霧と太陽の王 感想

  • 2019.01.23 Wednesday
  • 19:21
霧と太陽の王

こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

異形の王と少女の、ただ一つの物語。
第12回ふりーむ!ゲームコンテスト、個性派部門金賞受賞作品。

手描きの美麗なグラフィック、モノクロームに統一された
世界観が美しい作品でした。
登場人物、異形だけでなく背景や小物に至るまで
非常に丁寧な仕上がりで、作り手の愛を感じます。

1〜2時間くらいでクリアできる作品なので、気軽に取り組めるのもよい。

シナリオもきちんとまとまっており、トゥルーエンド、
ノーマルエンド、バッドエンド、バッドバッドエンドと見応えがありました。

以下ネタバレ感想。
城では主に役職名で呼ばれるのですが、
名前が呼ばれない異形たちの中でただ一人、
王に名前を呼ばれるルシャナの存在が輝きを放ちます。

ルキウスの500年の償いは、神にとってルキウスが
人間の中の最後の希望である証でもあるように感じました。
とばっちりを食らったルキウスからしたら堪らない話です。

だけど、保身のために無垢な少女を生贄に捧げ、
争い合う人間たちの醜さに神が絶望したとされています。
それなら、ただ一人、我が身を省みずに生贄の少女を思いやった
ルキウスに最後に残った一欠片の希望を託したのかなと考えました。

人の心を失わず、五度めぐりあっても、変わらずに
ルシャナを慈しみ続けられるのか。
ベリーハードな良心テストを受ける羽目になった
ルキウスには哀れですが、見応えのある物語でした。


トゥルーエンド
ちゃんと注釈があったにも関わらず一番最初に見てしまいました。
爽やかで美しいエンディング。
失った太陽の女神を太陽と共に取り戻すのも、神話的でとても良いですね。
500年前のあのとき、ルシャナがどれほどルキウスを護りたかったかと思うと
とても感慨深かったです。
ルシャナと王が幸せそうでなにより。

ノーマルエンド
切ない。
王はどこかで、100年前のルシャナが戻った先で
仲間に殺された可能性に思い至りながらも、
「太陽を取り戻す」という償いを継続するために
考えないようにしていたのではないかと思いました。

ルシャナがみずからの意志で王を裏切ったのなら、
それはルシャナの意志であって、ルシャナの望みでもあるわけです。
裏切られた悲しみはあっても、人間への絶望にまでは
辛うじてつながらなかった。

人間の業を背負わされた王と巫女。
皮肉にも、誰かを思いやる心が二人を死にいたらしめてしまう。

バッドエンドを見ると特にそう感じます。


バッドエンド
ルシャナが目の前で殺害され、王は100年前なにが起こったかを
知ってしまいます。
怒って闇堕ちしてしまうのも無理はないと思いました。
人間に残された最後の希望が絶望したとき、人間は、
人から人ではないなにかになった異形たちの王によって
滅ぼされるというのは、因果応報だと感じました。

ルシャナは死んだけど、ルシャナの心は王にあるところが、
唯一の救い。


バッドバッドエンド
人間への希望だけでなくルシャナの心まで失ってしまう絶望エンド。

仕立て屋イベントは王様を気にして着飾るルシャナが
とても愛らしくて心和みます。
そのせいで王はルシャナが人間に殺害された可能性に気づいてしまう。
まるで坂を転がり落ちるかのように心が闇に染まっていく
王様を見るのは痛々しいものがありました。

王はいわば、ルシャナを喪う恐怖に負けてしまったようなもので、
希望を食いつぶすのは絶望「するかもしれない」という「恐怖」とされるのが、
とても人間的でなんともいえない。

ルシャナが戻らぬ王様を檻の中で待ち続けるエンディングが悲しい。

お互いの言葉がまったく届かないのは、二人の人間と異形としての
消えぬ断絶を浮き彫りにしていました。

太陽を取り戻す、それは己以外の見知らぬ誰かを想う心です。
償いたいと思うのは、名も知らぬ誰かから理不尽に太陽を奪った罪を
感じているからです。

そうした人間を思う心を失わず、たとえ理性と欲の狭間で
どうにか立っているだけなのだとしても、その心を持っているからこそ
ルシャナはルキウスを愛したのだと象徴するエンディングでした。

仕立て屋がいいキャラしてました。

そして唐突な糸紡ぎの最期にびくっとなりました こわい


おまけ
500年前に起こった出来事が知れて良かったです。
最期のスチルが美しい。
からあげフェスティバルも嫌いじゃないよ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM