冬のお伽ばなし

  • 2008.05.25 Sunday
  • 23:06


彼の地は夢かまぼろしか
其はたそがれに属するところ
迷いしもののみおとずれん。

むかし、きずつきし男あり。
迷ひて山に入り、雪に路をうしなふ。
やみくもに歩きてみれば こごえし鶴一羽あり。
男、あはれに思ひて鶴かき抱きていれば
あたりにわかに晴れ、一本杉の峠のあなたに
屋敷五つ六つばかりの村、姿をあらわさん。

その村不可思議なところなり。
村びとみなけもののかたちをし、
ひとのことばを解す。
其はもののけの地なり。
男 魂魄離れし故に、村を出ることあたわず。

―――いざ紡がん 彼の男のものがたり。

和風獣耳BLADV。18禁です。
もっと評価されるべき。主人公は受攻リバーシブルという親切設計です。受攻どちらも好きなのでホクホクでした。イベントも受攻で変わってきています。
雰囲気といいシステムデザインといい、とてもキレイでプレイしやすかったです。物語回想や音楽鑑賞、既読スキップと未読スキップなど一通りの機能は揃っていますので不便を感じることはないかと思います。攻略対象は(一応)6名+α。猫耳、犬耳、兎耳……ケモノっ子達が選り取り見取りです。個人的に今ウサギ耳がアツイのでひゃっほうと大喜びでプレイしました。
主人公のタツは魂魄を欠いた状態でケモノの村に迷い込み、春までに魂魄値を貯めて現世に戻るのが目的です。育成+ADVという形になりますね。
絵もキレイでシナリオも切なく余韻が残ります。個人的にはかなり好きなのですが、ラブラブハッピーエンドじゃなきゃ嫌だ!という方にはオススメしません。どのエンディングもかなり切ないです。
何とこの作品、完成までに10年かけているとのことで……す、すっげえ……!!年季が入っているだけあり完成度がかなり高いです。
公式に体験版があるので気になる方は是非どうぞ。
いきなり家族がやってきた時などの対処として、何気ない写真を表示する「画面を隠す」モードが嬉しいですね。
とにかく日本の素敵な文化をこれでもかと詰め込まれているのでプレイしていると鍋つつきたくなったり日本酒飲みたくなったりお祭りに行きたくなったりします。
以下ネタバレとキャラ別感想。
エロの度合いは「全年齢でもいいんじゃね?」というぐらいライトな感じなのですが(ほぼ朝チュン)、甘かった。本作の真骨頂は裏ルートにあります。裏ルートは、あ、これは18禁ですね。と納得せざるを得ない。表の爽やか〜な感じが狙いだとすると侮れません。

タツ
本編主人公。受攻リバーシブルなだけあって、どちらに転んでも違和感のないキャラクタ設定がなされています。
記憶喪失してるのですが本人はそのことをそれほど悲観するわけでもなく村に馴染んでいきます。ノーマルエンドまで切ない……コウジ…!!あれは反則だ。

以下、クリア順に。

皎(鶴)
雪山でタツが哀れに思って抱き寄せた鶴。その際にニンゲンの匂いがついたとかで群れを追われ、「おまえのせいだぞコノヤロー」とばかりに後でタツの家に押しかけ女房しに来ます。可愛いヤツだ!
おしとやかそうな外見の割に正確は雑で大雑把です。
涼との三角関係になりそうなもんですが、意外にドロドロしませんでした。結構ガサツなところもあるのですが、恋をしたせいで舞えなって、ていうギャップのある流れにキュンキュン。皎は涼相手だと受なので、タツが受に回ったときに「俺が攻めてやってもいいかな〜なんて」と言うのが新鮮でイイ。受だと百合のようで攻だとひたすらかわいいかった。裏ルートでは涼の壮絶な変貌っぷりにびっくりでした。なるほど、終わりのある恋だから余裕だったのね……つか、いやもう、そら怒るわ。裏ルートのタツはほんと最低。

雪牙(銀狼)
山神さまと慕われるロンリーウルフ。まさかの既婚者です。奥さんは既に死亡していますがそのエピソードがまた切ない…!トラウマを抱えていると言えば聞こえはいいですが、もうトラウマを抱えたからどうこう、というほど若くもないので結局ほとんどのことを諦観して過ごしています。シナリオ的には若くない二人なのでゆるやかーに大人の恋愛が繰り広げられていきます。
タツ受エンドはえろく、タツ攻エンドはラストの切なさが半端ない……これから雪牙は庵に帰る度に思い出すんだろうなあ…!というか雪牙受かわいすぎるよハァハァ。

三毛(猫又)
猫耳眼鏡です。長老衆の一人なのでなにげに偉かったり。読書好きなのんびりさんですが、長老衆の一人だけあり村の裏側に関わるシナリオが印象的でした。マッサージネタは古典的だけどやっぱり笑ってしまう。主人公攻の場合の村に残るエンドがまた切ないぃいい。タツ受のえろにはちょっと笑ってしまった。
裏ルートが悲惨だった……まさか自分が選ばれるとは思ってなかったんだろうなあ……長老衆の一人なのに、選ばれた時点で今回の一件から外されたというあたり閉鎖的な村ならではの残酷さが見えて哀れでした。うん、タツは本当最悪。

タロ(犬)
純粋無垢な犬ッコロ。三毛との確執にハァハァ。
年長さんなのにすごく子供っぽいのですがタロは攻めになると最強です。
何だ、あの、焦らしプレイは……!!!
裏ルートは、本当にかわいそう。そしてタツを罵りつつ村の意向に逆らえない三毛が……

黒寿(ウサギ)
癒し系のかわいこちゃんです。大人組には朧を筆頭にかなりかわいがられています。面倒見のいい大黒柱のお兄ちゃんです。
疾風との絡みがあるかと思いましたが最初だけでしたね。疾風×黒寿もとてもイイと思いますよ!外見的にはショタ担当。中身はしっかり者です。朧にかいぐりかいぐりされてるのが和む。
裏ルートでは最後の最後で疾風への恋心に気付いてしまうのが……あああ…!朧が唯一タツの選択に遠まわしに文句を言ったのが印象的でした。相当ムカついたんだろうなあ……

疾風(鷹)
元気系の鷹の子です。ちょっと口が悪くて乱暴で、白い羽を持つ白子なのがコンプレックス。空中散歩が和む。
疾風は攻だとすごいですね。おおお。そうそう少年攻はこれがいいんだよ!という具合に必死さや一途さが詰め込まれていてキュンキュンします。疾風受の場合はラストがまた切ない……いやどのエンディングも切ないんですが。
裏ルートは悲惨でした。鷹の兄ちゃんズは辛いだろうな……黒寿
も散々。疾風×黒寿の切ない感じがまた……!

朧(狐)
お助けキャラですが、裏ルートに入れば朧エンドもあります。
朧は裏ルートでないと落とせないのですが、何というかもう裏ルートが結構すさまじく濃いのでインパクトが強いです。後味はあまり良くないのですが村の闇部分が見えてきます。
朧エンドはタツが良心を見せて拒否ると切ないけど純愛エンディングで、朧を選ぶとタツ鬼畜エンド。消滅エンドは余韻が残っていい。
村の闇部分に深く関わるだけあり、なかなか本心を見せないお兄ちゃんです。裏ルートでタツにえぐい選択を迫り、タツが惨い方を選択したとしても文句一つ言わず淡々と仕事するのが朧のすごいところだなあと。タロの時の「楽しんでくださいね〜」はシュールすぎる。

「それはね、俺とタツの旦那が鬼畜生だからですよ」
この一言がすっごいズシンと来ました。欝な意味で。
コメント
昨年末、同人天国でこのゲームを知りダウンロードしてからドップリ
浸っておりました。季節もまさにゲームと同じで・・・。
裏ルートもコンプしないとパッチを当てたご褒美の二つのお話が読めないので「許してつかあさい!」とタロや三毛に謝りながらプレイしました。
コウジ!!あれは反則だ、という感想に激しく同意します。
毎日二回、狐の朧に逢ってクリティカルイベントや目指すキャラとの好感度アップに励むのですが、正規ルートで朧と愛を育めないのがストレスでした。「誰との恋愛成就を願うんですかい?」と朧に訊かれて「あんたとだよ!朧!」と心の中で叫んでおりました。ご褒美のSSで少し慰められました。しっかし村の裏の顔は怖いですね。鬼から村を守るためならユキちゃんみたいないたいけな少女でも生贄にさしだすんじゃないかと。
  • nobara
  • 2014/02/11 5:54 PM
こちらの作品はちょうど今の季節に相応しいゲームですよね!
裏ルートは罪悪感が半端なかったです。
正規ルートでの朧を望む気持ち、とてもよく分かります(笑)
ああいうほのぼのしたルートを見せてから、
村の裏の顔を見せていく設計はすごかったですよね。
私にとっても、今でも印象的な作品です。
コメントありがとうございました!
  • 大樹@管理人
  • 2014/02/12 1:15 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM