ウォッチドッグス 感想

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 00:12

ウォッチドッグス コンプリートエディション 【CEROレーティング「Z」】 - PS4


18歳以上対象オープンワールドアクションアドベンチャー。

都市のすべてのインフラがブルーム社によるctOSシステムに管理されている2013年のシカゴ。

そんなシカゴで暗躍するハッカー、エイデン・ピアースはctOSシステムを不正に

ハッキングすることによってさまざまな利益(金銭や個人情報など)を享受していた。

ある日、仕事で不正ハッキングをしていた報復を受け、姪である6歳の女の子を

交通事故で死なせてしまう。怒りに燃えるエイデンはハッキング技術を駆使して復讐を決意する。


なんといってもシカゴを舞台にあちこちハッキングできるところが刺激的で面白いです。

オンライン対戦は急に割り込まれると鬱陶しいので設定でオフにすることを推奨します。

主人公エイデンは、ロビン・フッドよろしく犯罪を憎み街であらゆる犯罪者に

正義の鉄槌を下しています。一般的な犯罪者からギャング集団まで、とにかく

エイデンの『正義フィルター』に引っかかる奴はとりあえず破滅させるスタンスです。


シナリオは復讐が軸となるので暗いのですが、飽きさせなくて面白かったです。

正義を下すためにときに独善的な振る舞いも辞さない主人公エイデンですが、

作中でエイデンの矛盾が指摘されたところも良かったです。

また、18歳以上対象だけあって、ちょっとしたエピソードもかなり作り込まれていて、

ときには震え上がるような話がさらっと織り込まれていました。

プレイヤーがうるさく感じない程度に、システムに依存した社会に

警鐘を鳴らす社会派な側面もあり、見応えがある作品だったと思います。


慣れるまでちょっと時間がかかりましたが、慣れてしまえば楽しい。

武器はなんといってもグレネードランチャーがお気に入りです。

もうめんどくさいのでぶっ放せばとりあえず全部吹っ飛ぶ感が好き。

あとよく使ったのはサイレンサーのついてるハンドガンとアサルトライフル、爆弾系かな。


物語は姪を死なせる交通事故の(文字通り)引き金となった男、

モーリス・ヴェガを問い詰める場面から始まります。


以下ネタバレ感想。


エイデン・ピアース
主人公であり、ダークヒーローでもあるエイデン。
エイデンは(姪を殺した黒幕を探すのをやめて)「手を引いて忘れろ」
もっともな忠告をする妹を無視して、復讐に固執します。

というのも、実のところ姪が死んだのは、結局はエイデンが人に言えないような
アングラな仕事をしていたからです。
そのせいで報復に家族が狙われ、姪が死んだ。
一般人である妹はエイデンの仕事を知りません。
罪は自分にあることを誰よりもエイデンがよく理解している。
けれど今さら不正ハッキングを辞められない。
だからエイデンは正義に固執します。
いうなれば、己の罪との釣り合いを取るために、他人の罪を糾弾している側面があるわけです。

家族には優しいのですが独善的な人物でもあり、基本的に自分勝手ですので
割とよく人を怒らせています。家族を愛してはいるのですが、だからといって
家族の意見に耳を貸すわけではないたぐいの男です。

ビジネスパートナーであるジョルディとのやり取りが面白かったです。
そんなジョルディの「感情的すぎるんだ、お前らは」というツッコミがすべてだと思う。

さて、姪が死ぬ交通事故を引き起こした男(エイデン達を襲撃して車のタイヤを撃った)
モーリス・ヴェガを監禁してさんざんな目に合わせていた
(主にエイデンに雇われていたジョルディが汚れ仕事をやった)エイデンが、
妹を誘拐監禁されてしまう流れは、因果応報というが、業が返ってきた感じがしました。

最後の選択も良かったです。
血も涙もない、子どもを殺す冷血な男だと思っていたモーリスが、
実はエイデンと同じように妻を人質に取られ(しかも妹を救出できたエイデンと違って
モーリスの妻はオークションで売られてしまう)、罪悪と後悔の念に苦しむ、
自分とそう変わりない人間だと知ってしまったエイデン。
サイドミッションをこなさなければ知らずに済む事実なのですが、
ここでモーリスを殺すか立ち去るかを選べます。
自分はモーリスを殺さずに立ち去りました。
なんというか、単純にもういいんじゃないかと思いました。
モーリスは姪を殺すつもりはなかったこと、さらにすべてを喪い、長期に渡る監禁によって
数を数えるのもおぼつかなくなっていて、すでに充分な地獄を見ているのが一点と、
モーリスの罪を糾弾する資格が本当に自分にあるのかという
エイデンの自問の通りだと思ったからです。
モーリスの罪を問うのなら、エイデンの罪も問われなければならないし、
心機一転してやり直すのであればモーリスもやり直す機会があるべき、というのは
フェアな選択だと感じました。

サイドミッションをこなして人身売買組織は潰したので、もし幸運であれば
モーリスの妻も釈放されたのではないかな……というほのかな希望もあります。
その辺りは作中で明言されなかったので、あくまでも希望的観測です。

姪の死の埋め合わせをしようとして、結局、同じ街に住んでいると
危険な目に合わせてしまうため妹&甥と別れることになってしまうエイデン。

エイデンが護ろうとすればするほど、彼の手からぽろぽろと大切なものが
こぼれ落ちていくさまが切なかったです。自業自得ではあるんだけど。
最終的にエイデンは復讐を成し遂げます。
しかしエイデンが己の罪を感じない日は恐らく来ないので、
罪の意識を覚える限り正義を成すのだと思います。
まるで犯した罪を、自分以外の誰かへの正義で相殺しようとするかのように。


ダミアン・ブレンクス
元パートナーであり不倶戴天の敵。
仕事中に姪の死につながる直接の原因となった行動を取りエイデンと仲違いし、
さらにその後、目的のためにエイデンを脅迫して思い通りに動かすために
エイデンの妹を誘拐して監禁した男です。

「悲劇だな。お前のような男が、こんな儚いものに囲まれている」

エイデンの妹を誘拐したときのイベントは特に印象に残っていて、
エイデンという男の矛盾を突いた秀逸な台詞だと思います。
甥を狙わないようにしたのは、母親であり大人である妹のほうが
まだストレス耐性があると思ったからかもしれません。
なんというか、ダミアンはエイデンが好きすぎると思う。
そして最後の対決の台詞もよい。

「お前はなんだ。他人を踏みにじって、マフィアのボスを殺して、自分だけはなにをしても許されると?」

そうなのです。
エイデンは復讐のために、割とたくさんの人を手にかけてるのです。
結果的に、エイデンが復讐を求めるせいで妹と甥も街を追われることになってしまいますし。
まあマフィアのボスはかなり邪悪な部類の人間なので別にいいのですが、
エイデンに絶対的な正義があるのかと問われてしまうと微妙ではあるのです。
でも彼は姪の死の責任を誰かに問おうとしていて、姪の死に対する正義を求めている。
法に反する非合法な仕事をしているだけでなく、ときには他人の財産を盗みながらも
他人の正義を問うエイデンは矛盾に満ちた男です。
ダミアンの強欲さを糾弾するエイデンに、「お前の偽善には反吐が出る」と言われてしまうのは
言われても仕方ないと思いました。


ジョルディ・チン
愉快なエイデンのビジネスパートナー。お調子者かと思いきや
仕事となれば何食わぬ顔で拷問監禁などの残虐な振る舞いもできる、
言動のコントラストが印象的で好きなキャラです。
敵対しても次の瞬間にはフォローしたりする、驚くほど冷静な振る舞いを見る限り、
ジョルディの本質はかなり理性的な男なのだと思いました。

陰鬱な展開が続く中で、ジョルディとのとぼけたやり取りは
息抜きになってよかったです。

特にジョルディの面白さは英語のほうがより際立つ。


クララ・ライル
冷静なハッカーなのかと思いきや少女のような一面も見せるクララ。
エイデンの仲間と思いきや裏切られてしまうのですが、クララも
ギャング集団に逆らえない立場なのはよくわかりました。
画面越しにすべてのことが完結していたから割り切れていたものが、
実際に交流を深めることによって罪の意識を覚えてしまう、
でもギャング集団に逆らえなくて、という人間的な弱さが垣間見えて
味わい深かったです。「クララもお前が殺したようなもんだ」と
エイデンは責められるのですが、クララはもともと裏社会に向いてなかったような気もします。


ニコール・ピアース(ニッキー)
完全なる被害者であるニッキー。エイデンとの別れの場面は良かったです。


レイモンド "T・ボーン" ケニー
クララと入れ替わりで入ってくれたおじさん。心強かったです。
なんだかんだ彼だけが心からエイデンを助けてくれた気がします。
ジョルディはほら、ビジネスだから。


モーリス・ヴェガ
妻アビゲイルを本気で護りたかったのであれば、己の心も含め、
それ以外のものをすべて切り捨てる覚悟を決めるべきでしたね。
しかしそれができず、どうでもいい人に意味もなく憐憫の情を見せたり
意図せず子どもを死なせて罪悪感に苦しんだりと、人間的な弱さのせいで
最も大切なものを喪う羽目に陥っていて、なんともいえない気持ちになりました。
モーリスはいわばエイデンに起こり得たもう一つの未来の姿を映し出す鏡でもあり、
モーリスの罪を問う場面から始まり、モーリスの罪を許すか許さないか、選択を
ユーザーに委ねて終わる流れはとてもきれいで、すっきりしていてよかったと思います。


イラク
なんか良い奴が白人で黒人やラテン系が悪い奴、みたいな図式が目立ったような。
いや、ラッキー・クインは白人でしたけどね。
黒人ギャングっぽさが出てました。黒人ギャングに語彙が足りず、
悪口のボキャブラリーが低かったり、妙にリアルで怖かったです。


ベッドバグ
お前は大人しくおばあちゃんをフリーマーケットにつれていく生活をしてろよ。


ラッキー・クイン
怖かったです。底知れない恐ろしさと残虐性がよく描かれていて、
なんちゃってマフィアじゃないところが良かった。


===


ハッカー系のオープンワールドは新鮮で、とても楽しめました。
シナリオも良かったです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM