華アワセ 蛟編 唐紅感想

  • 2013.01.07 Monday
  • 01:24
華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)


つい唐紅先輩と呼んでしまう今日この頃。
そんな唐紅ルート感想です。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

華アワセ 蛟編 姫空木感想

  • 2013.01.03 Thursday
  • 22:39
華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)


姫空木、唐紅、いろはと全員クリアしました。
みことちゃんが蛟への想いを貫くため、他のキャラの横恋慕振りと
実らぬ片想いを見るのが大変おいしかったです(´〜`)モグモグ

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

華アワセ 蛟編 蛟感想

  • 2012.12.31 Monday
  • 12:02
華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)


本屋さんで買える本格乙女ゲーム。
ついにここまで来たか、すごい商法をしてきたなあと素直に感心しました。
書店で売ること、また価格が手頃なのでより手に取りやすくなりましたね。
1470円とお買い得価格ですが、カードゲームが楽しいためボリューム感があって
シナリオもしっかり丁寧、演出やユーザーインターフェイスも力が入っており、
更に人気声優と人気絵師と完璧な布陣です。
全体的に和のテイスト。

舞台は華遷(かせん)と呼ばれる華札(はなふだ)を用いた札遊び(戦闘)
通称、華アワセを学ぶ学園。
その学園は高貴な血筋の生徒達が多く通ういわばエリート学園である。
主人公のみことは一般人だが、ある日鬼札に才能を見い出されて
その学園に編入することになる。
眠れる才能を開花させるために、主人公は「五光」と呼ばれる学園の頂点に
君臨するイケメンの一人である鴻鵠(こうこく)組の蛟と組み、
彼を補助する役割である水妹(みなも)として
華アワセを学んでいくうちに蛟と恋に落ちていく――

ざっくりまとめるとこんな感じです。
独特の世界観ですが、シナリオの流れは基本的に萌えのお約束に忠実で、
良い意味でどこかで見たような馴染み深さがありますので
すぐに世界観を理解することができます。分かりやすいです。
華アワセも、花札をモチーフとしたカードゲームなのですが
非常に理解しやすい作りで、ついつい時間を忘れて没頭してしまいます。

こちらは蛟編ですので、主軸は蛟になりますが
他のキャラも攻略できる豪華な設計。
シナリオは一貫性があり、主人公も長所だけでなく
短所も描写されていて好感が持てます。

また、乙女ゲーの鬼門である戦闘をカードゲーム化したことで
ユーザーが参加できる上に描写いらずとうまく処理し、
シナリオも盛り上がる展開です。
システムはそつなく、BGMも世界観を見事に表現しています。スチルも豊富。

攻略対象は生真面目で堅物なメインヒーロー蛟(みずち)、
優しく穏やか笑顔の姫空木(ひめうつぎ)、
危険な遊び人系唐紅(からくれない)、
クールで無表情ないろはの四名。
声優陣も旬の方を起用されていて豪華です。
モブキャラに声はありませんが、シナリオで重要なキャラは
攻略対象でなくても声があるのでさほど気にならないと思います。
あと主人公のデフォルト名を呼んでくれる嬉しい仕様です。

「蛟編」ですので、蛟以外のキャラクターは基本的にバッドエンドになります。
ただ、他のキャラもエンディングに至るまでのシナリオをしっかり描いており
それぞれの心理描写も非常に丁寧なのでキャラに愛着が湧き、楽しめました。
つい次が気になってプレイしたくなる憎いやり方ですね。
お手頃価格ですし気になる方はプレイして損はないはず。

以下ネタバレ感想。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

応援中

乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」 乙女ゲーム「白魔女と運命の恋」

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM