プリンス・オブ・ストライド 感想

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 00:20
プリンス・オブ・ストライド - PS Vita


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

青春疾走アドベンチャー。
6人1チームで街を駆け抜けるエクストリームスポーツ
「ストライド」を主軸にした物語です。

全体的にスタイリッシュな雰囲気で統一されていて、
イラストもさることながら演出が綺麗です。
物語は乙女ゲームでありながらあくまでもストライドが第一。
そのため、仲間と共に青春を駆け抜ける感覚が味わえます。

主人公の奈々ちゃんも「リレーショナー」という重要な立ち位置で、
攻略対象の見せ場を奪わずに仲間として共にストライドに
取り組んでいけるところが好印象でした。
性格も癖がなく、恋愛脳になることもなく、愛嬌もあって可愛い子です。
ストライドのルールはそれほど難しくないのでプレイしていれば分かります。

ストライドがメインだけあって、ストライドにまつわる物語は笑いあり涙ありで、
とても楽しめました。
甘さは控えめですが、割と仲間たちがまめに褒めてくれてちやほやしてくれます。
ただ、それでも優先順位はストライドが一番なので、
奈々ちゃんが過剰に甘やかされることもなく、さじ加減がちょうど良かったです。
主軸のシナリオは緩急があって飽きさせず、システムや音楽も高品質。

惜しむらくは、肝心の競技としてのストライドがテキストや簡単なカットインでしか
見られないところでしょうか。演出によってリレーションの重要さや
走ってる臨場感は感じられますが、この辺りはアニメ向きなのかもしれません。
劇中の描写からして魅力的なスポーツなので、選手たちが走るさまを
点を追いかけるだけでしか見られないのはとても残念でした。

パルクールが好きなので、ダイナミックなアクションが売りのパルクールから
インスパイアされたストライドの魅力をゲーム中で味わいたかったところがあります。
ちなみにパルクールの技が見られる映画だと「アルティメット」とかがおすすめ。
リメイク版の「フルスロットル」もあるよ。

ただ、恋愛物語としてはやや凡庸な印象。
選手がそれぞれストライドに関することなどの悩みを抱えてはいますが、
主軸の物語が生き生きしていて盛り上がるからこそ許されるレベルです。
これは制作陣が「ストライド」を取り巻く物語に力を入れた結果であり、
恋愛はあくまでもおまけの位置づけです。
なにかのノルマのようにお約束な乙女イベントが発生していき、
美麗なスチルはすべて乙女イベントに消費されていくのがもったいない。
最後の「プリンス・オブ・ストライド」につなげていく流れもちょっと蛇足かな、と
思いましたが、乙女ゲームだからと気を遣ったのかもしれません。

裏を返せば、それだけストライドに打ち込む物語の出来が良かったともいえます。
恋愛頼りではなく、ストライドそのものの勝負で物語が作られているところも
好ましく感じました。選手の精神面が試合にダイレクトに反映されたり、
ストライドを通して仲間たちと主人公の成長を感じられ、清々しさがありました。
単純に高校生男子がわちゃわちゃしてるところは可愛い。
ライバル校の選手たちにも個性と魅力的な立ち絵があったのも素晴らしい。
声優も非常に豪華です。

周回がちょっと面倒ですが、制作陣もそれは分かっているのか、
エンディングが回収しやすい配慮はされています。
キャラごとに終盤で試合の展開を変えてくる工夫も良かったです。

難点は、恋愛イベントの他に、主人公の育成ゲーム要素や
ミニゲームのリレーションが演出でしかないこと。
この辺りは、もっとゲーム性を持たせても良かったと思います。
そろそろ難易度選択をつけてほしいのですが、ゲーム性をつければ
否が応にも予算がふくらむわけで、こればかりは大人の事情かもしれません。

以下ネタバレ感想。
攻略順に並んでいます。

八神陸
明るくて爽やかな子です。主人公への好意がくすぐったくも、
きちんと恋心とストライドとの折り合いをつけてきた上で、
陸がストライドを選ぶ流れは良かったです。
……特に語るところがないのですが、これは全体的に
きれいにまとまってるため突っ込むところがないというか。
主人公への恋心だけでなく、巴との確執など、王道を突っ走ってくれて
気持ちよく見守れました。奈々ちゃんともお似合いのカップルだと思います。


藤原尊
陸とのライバル関係は王道だからこそ良し。
ストイックな藤原くんが、個人競技ではなく団体競技としての
ストライドを選んだ理由や、彼の世界が広がっていくさまが描かれていて
好感触でした。最後の最後でのライバルが、絶対的な王者であるがゆえに
孤高でしかあれない維田天との一騎打ちというのも象徴的でした。
恋愛は……、えーと、奈々ちゃんのキス顔スチルはスタッフの趣味なのかな?


小日向穂積
彼のルートは毛色が異なる印象を受けました。
毎回家族が出て来るのは、家族をなによりも大切にする穂積らしさを
感じさせました。恋心が募るほどに、穂積が奈々ちゃんに
自分を分かってもらいたいと考える流れが丁寧でした。
穂積を理解するにあたって家族が重要だから、結果として
穂積が家族のことばかり紹介する展開になるのが微笑ましい。
気持ち他よりも甘いし、ドラマチックでした。
穂積先輩は攻略後に変わった感が強かったです。
奈々ちゃんより穂積先輩のほうが気持ちが強いのも、まあ陸もそうなのですが、
それが感じられるのも楽しめました。
しかしそれよりギミックが得意だとされている穂積先輩のストライドが見たい。


支倉ヒース
彼は恋愛ルートより脇役のほうが輝く。
なんか兄貴系のイベントをぜんぶ詰め込まれたんだな、という印象。
妹尾とのライバル関係や、足の故障などは、
ストライド選手らしさを感じられました。


久我恭介
クール系かと思いきやどうも作中では天然のような扱いを受けている久我先輩。
デートでさっさと行ってしまって奈々ちゃんが寂しさを感じるところとか、
久我先輩らしさを感じるイベントで良かったです。
その後、久我先輩が前ではなく奈々ちゃんを見つめることを学習するのも可愛い。
奈々ちゃんを餌付けしていく久我先輩を見ているとにやにやします。


諏訪怜治
他校の部長が攻略対象という美味しい役どころ。
私は諏訪さんのような正統派の王子様キャラが結構好きです。
それは現実には存在しないUMAとしての価値を見出しているからです。
どうせUMAを追うならネッシーを追いたいって感じで。
ほら、UMAハンターとして……(伝わってほしい)

設定が盛りだくさんな人ですが、彼のルートは面白かったです。
諏訪への憧れと恋心、しかしそれ以上に彼が優れたストライド選手だからこそ、
同じストライドに打ち込む者として本気の勝負を挑みたい、という奈々ちゃんの
気持ちが熱くて非常に盛り上がりました。

諏訪はバイタリティのある人で、高みを目指す男です。
だからこそ奈々ちゃんも、諏訪への恋を通して共に高みを目指していく、
お互いに良い発展を促す関係性が非常に良かったし、応援したくなりました。

諏訪は高みを目指す男で、取り組むすべてへの情熱も誇りも、
文字通りに星として輝く者である自負もあって、
だからこそ奈々ちゃんが恋心ゆえに勝負で手心を加えないのが良い。
そこがアンドロメダ(諏訪のファン)と、本命である奈々ちゃんの違いを感じさせました。
彼女は流れ星を仰ぎ見るのではなく、諏訪と並んで
星のように輝く女の子なんだなあと思わせます。

告白を受けて一度断るのも筋が通っていて良かったです。
ちなみにここで告白を受けてしまうと、ストライドが中途半端になるのも
なんかリアルでした。ムービーも特別仕様な諏訪さんはさすがというべきか。
(ムービーの嬉しそうな笑顔が可愛かったです)

諏訪だけでなく西星面子もみんな個性的で好きですし、
だからこそ諏訪を始め、ライバル校の選手たちの走りを見たかったです。

他にも、長嶺高校の抱える問題と雪解け、そして成長や、
一条館高校、市場高校、椿町、そして花京院など、
各高校の勝負への熱意や人間関係などが興味深く、とても楽しかった。
見どころ満載で、恋愛だけによらない物語としての魅力がある作品でした。
コメント
わあ、プリスト!
>どうせUMAを追うならネッシーを追いたいって感じで。
に共感したんですが吹きました。
プリストは後日談(恋愛方面)のドラマCDがあり、奈々ちゃんの声がフルで聴けてとても可愛いので、折角(ゲームの魅力を損なわない)いい出来のシナリオだから(ストライドそんなに関係ないけど)、これもゲームに入れて欲しかったなあ(※続編内容がゲームではなく、ドラマCDで出るらしいので、お金の事情なんだろうなあ……)とか思ったり。奈々ちゃんの初々しさと、明朗で、さっぱりした感じの演技が聴きどころです。まあでも女の子の声聞きたくない派もいるかもしれないので色々難しいのかも……。ちなみに方南男子は付き合ったあとのデートの話なんですが、諏訪さんのドラマCDの内容は、芸能人+いい家柄の人との恋!みたいな感じで、続・夢の延長線って感じでした。とはいっても、プリストの話はプリストで完結してるのであくまでおまけだな〜って感じなので、単にイチャイチャしてるのが聴けるCDです。(言葉が過ぎる)ジャケ絵が可愛いので一見の価値があると思います。公式HPなどでまだ見てなかったらぜひ……。
私はヒース先輩を見ると笑いのツボを刺激されるので好きなんですが(何が面白いのか自分でもよくわかりませんが)、話としては陸くんが、かっこいい……っていう気持ちでは久我先輩が好きでした。穂積先輩と尊君の感想も、大樹さんの感想をみると、ですよね〜……!って思って懐かしかったです。
プリストは尖った魅力よりも物語として……小説的な面白さがありますよね。きれ〜にまとまってて……。
いつも感想の更新、すごく楽しんでて待ち遠しく思っています。今回も一本のゲームのクリアー、おつかれさまでした!
  • シロウ
  • 2017/11/01 5:34 PM
夢は大きく持ち続けたいんです……!

ドラマCD!良いですね!
奈々ちゃんの声がとっても可愛いので、本編ではあまり聞けなくて物足りなかった分、ドラマCDだとまた違った魅力がありそうです。自分も女の子の声はあってほしい派なので、フルボイスでも良かったくらいでした。ひょっとしたら予算面も関係あるのかもしれません。
諏訪さんのドラマCDの内容を教えてくださってありがとうございます!
いかにも諏訪さんらしい感じで、ちょっと気になるところです。
ドラマCDの存在を知らなかったので、チェックしてみます!

ヒース先輩を見ると笑っちゃうの、なんか言葉では言えないのですが分かるような気がします。
陸くんの話はすごく王道で、明るくて爽やかで私も好きです。
久我先輩は憧れの人という感じがします! 私も攻略中はそういう気持ちで見ていました。

プリストは確かに全体的によく出来ていて、安定感がありますね。
複数票のリクエストが入っていたのも頷ける作品でした。

亀更新にも関わらず、いつも遊びに来てくださって本当にありがとうございます!
もはや感想を書くのがライフワークになっているので、ネットにつながってなくても書いてしまいそうな勢いです。
ブログを書くときは遠くにいる作品を知らない友だちに手紙を書いているような気持ちでいるので、シロウさんのように読んでくださる方がいると嬉しく思います。
コメントありがとうございました!
  • 大樹@管理人
  • 2017/11/01 9:03 PM
更新疲れ様です!
プリストはアニメだけ見ていて、ゲームは本体持ってなかったので断念していましたw
ゲーム内容がとても分かりやすく、アニメ知識だけですが想像しやすかったです(*´ω`*)
本体を手に入れた暁にはやりたい作品の一つです!!
  • 流音
  • 2017/11/10 2:20 AM
ありがとうございます!返信が遅れてすみません。
本体持ってないと手を出しづらいですよね。
ゲーム本編がどういう雰囲気なのかが伝わったようでなによりです。
機会があればぜひ遊んでみてくださいね〜!
  • 大樹@管理人
  • 2017/11/15 10:42 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM