るさと孤独、あるいは諦観や絶望が背中合わせになってる主人公が多いので、
これはもう完全に好みです。攻略対象は全員好きです。
それぞれの攻略対象でなければ描けない物語であったところが特に好きです。
BL作品で初めてグッズを買ってしまった。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=50000

1.神学校 URL:http://pilslash.jp/product/shingaku/
こちらもシナリオが非常に上質でした。
信仰という難しい題材を描ききってくれています。信仰という題材は、シナリオライターさんが
信仰というものにきちんと向き合い、どういうものであれ真剣に考え、
ちゃんと答えを出してかなり確固とした認識や価値観を築いていなければなりません。
そうでないと全方向にいい顔をしようとしてふわふわ〜っとした感じになるか、
「無信仰が最高教」が出てきて結局なにを描こうとしたのかさっぱり分からねえ、みたいな
散漫とした印象だけが残る作品になりやすい。
だからこそ、きちんと初めから終わりまで方向性や描こうとしているテーマが
ぶれなかったところを高く評価したい。恋愛過程が丁寧なところも好きです。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=49933

2.Room No.9 URL:http://pa-rade.jp/
BLなのに友情を主軸にしている作品。
お互いが綱渡りみたいに友情を手繰り寄せるところが好きでした。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=50036

3.薔薇ノ木ニ薔薇の花咲ク
神学校と同じシナリオライターさんの作品。犯人はすぐにわかるのですが、
本作は犯人当てをする性質のゲームではありません。カップリングの自由度と、
それぞれのシナリオがきちんと描かれているところに度肝を抜かれました。
シナリオ量があまりに膨大なのでコンプできてない気がする。

3.ぼくとわたしの恋愛事情
携帯ゲームです。ものすごくツボに入った記憶があります。
ファンタジーな世界観と主人公が好きだった。男主人公と女主人公がいて、
それぞれでシナリオが違ってたりとか凝ってたなあ。レナートルートとか好きだった……。


【番外編】

ランキング入りというか考えてる過程で思い出したので一言感想。

マスカレード〜地獄学園SO/DO/MU〜
すごかった。いろんな意味で忘れられない作品。
これ作った人たちが三国恋戦記作ってるのが一番すごい。

俺の下であがけ
ギャグに見せかけて割とシナリオがちゃんとしてたのと、攻略対象の中の人が
飛田展男さんだよ。びっくりだ。
お花屋さんの人が好きだった。PC版をプレイしました。

好きなものは好きだからしょうがない!
打ちながら懐かしさでしみじみ。めちゃくちゃ流行ってた。

花帰葬
同人ボーイズゲームの先駆けのような存在。
花帰葬のあと、似たような同人ゲームやクオリティの高い同人ゲームがたくさん出るようになった。

斬首人が連れて行く URL:http://tragical.sakura.ne.jp/
変態のお兄ちゃんに震えあがった思い出。もうそれしか覚えてない。

DRAMAtical Murder
なんだかんだいつも斬新な世界観を見せてくれるブランド「ニトロプラスキラル」。
プレイ開始時にいつもすごくわくわくさせてくれて、エンディングあたりで消化不良になるところまでお約束。
エンディングに近づくにつれ風呂敷の畳み方が雑になる癖をもう少し何とかしてほしい。
なんだったら全体の構成と戦闘描写に強いライターをサブで入れてくれ。
演出と音楽、グラフィックはさすがの一言。
関連記事:http://blog.souga.fem.jp/?cid=49931
コメント
大樹さん、こんにちは。
拍手を送った人とは違うのですが、ランキングが見れてすごく嬉しいです!
でも、もっとうれしかったのが、一番上に出てきた(偶然ですが)のが「Nights of the Knife」だったことです。私が一番最初にハマったフリーゲームは「Seven Days War」で、作者さんの裏話とか当時のブログとか、もちろんゲームのシナリオも今なおすぐに記憶を取り出せるほど思い入れがあるので、なんだかとっても嬉しくなりました。そしてその影響で「Nights of the Knife」も何度もプレイしていたので、うわ〜懐かしい……!ってなりました。いいですよね。私もめちゃくちゃ好きです。プレイ当時はベルナドットと偽王さんが好きでしたが、数年前に再プレイしたときは王様……ってなりました。でも、どっちの作品も一番好きなのは主人公ですね。黒紅ちゃんがかっこいいのも好きだし、クリスがすごく……すごく好きで、今見ても、クリス好きです。

同人乙女ゲームもそうですが、商業の方はもっと詳しくないので非常に参考になります!
過去のブログも読んでみてはいたのですが、こうやってまとめられてるととてもわかりやすいです!ありがとうございます。楽しめるかどうかは私次第ですが、どちらにしても母数をしぼりこめるというか、大樹さんの好きなゲームなんだな〜って思うとそれだけでも楽しい……のと、紹介文見ると端的で捉えやすくて、面白かったです。
和ものより洋風ファンタジーが好きなのは私もなので、私も何かこう……おすすめできそうなものを思い出したらリクエストボックスにいれておきますね。

今、ぱっと思いつくものだと、もし、未プレイでしたら「Pentagon Syndrome」(同人乙女ゲーム※フリーゲームです)をおすすめします。ファンタジーではないですが……。いつかやるかもしれないし、やらないかもしれないボックスにいれといてください!(プレイ済みでしたら失礼しました。)
同作者の「つばさのおうこく」もテキストが面白いのですが、あれはものすごく難しいです。発狂します。(※主観)
もしやるときは、両方とも、サイトのブログでもSSや漫画があったりしてエピローグ後もお楽しみできますので、ネタバレ回避の為に後で読むことをおすすめします。

それでは、また次回ゲーム感想記事も楽しみにしてます!
失礼しました。
  • シロウ
  • 2017/06/01 11:42 AM
追記:
人に何かを勧めるときにタイトルだけ言ってもイメージがわかないと思うので、一応ペンタゴンシンドロームについて、オススメする理由を追記しておきます。(投げっぱなしも不親切かなあと思ったので……でも絶対にやってほしい!とかそういうことではないので、ご安心(?)ください。重ねてコメントするのもプレッシャーをかけようとかいうわけではありません。)
サイトに攻略順や攻略方法があるのですが、その通りにすると、事実が明らかになっていく感じが面白いです。あまり言うと拍子抜けしかねないのと、何を言ってもネタバレになりかねないような作りの……そんなゲームなので、敢えて何も書きませんでした。ネタバレにならないようにオススメするなら、主人公が心理学を専攻してるところらへんでしょうか……。
ま、まあ……とにかく、私は楽しめたということしか保証はできませんが、(もしプレイされたらちょっと恥ずかしいな……)以上です。
  • シロウ
  • 2017/06/01 1:20 PM
Nights of the Knifeや真夏の扉、冬の御伽噺など懐かしいゲームの名前がたくさん出てきて嬉しいです。どても本当に好きでした。
  • タオ
  • 2017/06/01 6:39 PM
シロウさん、こんにちは!
ランキング、楽しんでいただけてありがとうございます。
「Nights of the Knife」お好きだったとは……!
すごく嬉しいです。潜在的な人気がすごくあったのかもしれません。
「Seven Days War」も名作でしたね!!
自分も「Seven Days War」からプレイして、リアルタイムで「Nights of the Knife」の更新が来て大喜びしたので、感慨深いです。
もうずいぶんとプレイしてないので、今再プレイしたら誰のことが好きになるのか興味が湧きました。
主人公は確かに男前で格好良かったですね!
クリスはいざというときに腹を決めてさっさと行動してしまうところが見ていて痛快でした。
清々しい気持ちになれる主人公でしたね!

そう言っていただけると、まとめ記事を作ったかいがありました。
こちらこそありがとうございます!やっぱり一覧になってると分かりやすいのかもしれません。
ブログを運営していく上で、評価や順位を敢えてあまりつけないようにしてるので、
自分がすごく好き!!という個人的なランキングを楽しんでいただけてよかったです。
というのも、自分が一般的な嗜好を持っていないのではないかという気がしているため、
順位や評価をつけても、ユーザーから見て参考にならなそうであるという点が理由のひとつです。
もうひとつは、客観的な評価をすることに囚われてしまうと、自分が結局どのような感想を持ったのかが霞んでしまう上に、
周囲にどう思われるか(例えば、つけた順位や評価が妥当なものであるか)を必要以上に気にしすぎてしまうからでもあります。
ブログは自分としても大事にしてる場所なので、私の個人的な好みを面白がっていただけるとすごく嬉しいです。
良かったら、また暇なときにでもぜひリクエストボックスに放り投げてやってください!

そして、大変申し上げにくいのですが、「Pentagon Syndrome」は恐らく途中までプレイ済……です……。
人気がある作品ですよね。最新作は知らないとか言っておいて、なんかすみません……。
文太・セイ・岡目はプレイした記憶がうっすらあります。
木場もなんかやったような……やってないような……。
真相といいますか、おおむね目玉となる大きなネタバレは見ていると思います。
ただ、クリアはしてない気がします。
自分でもなぜ途中までプレイしてそこで止まってるのか忘れてしまってるので、これを機に再プレイするかもしれません。
過去の自分の行動パターンからして、忙しくてプレイが止まってしまい、そのままフェイドアウトした可能性があります。
すいません、忘れてるので推理するしかないのですが……。
こちらのサークルさんは新作も出してらしたのですね。それは知りませんでした。
せっかくなので、ちょっと調べてみようと思います。

おすすめポイントもご親切に書いていただいて、ありがとうございます!
忘れてる以上、もうプレイしてないのと同じなので、なにも知らなかった体でやり直すと新鮮かもしれません。

同人作品は、全肯定の評価以外は求めておられない方がいること、
創作者とユーザーの距離が近いゆえに、自分と対立する意見の方が行動を起こす可能性が高いこと、
こちらが褒めているつもりでもどう受け止められるか不明であること、
相手に意図しない影響を与えて創作の妨げになることを望まず、かつ私自身の気持ちを偽るのも本意でないこと、
以上のような理由で、感想を書くときに商業作品の三倍は神経を使うジャンルです。
特に最新作であればあるほど気を遣います。
正直、誰かに書くようにリクエストされたとか、自分がすごく気に入った、なんとなく気が向いたなど、
なにかしらの理由がないと書かないようにしてるところはあります。

古い作品ならハードルが幾分は下がるのですが、それは既にある程度の評価が固まっているのと、
創作者さんやユーザーも既に他の作品に意識が向いているケースが多く、予期しない印象を与える確率が、
最新作よりは低いためです。
また、あれこれ気を使いすぎて感想が短くなってしまう傾向にあり、それが理由で記事を書いてない場合が多めでもあります。
そのため今回も感想を書くかどうか分かりませんが、構っていただけて嬉しかったです。
コメントありがとうございました! また遊びに来てくださいね。
  • 大樹@管理人
  • 2017/06/02 5:54 PM
タオさんへ:
同じくその三作品がお好きなのですね!!どれも面白かったですよね!(*´ω`*)
お仲間が見つかって私も嬉しいです。コメントありがとうございました!
  • 大樹@管理人
  • 2017/06/02 5:58 PM
こんばんは。拍手を送った者です。
こんなに丁寧に書いてくださってとても感動しました。

大樹さんのレビューを読むと、好きな作品をもっと好きになる(気付かなかったような考察や観点にハッとさせられる)ことが多くて、実はすごく勝手にもしかしたら好きな作品が近いのかもしれないと思っていたので、遊んだことがない作品で大樹さんが好きな作品を遊んでみたいという思いからリクエストさせて頂きました。

前から気になっていた作品も名前が挙がっていて(下天、メルクリウスの青い砂等)背中を押してもらえたこと、それから全く知らなかったのですが遊んでみたいと思える作品(真夏の扉、冬のお伽ばなし等)を教えて頂いたこと、本当にありがとうございます。参考になりました。
また、Nights of the Knifeやプリパニ、スイクラや神学校、No,Thank you!!等の自分の大好きな作品が入っていたこともなんだか嬉しかったです。

今回は、本当にありがとうございました。
  • 5/26
  • 2017/06/02 10:41 PM
5/26さま

こんばんは!ご丁寧にありがとうございます。

ブログ記事が作品への理解を促すのに役立っているのなら嬉しく感じます。
また、このランキングで新たな作品への開拓が進むならなによりです。
私もこの記事をきっかけに新しい作品を紹介してもらっておりますので、良いきっかけをいただけたと感じております。
自分だけだったら選ばないようなものでも、他の方の後押しがあると挑戦できますよね!
これから今まで以上に新鮮な気持ちでゲームが出来そうです。
こちらこそ、このたびはリクエストいただき、本当にありがとうございました。

今回は5/26さまのゲームライフの充実に一役買うことが出来て良かったです。
そして好きな作品がかなり重なっていて親近感が湧きました!

いつもブログを見てくださってありがとうございます。
おかげさまで私も及び腰になっていた作品をプレイする勇気をもらえました。
また気が向いたときにでも遊びにいらしてくださいね。お待ちしております!
  • 大樹@管理人
  • 2017/06/03 8:54 PM
こんばんは!いつも大樹さんのブログを読んで、自分自身がゲームをプレイするときの参考にさせていただいています!
(オーディンスフィア、零式などなど)

今はFF零式をやっておりまして、大樹さんのおっしゃるとおり面白くて、どんどんすすめております。

ところで、RPGのほうはいかがでしょうか?
私としましては零式と同じプロデューサーが
作られたFF15をオススメしたいと思っております。
世間では賛否両論ありますが、私はとても好きな作品でして、
メイン四人の旅があまりにも面白くて、そして切なくなってく
るよい作品です。
本筋は一直線なのですがサブイベが大量にありまして、このサブイベをどれだけこなすかというのが大切なのでたくさん寄り道をして四人の旅の思い出をたくさんつくってください。
説明不足な点があることも否めないのですが、ゲームコンセプトを最後までしっかりと貫き通していて、またこのゲームが完成するまで10年もの長い歳月がかかった、というのもストーリーとリンクしてまして・・・
メイン四人の男の子たちが好きになれれば、とてもいい作品ですので・・・

大作RPGなのでプレイ時間が長くなりますが(私はEDまでに90時間かかりました)
とてもいい作品なのでぜひご一考お願いします。

  • ららら
  • 2017/07/13 9:51 PM
らららさん、こんばんは!
お返事が本当に遅くなってしまって、申し訳ございません。

零式をプレイされてるのですね!
このブログが、らららさんのゲームライフの役に立っているのならとても嬉しいです。

そしておすすめいただき、ありがとうございます!!
FF15は前から気になっていたのですが、ハードを持っていないので延び延びになっていました。
キャラクターは魅力的なようですし、発売前からチェックはしておりましたので、
機会があればぜひプレイしたいという気持ちはあります!
もしプレイできれば参考にさせていただきます。
明確なお約束は出来ませんが、いつかプレイしたいリストの中には入れておく予定です。

コメントいただきありがとうございました!
よろしければ、また遊びに来てくださいね。
  • 大樹@管理人
  • 2017/07/21 10:28 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM