The Goddess Of Tears〜Daybreak〜

  • 2007.09.13 Thursday
  • 15:29
The Goddess Of Tears〜Daybreak〜

建国にまつわる多くの神話が残されている地、グランドール。
フィリア(プレイヤー)はそのグランドールに必ず生まれるという、女神カリーアの生まれ変わり――「聖女」として生を受ける。
しかし近年王家の信仰心は薄れ、聖女は王族に強い力を残す器、戦争の道具としてみなされはじめていた。
それ故に両親の手によって出生を隠されたフィリアは、己の価値をまったく知らずに育つのだが・・・・・・
されども歴史の荒波は、彼女を飲み込み、その運命を変えていく―――


やっっっとクリアしました!5月に出てすぐに完売したF*TALEさんの新作15推育成ADV乙女ゲーム。なかなか充実した内容でした。何よりグラフィックの美しさに惚れ惚れ。OPムービーといい楽曲といい完成度が高いです。
攻略対象は6人。ツンデレから鬼畜系までお相手は豊富です。鬼畜といってもあくまで15推なので直接的な表現はほとんどありません。
主人公は「聖女」でありながら出自を知らぬまま育てられたフィリア。聖女というと「月葬の城」のフィアナが出てきますが(名前も似てる……)、またフィアナとはタイプの違う聖女様でした。フィアナが正統派の完成された「聖女」ならフィリアは純粋培養で成長していく「聖女」かな?プレイヤーと一緒に「聖女」になっていきます。
育成はコツさえ覚えてしまえばあとは同じことの繰り返し。クイックセーブ・ロード機能がついていますのでかなり便利ですが、Nスクの仕様なのか切り替わりが妙にもたつきます。これは仕方ないのかな。なにげに一つ前の選択肢に戻ることも出来るので(コンフィグから)至れり尽くせり。EDリスト、イベント回想、CGリスト、OPムービー&音楽鑑賞、声優インタビューやおまけなどシステム面は非常に充実しています。キャラとの会話も話題を系統ごとに選ぶことが出来る上に、好感度が上がると内容が変わるという細やかな気配りが感じられました。育成ADVなのに戦闘イベントもあります。
ここのキャラアイコンがまた愛らしい。
音楽も主張しすぎず、でも耳に残る良質なものが多かったように思います。
気になる点はいくつかあるものの、良作です。以下トゥルーエンドの盛大なネタバレとキャラ別感想。

フィリア(主人公)
グランドールにおける「聖女」として生を享けた少女。幼少期より両親以外の人間と一人も口をきいたことが無い割には他人に対して物怖じする様子を見せず、誰とでも仲良く会話出来ます。なにげにすごい。
パラ上げを効率良く行なうには休み中も各キャラのところに行って勉強を教えてもらうのが一番なのですが、そうなると彼女はいつ休んでいるのかという状態に。なかなか侮れません。
ちなみに攻略順はウィル>ダリス>サリナス>ギゼルド>ジルオール>ケヴィン>夜明け です。

カタリナ
びっくりするぐらい良い人。サリナスが覚醒(笑)してから苦労の連続だったんだろうなあ。ダリスと何があったのか気になる。
「くだらない用事なら後にして下さる?」が好きです。笑。
フィリアにとっては始めての女友達なんだよなあ。可愛い。

ギゼルド
今回のメインのツンデレ王子殿下。
この人、他キャラのルートだとものすごく良い人なんですよ……!
特にダリスルート。トゥルーエンドでは幸せそうで良かったですが、他のルートに比べると何かいまいちパンチが足りない可哀想な人。何だろう、何か盛り上がりに欠けるというか。闇王子になったり、出生のこともあったりと設定は結構詰め込まれているのですが、夜明けルートではラルクとサリナス様に気を取られていまいち目立てず……。王子は他キャラルートの方が輝いていた。私が目移りしただけか?
ちなみに、男の友情イベントはすごく萌えた。
あれで三人でつるむようになったらいいなあ。下町行ってみたりとか!

ウィル
一番始めに攻略しました。準メイン?一番恋愛感情が発生しやすいポジションだと思います。妹に関しては序盤から言うだけでさっぱり出てこないから「これは死んでるな」と早々に悟りましたが、その分ウィルが幻を見ている様が痛々しかったです。
ウィルルートでのサリナス様は最高に輝いていました。
妹の治療をサリナスにお願いしてて弱味を握られているというからてっきり生きてるうちに預けて結局殺されて人形にされたのかと思いきや、預けた時には既に死んでたとは。となると最初はサリナスも、普通に「もう死んでるじゃん。無理」みたいにすげなく返したと思うのですが、ウィルが「そんなはずはない!ほら、生きてるじゃないか!」とか気も狂わんばかりに縋りついたんだろうなーと妄想。そのうち打算とある種のシンパシーみたいなものを覚えて嘘を吐くことにしたんだったら私が萌えます。
サリナスは闇になりきろうとして、なりきっているつもりで、なりきれていないところが萌えるのです。何かサリナス語りになっちゃった。
シナリオはすごく純愛路線でした。「…………何?」だけで心拍数が上昇する日が来るとは想定外(笑)あそこは声優さんがいい味出してる。
ギゼルドを崇敬している分軽々しく裏切れない苦悩が前面に押し出されてましたね。というか、ウィルは何かにつけて思い込みが激しい方だと思うんだ。血の祝杯エンドはすごくウィルらしいEDで好きです。サリナス様一人勝ち!
余談ですが他キャラのエンディングの場合、ウィルは妹のことをいつ知るのかと思うと何か不憫。ベストエンドが王道でおとぎ話みたいでこっちも好きです。ダリスとレイもいるからブラムド人の皆さんも新王国に移ったんだろうなーと妄想。

ダリス
いわゆるプレイボーイ的な役どころですが、実は精神的に成熟している分、色んなことを諦めて現実に妥協してしまった「大人」。ダリスルートでのギゼルド様はすごく格好良かった。自他共に認める床上手とのこと(笑)レイとカーラといい、何かと色気漂うルートだった気がします。レイが動こうとしないダリスにイラッとする気持ちは共感出来る。
エンディングでは見事にフィリアを掻っ攫っていきましたね。ウィルが何気に告白しているんですがフィリアが見事にスルーしてるのが切ないやら何やら。ダリスはBADENDが壮絶でした。いちいちかっこよすぎるから。でもすごく良いと思います(笑顔)。このルートのカタリナ様はひたすら不憫。

サリナス
THE☆悪役。変に心変わりしないで悪に徹したのが好印象。というか、個人的にはカタリナとサリナスの関係がどうにかならなかったのかと思います。
憧れるあまり、醜く歪んで捩れてしまった関係が何とも 言 え な い よ !
サリナスは不死だったんだろうか。幼少期は殺しても死ななかったのに今になってあっさり死んでしまうのはどういうことだったのか気になる。虐待されてただけだっけ?
このルートのカタリナ様は健気で泣けます。
サリナスはエンディングが秀逸。気まぐれなしもべエンドでは叔父と同じ道を辿っているのがまた……!あんなこと言ってフィリアが死んだら絶対引き取って可愛がるに違いないと見た。こちらのルートのほうがフィリアらしいなと思いました。そしてやっぱり親父と同じ道を辿っているギゼルド様が哀れ。ベストエンドも最後まで悪を貫き通したのがいい。変に心変わりされてたら興醒めだったなー。そんなサリナスもちょっと見たいですけどね!

ジルオール
息子のフィアンセに手ェ出しちゃダメだろうよ。と全国一万人の乙女にツッコまれた駄々っ子パパ。これってあれですよね。誘拐された人質が誘拐犯に情が湧いて恋愛関係になっちゃうみたいなノリですよね(エェエー)
そしてまたギゼルド様が……(涙)嫉妬イベントは良かったです。今まで散々だった分「お、いいぞもっとやれ!」って思いました。
声優さんの声が何かくぐもってるのと、滑舌悪すぎて声が聞き取りにくかった……
ところで、そうなると話が進まないのはわかるんだけど、警備の甘さが……ウィルは何をやってたんだ。

フラン(ケヴィン)
しょっぱなからバレバレの暗殺者さん。てっきり悲恋っぽくなるのかと思ったらすごく軽いノリで笑いました。とてもいいと思います。うっかりリスと名前がかぶった所為で後で苦悩してんのが良かったです(笑)「リスなんてコンチキショーッ!!!」は名ゼリフ。フィリアとケヴィンは唯一「友達!」って感じる始まり方だったのがイイ。
ルミネア姫とのロマンスがかなり気になるところ。バッドエンドあるのかと思ったら無かったですね。ちょっとさびしかった。
最後両親ごと掻っ攫って南の島に逃亡とか、何かやることのスケールが違う(笑)そしてやっぱりギゼルド様は不憫。ダリスは要領いいからその後もうまくやるって信じてる。

夜明けエンド
何といってもラルクですよね
夜明けにLegendがこんなに絡むと思ってなかったので嬉しい誤算でした。Legendの頃からすごく世界観とかいいなあと思ってたんですが、切ない……でもちょっとでも報われて良かった。余談ですが、私ディーナ様がレイラだとずっと思ってた。あ、そっちね!
セルクだけ報われてないのが何とも……、この三人にある感情の交錯具合が切なかったです。レイラはセルクをちゃんと愛してたらいいなあ。でないといくらなんでも可哀想過ぎる……でも愛してないと禁呪発動出来ないのか。
変に語らないでCGだけにしたのも余韻が残っていい。それぞれ好きに妄想出来るし、フィリアの存在感を食っちゃわないで済むし。
CGは本当に惚れ惚れするような美しさでした。
ラルク良かったね!

感謝祭の方も見ました。カタリナ様が報われて本当に良かった!
カタリナはなにげに兵士から人気ありそうです。
ダリス×カタリナ気になるー。

以下、気になった点。
・戦闘イベントでキャラが必殺技を出す時にボイスが途切れる。
せっかくボイスあるんだから最後までちゃんと聞きたかったです。
・一部シナリオの流れ
(サリナス様が反逆するタイミングとか、夜明けクライマックスとか)
・育成中にギリギリで疲労を解消すると、認識されないのかフィリアが倒れてしまう

とはいえ、グラフィック関係は文句のつけようもないぐらい美麗でしたし、サブイベントも非常に充実していてかなり楽しめました。
F*TALEさんは解散してしまいましたが、またどこかで同じ世界観の話を読んでみたい。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM