Princess Arthur (プリンセス・アーサー) ガウェイン 感想

  • 2017.06.17 Saturday
  • 17:38
Princess Arthur (プリンセス・アーサー)


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

女性向け恋愛ADVゲーム。数年前よりいろんな方から薦められてきた作品です。
自分が面倒なオタクだという自覚くらいはあるので、敢えて避けてきたのですが、
もうここまで来たら観念したほうがよいのではないかと思い、プレイしました。
特に「アーサー王物語」は、型月が「月姫」で爆発的なヒットを飛ばすずっと前から好きです。

他の王宮ものならともかく、今作はモチーフが円卓です。
そもそもの円卓のコンセプトからして騎士と王が対等に言葉を交わし合う、
つまりその場にいるすべてが対等な立場であると示すためのもの。
ですので主人公アルと騎士が友のように、あるいは兄妹のようにフランクに言葉を交わす設定には
特に文句はありません。また、円卓は裏切りと猜疑心によって瓦解しているので、
女性の王を据えて「円卓」の最初のコンセプトである調和を重んじたらどうなるか、という
着想そのものは非常に興味深いと思います。

あからさまに影響を受けているのでもう作品名を出してしまいますが、
「Fate」のほうのアーサー王さんは男として生きた設定なので、
そもそもの出発点からして異なっています。
また、「アーサー王物語」自体、いろんなところで好きに解釈されて
さまざまなかたちでアレンジされて展開されている物語なので、
原典に忠実でなくても問題ないとも思います。
金原瑞人氏翻訳の「アーサー王物語」がダイジェスト版として読みやすいかもしれません。
ガウェイン関連のエピソードと「トリスタンとイゾルデ」の話が削られているのが残念。
翻訳がもっとうまければ、サトクリフの「アーサー王物語」を挙げたのですが……。

さて、「プリンセス・アーサー」。
思ったより悪くはないですが、良くも悪くも優等生な作品。
特に、前半部の主人公が城下町の少女から王の自覚を持つまでの成長物語は
とても丁寧に描かれていて、評価に値すると思います。
しかしそこで時間を食ってしまったのか、終盤になるにつれこのライターさんの欠点が
浮き彫りになってしまうのが残念でした。
相変わらずオチの付け方が非常に雑です。納期が迫ってるのかな?という印象を抱いてしまう。

「ガーネット・クレイドル」のときから思っていたのですが、
こちらのライターさんは恋愛イベントで光り輝くタイプです。
お互いの揺れ動く恋心、相手への切ない想い、恋心の発露、
そして想いが通じ合う瞬間。
告白シーンなど、恋愛にまつわる部分では胸をときめかせるような
素敵なやり取りを描かれる分、戦闘シーンなどは恐ろしくつまらない。
たぶん、ご本人もさほど興味を持っておられないのだと思います。
それが文章に如実に出てしまっている。

だから「こいつが勝つだろう」というキャラがそのまま勝ち、ひねりもなにもない
戦闘シーンであっさり決着がついてしまう。
そうした戦闘シーンが連続する御前試合のエピソードは本当に寝るかと思いました。
戦闘シーンの連続や渦巻く陰謀などを描くとこのライターさんの持ち味を殺してしまうので、
戦争などを描くより、いっそ恋愛に特化した作品を手がけたほうがよいのではないかと思いました。

また、選択肢が大きな意味を成していないのが残念。
選択肢で主人公の行動を選ばせておいて、結局どちらも同じ行動を取ったり
同じ発言をしたりするシーンが多いです。

食生活や服装などに関しては、ファンタジーなのであまり難癖をつけるつもりはありません。
特に食習慣などを時代考証して当時のものに合わせると質素になってしまいますし、
装束をあわせるとなると当時使われていた染料から気にしなければならなくなりますから、
ファンタジー乙女ゲームでそこまでやる必要性はないと思っています。
たくさん美味しそうな食べ物が出てきて、そこは素直に良いと思いました。

ただドレスは、どうして素直にエンパイアドレスにせずに奇をてらって
ベビードールみたいなドレスにしてしまったのか、それだけが納得いかねえ。
ファッション関係に弱いのなら、それこそちゃんと伝統を追ったほうが無難だと思います。

他には、うわさ通り「……っ」は本当に多いですね。
そこ息飲む必要ある?というところにまで相槌代わりに出てきます。
また、主人公の語彙のなさが気になりました。
卑屈なところは物語として設定された性格と見たとしても、
もうちょっと表現に幅をもたせたほうがいいと思います。

アクはないですが、さらりとファンタジー感と恋愛を楽しむには良いです。
ちょっとした心理描写や情景描写で光るところもありますので、
終盤の駆け足イベントと相殺すると、総合的には「普通の作品」かなあと感じました。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

公主月奇譚 感想

  • 2017.06.10 Saturday
  • 21:48


こちらはリクエストボックスよりおすすめいただきました。ありがとうございます!

15禁乙女向け中華風ファンタジーADVゲーム。

攻略対象は三名。
こちらは纏足や宦官など、中華ならではの風習を題材にしたところが
話に説得力と深みをもたらしていました。
攻略対象の好感度が高いからといって良い結末につながるとは限らない、という
シナリオ展開も納得がいくもので楽しかったです。

また、公式で下記のように注意喚起されているだけあり、
一癖あるエンディングばかりなのも、刺激的で好印象でした。
このゲームは暴力・殺傷・姉弟同士での恋愛、軽いほのめかす程度の性描写(同意のもとでないもの含)、異性装、猟奇的、鬱的内容があります。
明るいエンディングもありますが、暗いエンディングの方が多いです。
15歳未満の方、苦手な方はプレイをご遠慮ください。

主人公の碧雲は飾り気がなく、明るくて嫌味がなくて、好感の持てる子です。
それだけに、善良すぎて憎まれる理由も分からなくもない。
攻略対象の感情変化も良いです。

月マークで出てくる満月度、新月度がいわゆる攻略対象の気持ちに
対応していて、選択肢によるルート変化が分かりやすかった。
攻略後のおまけシナリオも充実しています。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

ペンタゴンシンドローム 感想

  • 2017.06.09 Friday
  • 01:25


おすすめいただきました、ありがとうございます!
途中までプレイしていました。

イラストが綺麗だなあと思いました。
特殊な作品なので、プレイ予定のある方は、ネタバレは見ないことを推奨します。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

サガスカーレットグレイス ウルピナ編挫折

  • 2017.06.03 Saturday
  • 21:32
サガ スカーレット グレイス - PS Vita


ウルピナ編に挑んでいたのですが、5日ほどラスボスに挑戦し続けたものの
勝てる見込みがまったく見えず、楽しい気持ちよりも退屈な気持ちが勝ってしまったため
このたび挫折しました。ゲームは面白かったのですが、やり直す気力も湧かず……。
スキル上げもしたのですが、ラスボスがそれに合わせて強くなってしまうのです。

戦い方が悪いのかもしれませんが、ちまたで出ている攻略法はおおむね試し、
一度だけ三戦目まで行ったものの以後まったく二戦目を突破できなくなりました。
スタン狙いは運要素が強すぎて気持ちが萎えてしまいました。
スキルレベル3まで上げたのですが、スタンがまったく決まらず……
他にも運動性を上げたり、疾風の靴を5つ用意したり。
ルイースさんのかぶと割りとか、召雷でエリセドお姉さまが頑張ってくれたのですが、
なかなかうまくいかず。
ラスボスだけで5日もやってるので、もういいかな……。
新品で買いましたし、途中までは楽しくプレイしていたので
出来たらクリアしたかったのですが、残念です。

===

それとリクエストボックスでリクエストしてくださった皆様、
構っていただいて本当にありがとうございます!
どの回答も非常に参考になります。
その中でもいくつか複数の方からおすすめいただいた作品があったので軽くご説明をば!

もしものキミとボク
ありがとうございます、クリア済です!!知らねーよって感じですよね、すみません!!
DIGICLAさんは独自の世界観が魅力的で、どの作品も安定して面白いですよね。
モノクロオムヘヴン、花の葬列などの他の作品もプレイ済です。
でももう一回プレイするのもいいかもしれない。

シュガードロップ・ブレイクアウト
信じられないかもしれませんが、なんと初公開時にパッケージ版を購入して積んでいます。
これはあれです、大好きなおやつを取っておいたら今になってしまったパターンです。
なんかプレイするのがもったいなくて……リクエストで存在を思い出しました……。

CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-
ありがとうございます、クリア済です!!ザックス!!
ラストの演出は本当に良かったですね……!
エンディングではボロ泣きしました……。

魔女の遺言・水杜の都
ありがとうございます、クリア済です!!
easelさんは良い仕事をなされますよね。絵もシナリオも安定して高品質、
かつ主人公たちも嫌味がなくて賢くて可愛いですし。
「人読み師」も面白かったです!

あとペンタゴンシンドローム、エンディングリスト見てみたら
なんとほとんどのエンディング見てませんでした。
クリアしてないんだから内容覚えてるわけねーじゃん……
老化って、悲しいですね……

===

以下は途中まで書いてたプレイ感想。


サガシリーズはこの作品が初挑戦。シリーズ未プレイでも問題ありませんでした。
最初の選択肢でウルピナにたどり着いたので、そのままスタートしました。

往年の名作を彷彿とさせる、非常に硬派なゲーム。
プロローグが終わった時点で、あとは好きにしろよと言わんばかりに世界へ放り出されます。
大まかなシナリオは、蘇りつつある邪神ファイアブリンガーに対処する、というもの。
開始時点では帝国の歴史などが語られることもほとんどありません。
キャラの会話にある断片的な情報をつなぎ合わせて世界観を把握していくイメージです。
ウルピナ編の場合、彼女には明確な目的がありますが、目的地までどのルートを通るかは
プレイヤーの判断に任されます。
一般的なRPGだと、キャラが「Aルートを通ろう」などと道順も
勝手に決めてしまう場合が多いのでこれがなかなか楽しい。

また、このゲームをプレイしていると、最近のゲームはお喋りになったんだなと感じさせられました。
この作品ではキャラ同士のかけあいや個別シナリオはおろか、戦闘中のボイスすらありません。
いわゆるキャラゲー的要素の一切を排除したゲームだといえます。
そのためキャラの性格をつかむ情報は、プロフィールに記載されている自己紹介一文のみ。
ウルピナ編で主なやり取りをするのは主人公ウルピナとその従者モンド。
これも必要最低限の短い会話でシナリオが展開されていきます。

戦闘は単純なようでいてなかなか骨があります。
最初は適当にやっていても進めますが、中盤くらいからは陣形、装備、キャラ性能、
スキル、行動順などを踏まえて戦略を組まないとEASYの雑魚相手でも普通に全滅します。
適当な陣形にしていたら敗北したので、陣形を変えたら勝った、ということもままあります。
敵がインタラプト(攻撃の妨害)してくることを見越してカウンター技で控えておく、など
場合によっては敵の行動パターンを把握する必要もあります。
戦闘時のロードは確かにやや長めですが、ペルソナ2罪罰などと比べれば
まだ速いほうなので許容範囲でした。

シナリオは面白いです。王道でありながら骨組みがしっかりしている。
たまに口調とかが崩れるというか、グラフィックといいテキストといい良い意味での癖がありますね。
選択肢によってシナリオ展開が大きく変わります。味方キャラは基本的にウルピナと従者のモンドしか
喋らないので仲間!努力!絆!といった暑苦しい展開はありません。
ウルピナ自身にも甘さはありますが、彼女は必要に応じて屈辱を耐え忍ぶ賢さがあるので、
見ていてイライラすることはなかったのが好印象でした。

主人公は4人。そのうち剣将軍家のウルピナルートだけでプレイ時間は30時間と少し。
これだけプレイしてまだ四分の一しかクリアしていない計算です。
とはいえ、それほど効率的にプレイしたわけではないので、無駄にうろうろしたり、
全滅して試行錯誤したりする時間も含まれてはいます。

音楽はとても美しいです。ボス戦BGMは圧巻でした。

ちょっと気になったところは、キャラを仲間にするときの選択肢で、
時折選択肢の主格がいきなりキャラに変わることがあるぐらいです。
他には、戦闘で苦戦すると戦闘に集中しすぎて次になにをやらなければいけなかったのか、
目的地はどこだったのかをちょくちょく忘れます。

特産品開発はいまだにルールがよくわからない。

他、街はうろうろできず鍛冶屋があるだけなのでちょっと物足りないです。
新しい街を訪れる楽しみは欲しかったかな。
続きを読む >>

ランキングいろいろ

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 22:04
5/26に拍手を送ってくださった方、ありがとうございます!
「同人・商業&乙女・BLそれぞれで面白かったゲーム等のランキングを見たい」とのことでした。
せっかくなので書いてみました。
ただ、同人についてなのですが、最近はあまり同人作品をプレイしておらず、
プレイしても記事にしないことのほうが多いので非常に情報が古い状態です。
同人ゲーム、フリーゲームの最新作はほとんど知りません。

そのため、個人的なお気に入り作品の紹介というかたちにさせていただきたいと思います。
あくまでも私が特に好きな作品という意味であり、客観的に評価して完成度が高いか、
人に推奨できる作品か、という基準では選んでおりませんのでご了承ください。

また、同人作品はすべて同率一位ですので、順位はつけておりません。
続きを読む >>

紅蜘蛛 / Red Spider 感想

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 01:03




主人公越児(ユエ)は、少女時代に大陸の暗殺組織「蜘蛛网」(ウェッブ)で暗殺訓練を受けた元暗殺者。
とある事情で組織を脱退した彼女は、九龍一帯で活動する黒社会組織、紅花会の会長永孝(ヨンシャオ)の妻となっていた。
ある日ナイトクラブで永孝が襲撃され、意識が戻る見込みはないとの診断を下される。
跡目相続を見越して暗躍を始める幹部たちに、この機会に乗じて捜査介入を謀る香港警察。
越児は会長代行としてボディガードや知己の探偵の指揮をとりながら彼らと渡り合い、夫の暗殺を計画した人物の特定に乗り出す。

香港ノワールの世界観で展開する、黒社会を舞台とした物語。

===

香港ノワール系同人ゲーム。ダウンロード無料。
一般ノベルゲームかと思ったらどうやら乙女ゲームの模様。

難しい漢字がたくさん出てきますが本編ではちゃんとルビが振られておりますので
問題なく楽しめます。
同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2014で受賞したそうなので、有名な作品なのかもしれない。

シナリオも緊迫感があって飽きさせず、中だるみすることもない程良い長さです。
音楽もゲームの世界観によく合っていて、物語を盛り上げていました。
キャラルートに入ると共通部分もスキップできなくなるのですが、
それほど長くもないので許容範囲です。

グラフィックはのっぺらぼうですが、それが却って想像力をかき立てられます。
表情はなくとも体格や服装、姿勢などからそれぞれの個性が感じられるのが好印象。
ハードボイルドな雰囲気とも合っていました。

主人公は元暗殺者であり、黒社会組織会長の妻だった未亡人の女性、越児(ユエ)。
彼女は凄腕の元暗殺者ですが、目の前で最愛の夫を殺害され、復讐を誓います。

チート級の強さを誇る美人で賢い無敵主人公で、ところどころ無双ぶりに
生暖かい気持ちになりそうになるのですが、その彼女がなにと引き換えても
失いたくなかった唯一無二の夫を序盤でむざむざと死なせてしまうので
その後の超人無敵ぶりとどうにかこうにか相殺していた気がしました。

ちょっと冷静になってしまうと、ユエのすぐ近くにいる夫以外の男性は
夫が消えた瞬間に高確率で彼女に好意を寄せるようになる、と思うとやや苦笑い。
乙女ゲームだとよくあることではありますが。
彼女が確固とした信念の持ち主であることが最後までぶれなかったのは好ましい。

物語は主人公を取り巻く六人の男性それぞれのルートに分岐。
大まかな流れは二通りあり、後はキャラごとに細かく展開が変わります。
とはいえ、彼女が夫を亡くしてからエンディングまで三日ぐらいしか経ってないので、
頭の中の八割以上は復讐で占められています。
エンディング間際までほぼそれしか考えてません。
ですので恋愛色はそれほど強くなく、キャラルート分岐はどのキャラが主人公の残りの人生で
これから主人公を気にかけてくれるか、という分岐だといえます。
とはいえ恋愛対象としての好意を控えめにしろ寄せてくる可能性は高いので、
そこが気にならなければ楽しめるはず。

ところで、この「元暗殺者」という肩書きには夢と希望が詰まっていますね。
何年経っても「元暗殺者」と聞くとどこかときめいてしまう。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

ときめきメモリアル GS3 隠しキャラプレイ日記

  • 2017.04.30 Sunday
  • 14:41
ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~


隠しキャラの感想です。
大迫先生とミヨとカレンは未クリアですが、とりあえずこれで一区切り。
ADVもいろいろ見ました。

さすがに大御所だけあって、いろいろな作品に影響を与えた片鱗が
あちこちにかいま見えました。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

ときめきメモリアル GS3 琉夏・琥一プレイ日記

  • 2017.04.23 Sunday
  • 16:53
ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~


桜井琉夏さんと桜井琥一さんのだらだらプレイ日記が中心です。
告白エンド1と2、三人エンド1と2、親友告白エンドをそれぞれクリアしました。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

ときめきメモリアル GS3 紺野・設楽プレイ日記

  • 2017.04.16 Sunday
  • 15:43
ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~


紺野先輩と設楽先輩のだらだらプレイ日記が中心です。
ADVは見ていません。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

ときめきメモリアル GS3 不二山・新名プレイ日記

  • 2017.04.09 Sunday
  • 10:14
ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~


不二山くんと新名くんのだらだらプレイ日記が中心です。
VITAでプレイしています。ぬるぬる動くの面白い。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

全年齢乙女ゲーム「ミッドナイト・ライブラリ」

18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!


RECOMMEND

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM