ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー 感想

  • 2019.08.19 Monday
  • 20:29
ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー - 3DS


リクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

ファンタジーRPG。
謎の魔導書「白示録」を使い、過去と未来、平行世界を行き来しながら
起こりうる悲劇を回避し、破滅の未来を回避する物語です。

シナリオが非常に丁寧な仕上がりで、取り立ててあげつらうようなところもなく、
安定したクオリティだったため、最後まで楽しく遊べました。
時間軸の移動はタイムライン形式のため見やすく、
平行世界での出来事が干渉しあって未来を変化させるなど細やかです。

グリッドで敵の場所移動や行動順の移動を活用するバトルシステムも
面白かったですし、細部までギミックが効いていたと思います。
音楽も◎。

リメイクである本作ではイベントクエストや亜伝の追加など
ボリュームも増していて、遊びがいがありました。

主人公ストックも嫌味のない性格で好感が持てます。
よくいる「なんかよくわからないけど黙って突っ立ってるだけなのに
モテまくり崇められる主人公」ではありません。

サブキャラも輝いていました。
ちょっとしたサブキャラも適当に扱われて使い捨てられることなく、
物語で活かされるので、大切に物語を紡いだ作品といえます。

以下ネタバレ感想
ストック
寡黙というよりは不必要な場面で喋らない印象。
公式の紹介通り、内に熱いものを秘めているところが
クライマックスなどで発揮され、英雄然とした佇まいに好感を抱きました。
レイニーとの仲が公式で固まってめでたい。
変に取り合いイベントみたいな意味のないモテイベントがなかったところもよい。
アトがエルーカに対し駄々をこねたのは、ちゃんと意味のあるイベントだったので。
序盤でアトがレイニーをなにげなく無視するイベントもあるっちゃあるんだけど
アトがスルーするのはレイニーだけでなくマルコもだったような。
それもいつのまにか立ち消えになったというか、スルーされた模様。

エルーカと見た目が似ているところも伏線が回収されていて丁寧でした。

この男、女の子どころかおっさんにまで本気になられているので、
大変だなあと思いました。
でもストックのいいところは、相手が女の子だろうがおっさんだろうが
「仲間には死んでほしくない」を徹底している部分です。
キールとのイベントをきちんとエンディングでやり遂げた細やかさもあり、
隅々まで抜け目なく世界観を展開して収束させていました。

ハイスの「犠牲を払ってまで護る価値のある世界なのか」という問いに対し
「大切な誰かが笑って過ごせる未来のためなら、その価値がある」という答えを
ストックは返しているだけに、亜伝のネメシアとローダンも含めて
大団円に持っていったところは、素直に良かったんじゃないかと思います。
皮肉にもストックのためにハイスが未来を望んでしまうエンディングは、
収まりが良いようにも感じました。
ハイスはストックの未来を望んだ瞬間に、孤独な自我の檻から開放されたわけだから。


レイニー
恋敵がいそうでいなかったレイニー。
王道のツンデレが可愛い。
戦闘では魔法で活躍してくれました。
ちゃんとストックと結ばれるイベントが用意されていて微笑ましい。


マルコ
ちゃっかり相手がいるところからしてなかなかやりおる。
優しそうではある。
姉がだめなら妹で手を打つあたり、抜け目のない男なのかもしれない。
マルコの嘆願を無視すると復讐されるあたり、
理性で感情を抑えつけているのではなく、
感情によって理性を働かせるタイプなんだなと思いました。
支援系に強いので戦闘でもレイニーとの相性が良いのも可愛い。


ロッシュ
この人も美人の恋人がいる。ストックが恋のキューピッド役。
でもロッシュはモテると思う。
戦闘でもよく使ってました。
異伝でロッシュ隊に入れるのが嬉しい。
キール達を死なせてしまったときに、副隊長としてロッシュに
詰られる場面は辛かったですが、最終的に殴り合いで解決という
少年漫画らしい展開は結構好きです。


ラウル中将
この人も秘書とフラグが立っている。


ビオラ准将
いい人なのに最後まで仲間として共闘することはなかった人。
一人ぐらいこういうキャラがいたほうがよいですね。


エルーカ
びっくりするぐらいすごくきちんとした王女様で好感度大。
プロテアへの啖呵は格好良かったです。
まっすぐな気性のため、狡猾さなどを兼ね備えた補佐が彼女には必要かと思うので、
その意味でもディアスとセルバンがエルーカを敵にまわしてしまったのは
もったいなかった気がします。
一応ディアスとセルバンも追加イベントで改心し、街の人との会話でも
二人は二人なりに国を想ってるフォローはされましたが、
強欲な場面の印象が強すぎたのでちょっと今更感はあります。
女王になってから良い人材とめぐり逢えることを祈って……
ほら、ちょっとラウル中将のほかはみんな善人ばっかりだから……
国を運営していく上で大丈夫なのかと若干心配です。
エルーカの清らかさゆえに。褒めてます。


プロテア
素直に農家として一生を終えたほうが良かったのかもしれません。
追加シナリオで「贅沢のかたわら、実は本も読んでました」っていうのは、
うん、まあ、いいか……


アト
有能でした。特にガフカと組むと強い強い。
ダンシングデスやポラリス、レジストライズに回復など
いろいろこなしてくれました。


ガフカ
子どものアイドルが妙にしっくり来る。
弟子を取ったらいいと思う。


キール
彼を失う場面はなかなかしんどい。
しかもキールを救う場面はエンディングまで来ないので、
悲劇を改変できるといっても万能ではないところが良かったけど辛い。


リーズ
人間との種族を超えた恋を大真面目にやってくれました。
ストックにはレイニーがいるからね……


ガーランド
いかにも傭兵上がりっぽい王様。


ネメシア
彼女とローダンの身に起こった悲劇のでかさを考えたら、
五年苦悩しただけで済んでよかったねという気もする。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM