幻想水滸伝ティアクライス〜プレイ日記02

  • 2009.05.09 Saturday
  • 05:53
幻想水滸伝ティアクライス
幻想水滸伝ティアクライス
>>公式サイトはこちら

ティアクライスプレイ日記です。
モロネタバレなので収納しときます。以下グレイリッジ〜ジャナム魔導帝国までのネタバレ感想。
やればやるほどのめりこんでいきます。ひゃっほう!
グレイリッジで支部長に通行証を断られ、仕方なく一泊することに。その夜エリンが訪ねてきました。どうやら私腹を肥やしているらしい支部長の証拠を探るために振りをしていた模様。てっきり洗脳されてあれこれとイケナイことをされちゃってたのかと思いましたんで鉱山で証拠発見〜支部長をボコり〜サイナスへ向かいます。ちゃっかりエリンとローガンもついてくる模様。エリンかわゆす。
で、どこに言っても電波なことを言ってる人ばっかり。挙句うっかり嫌味な司書二人と出くわし、逃亡。しかし街全体がこんな調子ってものすげえ不気味ですね。
勘違い将軍に助けてもらい、村へ戻ることに。途中でシトロ村が襲撃されることを耳にして大慌てで戻ります。
砦の遺跡で迎え撃つことになったのですが、何かディルクの様子がおかしい……そこでディアドラ登場。え、おま、ちょっ……死亡フラグが……

そんなこんなで協会が攻めてきます。ピンチ!!ってところでアニメキター!!!!!!
褐色のイケメンの術の使い方がすげーかっこいいです。これはアニメでないと表現出来ませんよね。クロデギルド様も美麗……アニメ!万歳!!合間に入るアニメの使いどころがうまいなあ。

ていうかアスアド萌えるよアスアド!!

褐色で魔道師で、人懐っこくて礼儀正しい! 見た目はモロ肉体派に見えるのに何かもうあらゆる意味でツボです。
そんでクロデギルド様に片思いっぽいところにすげえ 萌え !!
ひとまず同盟を結ぶことになったのでジャナム魔導帝国へ。
アスアドとクロデギルド様強ぇ! かっこいい! たまらん!
帝国では声がカッコイイ皇帝とご対面。しかし、何かお家争いの匂いがしてウキウキしますね!(……)
国全体やBGMがアラブっぽいのにもテンション上がります。
和やかムードで会見は終わりましたが、クロデギルド様に帰り際に注意されました。立場的には主人公と同じ、他国から身を寄せた集団ということでひしひしと政争の匂いを感じている模様です。
そんで帰ったところで早速依頼。シャイラ様に呼ばれ砦の偵察へ。意外にサバサバした感じのシャイラ様、何と魔導兵団総帥でした。クロデギルド様といい、どうやら皇帝は有能で美人な女性がタイプのようです。
ていうか皇帝にクロデギルド様が呼ばれた時のアスアドの狼狽っぷりにすっげえ萌えた本当にありがとうございました。たまんねー!片想いとかほんとに萌えるよはぁはぁ。メルヴィスに軽くいなされちゃうアスアドめんこすぐる
砦で若かりし頃のフリックさんを思わせるようなかわいこちゃん(ロベルト)登場。クロデギルド様はお姫様だったらしい。ますますカッコイイ。ロベルトがあからさますぎて笑えます。
その後砦で追われていたクーガを救出。バケモノ!?とドン引きの中動じない主人公。イイヤツだ……主人公はこうでなくては!
帝国で治療をさせ、本拠地に戻ります。
帰り際にクーガに一瞬敵意を抱いちゃった自分に自己嫌悪しているアスアドがわざわざ謝罪&お礼に。おまいさんどんだけ私を萌えさせれば気が済むんだ!!
言わなきゃわかんないのに律儀なアスアドは白状して去っていきました。たまらん……! 結婚してくれ!
砦に戻ると、ディルクが帰ってきていました。洗脳されたかも……と思っていると案の定偽書を燃やしてしまいます。
ここの、ディルクの思考の流れや行動にすごく説得力があって切なくなりました。本に触れてもまったく何にも感じなかったディルクは最初から蚊帳の外だったしな……リウとは違い、ほんとにあっという間に可愛い弟分が遠くにいってしまったような気がして悔しくて寂しくて……っていうところにディアドラに「予定された道に戻ろう」って言われたらそれは乗ってしまうのも仕方がないよなあ……ディルクが哀れです。しかし主人公達にもどうしようもないというジレンマ。ディルクはそのまま協会側に行ってしまいます。「おかしくなってしまった主人公達を救うため」と信じて。
何というか、心理描写が巧みだな今回は……!! 協会側もあからさまに悪巧みしてるわけじゃなく、一応人類を救おうとマジで信じてるんですよね……。
とりあえず二つ目の依頼、リズラン妃の呼び出しで再び帝国へ。今回、日数が経って季節が巡るのがいいですね。時間が経過してるって感じがします。
太子に呼ばれて妹のマナリルの様子もついでに見てくることに。
お母様こわすぐる……憤る主人公をタージが抑え、太子の元に戻ります。異母兄妹ってのが辛いところ……今回はお家騒動を重点的に描いてくれるようなので楽しみです。
5ではゴドウィン家(貴族)VS王子でしたが、何か王子が人気者すぎてイマイチ盛り上がらなかったからなあ……最初から第三者である主人公視点でどうなるかワクワクします。
三人目の皇妃様の依頼を受ける直前でセーブ。
余談ですが、リウは本の騒動以前から星の印を持っていたんじゃないかとエスパーしてみる。色々知りすぎてるし。
百万世界もいい具合に絡んできてるので楽しみです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM